女児強制猥褻の民進・小川勝也議員の長男が連続不起訴?事件発覚後も幼稚園経営者懇親会で来賓挨拶


女児強制猥褻の民進党・小川勝也参院議員の長男が連続不起訴?事件発覚後も幼稚園経営者懇親会で来賓挨拶

息子が女児暴行で逮捕されても幼稚園経営者の前で挨拶する小川勝也参院議員

民進党の小川勝也参院議員の長男が、小学校低学年の女児の体を触るなどした強制わいせつ事件で、さいたま地検は18日に「強制わいせつ未遂」を不起訴処分とした。他の女児を暴行したとされた「暴行容疑」も13日に不起訴処分となっている。
小川参院議員の長男 強制わいせつ未遂は不起訴 – 産経ニュース
小川勝也参院議員の長男、女児触った罪で起訴 別の暴行容疑は不起訴に さいたま地検 – 産経ニュース

これが与党議員の息子であったならマスコミは一斉に「忖度」「政権の圧力」と大バッシングを始めるはずだが、野党に甘いマスコミはこの件を批判していない。小川遥資容疑者は、強制わいせつ罪でのみ起訴されることとなり「連続女児強制わいせつ事件」は「女児強制わいせつ事件」となった。
また、小川勝也参院議員は、息子の逮捕から1ケ月も経たない先月22日に幼稚園経営者らの懇親会「幼経懇」で来賓として招かれ挨拶をしている。よくも幼児教育の場に顔を出せたものだ。

スポンサーリンク

逮捕直後に幼稚園経営者懇親会へ出席

冒頭の写真にあるように、小川勝也参院議員は息子が「女児強制わいせつ」で逮捕されているのに、堂々と北海道私立幼稚園経営者懇談会20周年記念祝賀会に来賓として出席し、挨拶をしているのだ。この様子を自身のホームページにアップして「古来から子供たちへの投資をどんなに厳しくても続けてきたものであり、それが日本の力だったはずです。子供たちへの投資は、日本の未来への投資です。」などと記述している。まともな神経の持ち主とは思えない。
2017/11/22: 幼経懇創立二十周年記念祝賀会

子供の犯した犯罪に関して、親がどの程度の責任を問われるかは議論が真っ二つに分かれている。筆者は成人した息子であれば親に責任は無いというのが筋であるかとは思うが、小川遥資容疑者は小川勝也参院議員の議員宿舎に同居しており、女児への興味などを察知していた可能性も高い。非常に難しい問題ではあるが、国会議員という身分を考えると一定の責任を感じて自らを処することは妥当と言えるだろう。

小川勝也参院議員は事件後に「党に迷惑をかけた」として民進党に離党届を提出しているが、議員辞職は否定している。これに対し、民進党の大塚耕平代表は「状況を見極める」として離党届を受理しておらず、現在も保留のままとなっている。地検の判断を待つという見解なら理解できなくもないが、この事件に関しては小川遥資容疑者が逮捕直後に「わいせつ目的で暴行した」と容疑を認めていることから、離党届をいつまでも保留のままにしておくのもおかしな話である。

この事件では複数の女児が被害に遭っており、容疑者は「強制わいせつ」「強制わいせつ未遂」「暴行」の3件で逮捕されている。そのうち2件が連続で不起訴となり「強制わいせつ」だけが起訴されたが、これが与党や政府関係者の息子なら野党は「お友達」「政権の陰謀」と国会で延々と追及したことだろう。だが、身内には甘い野党だけあって、まるでこの事件は無かったかのようにダンマリを決め込んでいる。マスコミも同様に、この不起訴を淡々と伝えるのみだ。
これこそが「忖度」ではないだろうか?

関連:旧民主の候補者が強制わいせつ致傷容疑で逮捕されてましたが岡田・蓮舫は責任取りましたっけ?

【ポルカで活動支援】

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

毎日新聞記者へリンチ事件に関する公開質問状、加害のしばき隊関係者らと飲食や隠ぺい声かけリストに名前毎日新聞記者がリンチ事件加害のしばき隊関係者らと飲食や隠蔽声かけリストに名前、出版社から公開質問状

朝日新聞「フテンマとフクシマは似ている」谷津憲郎論説委員がカタカナ括りで差別のネタつくり朝日新聞・谷津憲郎「フテンマとフクシマは似ている」足立康史議員のツイート批判でも炎上した論説委員





最近の記事

  1. 虎ノ門ニュースにテロ予告?ツイッター「観覧テロ起こすぞ!」番組は警察当局への通報を含め断固たる対処
  2. 野党合同ヒアリングをパワハラ認定!丸山穂高議員「官僚が罵倒されている」参考人「それはハラスメント」
  3. 立憲・枝野代表が不適切発言「与党は登校拒否」指摘受け謝罪「不登校は本人の責任ではない事情がある」
  4. 立川談四楼、デマで政権叩き「安倍さんは5年半も福島に行ってなかった」今回で18回目の福島訪問でした
  5. 共産党選挙カー無賃駐車問題で地区委員会「そのような事実はない」→投稿者が反論「問い詰められ認めた」
  6. 橋下徹氏「これはアウト」竹山修身選手(堺市長)が1億アップの2億3千万円で更改「恥ずべきとこない」
  7. 反党行為?立民・真山勇一議員が対立候補「上杉隆」を応援する投稿、誤解を招いたとしてツイート削除
  8. 高須院長にお悔やみの電話「訃報を流したの誰だよ?」院長死去のフェイクニュースが匿名掲示板から拡散か
  9. 公安調査庁「共産党は破防法の調査対象団体」足立康史議員「同じ答弁を何百回と議事録に載せていきたい」
  10. 自衛隊駐屯地近くで自社の無人ヘリを墜落させた琉球新報「基地上空ドローン規制、国民の知る権利を侵害」



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com





PAGE TOP