朝日新聞・谷津憲郎「フテンマとフクシマは似ている」足立康史議員のツイート批判でも炎上した論説委員


朝日新聞「フテンマとフクシマは似ている」谷津憲郎論説委員がカタカナ括りで差別のネタつくり

朝日新聞の谷津憲郎論説委員は20日、自身のツイッターアカウントで「「フテンマ」と「フクシマ」は似ている。」と投稿し、新たな差別のネタを披露した。
朝日新聞「フテンマとフクシマは似ている」谷津憲郎論説委員がカタカナ括りで差別のネタつくり
ツイッター投稿

福島→フクシマとカタカナで表記することに関しては、東日本大震災・福島第一原発事故の被災者からも「差別を生む」「それは私の故郷ではない」と批判の声が多い。朝日新聞は2011年以降、放射能デマを拡散し福島県を貶めたことに飽き足らず、次は普天間をフテンマとして搔き乱そうとしているのか。

足立康史議員の「死ね」をダブスタで批判

朝日新聞の谷津憲郎論説委員は11月にもツイッターで炎上している。

いま自分がいる会社のことなので黙っていたが、こういう物言いを看過することは、単に朝日だけでなく、気にくわないメディアに公人が「死ね」ということを見過ごすことにつながる。


朝日新聞「フテンマとフクシマは似ている」谷津憲郎論説委員がカタカナ括りで差別のネタつくり

山尾志桜里議員が国会で取り上げた「保育園落ちた日本死ね」を絶賛し、政権批判の材料に使ってきた朝日新聞の社員が言うと完全にダブルスタンダードである。足立康史議員の「死ね」を批判するならば、国会で「死ね」を叫んだ山尾志桜里議員も批判するべきだろう。この投稿には700以上のコメントが付き、そのほとんどが朝日新聞のダブスタを指摘するものだ。

朝日新聞にとっては発言や報道の整合性などはどうでもよく、普天間飛行場近くの小学校に米軍ヘリの窓が落下した先日の事故も、新たな差別ネタを捏造するチャンスとしか思っていないのだろう。

OFUSEする

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

女児強制猥褻の民進党・小川勝也参院議員の長男が連続不起訴?事件発覚後も幼稚園経営者懇親会で来賓挨拶女児強制猥褻の民進・小川勝也議員の長男が連続不起訴?事件発覚後も幼稚園経営者懇親会で来賓挨拶

フジテレビが貴乃花を悪者にして相撲協会を擁護する本当の理由、2月まで長引けば2010年の悪夢の再来フジテレビが貴乃花を悪者にして相撲協会を擁護する本当の理由、2月まで長引けば2011年の悪夢の再来

SNS・RSSフォロー

最新の記事

  1. スクープ第3弾!桜を見る会、民主党議員の出身団体に招待枠「10枚来た」初鹿明博議員は団体と写真撮影、支持者(後援会長?)がSNSで参加の謝辞

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP