ウーマン村本が松本人志を批判する左翼に苦言「安倍政権擁護はダメなやつ、批判すれば最高なやつ、違う」

エンタメ

ウーマン村本が松本人志を批判する左翼に苦言「安倍政権擁護はダメなやつ、批判すれば最高なやつ、違う」

ウーマンラッシュアワーの村本大輔氏は28日、先輩芸人である松本人志氏を口汚く批判するジャーナリストの岩上安身氏に苦言を呈した。
「僕も総理にご飯誘われたら面白そうだから行きます。それで影響力、軽率さを批判されるならまだわかります。けど自由な有権者の無関係な人格や芸を否定し安易な暴言を吐き、安倍政権を擁護すればダメなやつ、批判すれば最高なやつ、という簡単なレッテル貼は「おれの考え」とは違うと思いました。」


岩上安身氏のツイート


左翼のレッテル貼りにウンザリ?

ウーマン村本氏は先日の「THE MANZAI 2017」で政治風刺ネタを披露し左派を中心に高い評価を受けていた。これに対して「反安倍」を掲げる左翼が同氏を利用しようと躍起になっているが、当の本人はこういった動きに応じる様子もなく、むしろ批判的な考えも持っているようだ。
村本氏は以下のようにツイートしている。
「権力を振りかざすやつもすごく苦手だが反権力を高らかに叫び自分と同じものは大歓迎、違うものは許さないという自分の中の独裁者に気付いてないやつも同じくらい苦手」

村本氏はTHE MANZAI放送の数日後には、こういった動きを批判していたが安倍政権を批判できればなんでも飛びつく連中にウンザリしているのかもしれない。
関連:左翼団体がウーマン村本を「カネ」で国会前へおびき出す作戦開始!個人口座へカンパ?失敗しても返金なし


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込

【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

このサイトを支援する

このサイトをフォローしよう