フジテレビが貴乃花を悪者にして相撲協会を擁護する本当の理由、2月まで長引けば2011年の悪夢の再来


フジテレビが貴乃花を悪者にして相撲協会を擁護する本当の理由、2月まで長引けば2010年の悪夢の再来

20日の放送、公式ブログより

暴行問題で揺れる日本相撲協会は20日、関係者の処分を発表した。これを受けて今後マスコミは、貴乃花親方と協会の対立を集中して報道することだろう。テレビでは連日、相撲協会の旧態依然とした特異な体質と、白鵬の荒い取り組みを取り上げてきたが、フジテレビだけは他社とは事情が違う。
フジテレビ朝の情報番組『特ダネ!』と午後の『グッディ』は司会者の小倉智昭氏と安藤優子氏がどちらも「貴乃花の対応が悪い」「協会を振り回している」と批判し、問題が長期化することを懸念するような発言を繰り返し、その責任を貴乃花親方に押し付けている。
それもそのはず、フジテレビで長年情報番組を請け負うこの二人は“事情”がよくわかっているのだ。その事情とは、毎年2月に開催される「日本大相撲トーナメント」をフジテレビが主催しており、2011年は八百長問題が直前に発覚し中止になっているからだ。

スポンサーリンク

2011年損害額1億円超の悪夢

同じフジテレビでも坂上忍氏が司会をする『バイキング』、また『グッディ』にコメンテーターで出演するカンニング竹山氏は貴乃花親方の姿勢に理解を示している。しかし、小倉智昭氏と安藤優子氏はフジテレビと相撲協会の関係性をよく理解しているので、2月の相撲トーナメントまでに暴行問題を解決することに躍起になっているのだ。小倉智昭氏に関しては中止の翌年、2012年に相撲トーナメントの中継でナビゲーターを務めている人物だ。
この両者がたびたび口にした「組織の人間で理事なんだから」という言葉の意味は、こういったビジネス関係を忖度して内々に示談して早期解決するべきだという意味だったのだろう。

長年に渡りフジテレビで報道・情報番組に関わってきた二人にとって、2011年の大会中止は悪夢として記憶に残っているはずだ。当時、フジテレビが負った損害は1億円以上と言われており、それでなくとも視聴率低迷で苦しむフジテレビにとっては死活問題だ。

2011年大会の中止に至る経緯

2010年5月に週刊誌が報じたことで発覚した「大相撲野球賭博問題」は、今回の暴行事件同様に場所中に報じられ関係者への聞き取り調査などは難航し、関与していても自白すれば情状酌量するという異例の発表を行った。それを受けて、それまで関与を否定していた大関・琴光喜らがやっと関与を認めるという事態となった。結果的に多くの現役力士の関与が明るみとなったが、琴光喜だけは解雇という重い処分を受けている。
これに大反対し、理事会に退職届まで提出したのが貴乃花親方なのである。強い慰留を受けて翌日に退職は撤回したが、相撲協会が体質を変えようとせず一人の力士を吊るしあげることに反発し、身を呈した貴乃花親方の思いは伝わらなかった。この一件は現在の協会への不信感の原因とも言われている。
※この問題を受けて7月の名古屋場所はNHKが中継を中止している。

フジテレビでは2011年2月6日に開催予定の「日本大相撲トーナメント」を開催するべきかどうかの判断を迫られることとなったが、結果的に開催することが決定する。しかし、野球賭博事件で押収された力士の携帯電話から「八百長相撲」のやり取りが確認され、相撲トーナメント開催の僅か4日前、2月2日にそれが明るみになる。
すでにチケット等は販売済であったが、中継の中止だけではことが収まらず開催そのものが中止となったのだ。この時にフジテレビが負った損害は1億円を超え、まさに悪夢でしかなかったのだ。

こういった経験の記憶がある小倉智昭氏や安藤優子氏にとっては、貴乃花親方の毅然とした妥協なき態度に不安を覚えるのだろう。組織内で早期解決を拒否した貴乃花親方からは2011年の悪夢しか想起できないのだ。
しかし、ことは刑事事件である。ビジネスを優先する案件ではなく、小倉智昭氏や安藤優子氏らのフジテレビへ忖度した態度や番組進行は倫理に反しているし、相撲協会を腐敗させるだけだろう。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。→支援ページ 【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

朝日新聞「フテンマとフクシマは似ている」谷津憲郎論説委員がカタカナ括りで差別のネタつくり朝日新聞・谷津憲郎「フテンマとフクシマは似ている」足立康史議員のツイート批判でも炎上した論説委員

民主くんのツイッターが停止して半年、高須院長と大西議員の裁判言及と藤末議員(中の人?)離党が原因?民主くんのツイッターが停止して半年、高須院長と大西議員の裁判言及と藤末議員(中の人?)離党が原因?





最近の記事

  1. KSLマガジンvol.8 今どき国会議員を「先生」と呼ぶのはどうなのか問題!相手によって使い分けが必要だったりする
  2. 室井佑月が北村大臣を中傷「すげぇの出してきたな、寝たきりのおじいちゃん」人権意識の低さを遺憾なく発揮する文章
  3. 新型コロナウイルス対策もせず立憲民主党がフェスを強行「中止による社会的影響考えた」前回は台風通過中に開催
  4. 辻元清美「鯛は頭から腐る」は誤用か?佐高信の著書タイトルで勘違い、正しくは「魚は頭から腐る」正しい使い方は?
  5. 何でも反対!立憲民主党福島県議「コロナウィルスお忍びで福島県にもやって来ました」福島県の患者受け入れを揶揄
  6. 【動画】予算委員会の審議拒否は前日から計画!立憲・福山幹事長が会見でうっかり漏らす→記者に突っ込まれ認める
  7. ラサール石井 with 山口次郎「槇原敬之の逮捕は政権批判を逸らすため」期待を裏切らない投稿に涙が止まらない
  8. 【動画】安倍総理「日本共産党は殺人などの破壊活動を行った疑いがある」本会議で維新・足立康史議員の質問に答弁
  9. 室井佑月が週刊朝日でフェイクニュース「世耕弘成・参院幹事長がデマまで流す始末だ」→デマは室井氏の記事でした
  10. 安倍総理が辻元議員に「意味のない質問だよ」→マスコミは案の定、きっかけが辻元議員のヤジだったことを報じない



最近の投稿

PAGE TOP