ウーマン村本「沖縄は中国からとった」の言い訳が嘘くさい!出典として示したサイトでも「琉球は独立国」


ウーマン村本「沖縄は中国からとった」の言い訳が嘘くさい!出典として示したサイトでも「琉球は独立国」

ウーマンラッシュアワーの村本大輔氏が、1日に生出演したテレビ朝日系列「朝まで生テレビ」で、沖縄防衛の議論の最中「もともと中国から取ったんでしょ」という誤った歴史認識による発言が問題となっている。
この発言に関して村本大輔氏は「沖縄は中国だった、ってのは僕のこれを読んでの咄嗟の拡大解釈でした、反省」とウェブサイトのスクショを提示したが、そのウェブサイトにも沖縄が中国の一部であったという記述は見当たらない。


ここで示されたウェブサイトを探して読んでみたが、拡大解釈などしようのないものだった。

スポンサーリンク

出典サイトは「琉球は独立国」と解説

ウーマン村本氏が出典として示した記事は、個人が作成したと思われる比較的新しいものだ。
琉球王国が繁栄した理由
サイト自体はWordPressで作成されており、サーバーさえレンタルすればワンクリックでインストールできる。テンプレートもメジャーなものをカスタマイズなしで使っているようだ。このような個人の記事をウーマン村本氏が参考にしたとは考えにくい。ここにたどり着くまえに、もっと詳しく記述されたウェブサイトも多数ある。

内容としては一般的な基礎知識がまとめられており、ウーマン村本氏が示した部分の前後を読んでみても「沖縄が中国の一部だった」と拡大解釈できる記述は見当たらない。

琉球王国繁栄の理由とは?
琉球王国が繁栄をしたのは貿易が理由だとされています。
明と冊封関係を結んでおり、これは琉球が明の従属国となることをいいます。
琉球は明に朝貢を開始します。
出典:琉球王国が繁栄した理由

そもそものタイトルに「琉球王国繁栄の理由」とされているのに、どうして中国の領土であったと思えるのだろうか。しかも「中国」とは戦後に中国共産党軍が国民党軍を内戦の末に追いやり大陸を支配して建国したもの。その前の中華民国ですら1912年建国と歴史の浅い国家である。
このサイトでも記述されているように、琉球王国が関係していたのは「明」であり中国ではない。中国大陸が今のような形で統治されたのは、わずか100年ほど前のことで、それまでは延々と内戦と侵略の戦国時代であったのだ。
また、ウーマン村本氏が示した記述に沿ってみても、琉球王国が明と交易する独立した国家であったとしか記述されていない。ウーマン村本氏が本当に「従属国」という言葉を明の一部と誤解したとしても「冊封関係」「朝貢」という言葉を調べれば、それが間違いであったと気が付くはずだ。この二つのワードを理解も調べることもせず「中国からとった」と解釈するのは不可解だ。
「従属国」という文字にも「国」が含まれており、従属するのは「国」であり、それは即ち独立した国家である。「朝貢」についても、皇帝に対して他国の君主が貢物をするという意味で、これも沖縄が独立した国家であることを意味している。

さらに解せないのが、このサイトには「琉球王国の領土について」という決定的な記事があるにもかかわらず、ウーマン村本氏が先述の曖昧な記事を示したことだ。
この「琉球王国の領土について」という記事は、書き出しから「かつて沖縄県は琉球王国という独立国で、1429年から1879年まで存在しました。」となっている。記事の後半では、薩摩軍の侵攻後も独立を保っていたこともしっかり記述されている。この記事を読まずして何を参考にしたというのだろうか?

ウーマン村本氏は不勉強どころか、このサイトを発言後に探してきたとしか思えない。

関連:ウーマン村本が松本人志を批判する左翼に苦言「安倍政権擁護はダメなやつ、批判すれば最高なやつ、違う」
関連:左翼団体がウーマン村本を「カネ」で国会前へおびき出す作戦開始!個人口座へカンパ?失敗しても返金なし

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。→支援ページ 【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

速報!小西ひろゆき議員がまた政治資金で自著を260万円分購入、ボールペン字口座もまた政治資金で受講自著300万円購入の小西洋之議員「総理が本を読んだ話を聞いたことがない読めば発狂する」有本香も失笑

朝日新聞「長く遊べればそれでええんや」パチンコ夜通し営業を情緒たっぷりに報じる!1円パチンコも紹介朝日新聞「長く遊べればそれでええんや」パチンコ夜通し営業を情緒たっぷりに報じる!1円パチンコも紹介





最近の記事

  1. 繰り返すブーメラン!蓮舫「カジノは不要」→民主党政権でカジノ合法化を進めた担当大臣が蓮舫
  2. 検証!片山さつき議員が都知事選出馬を否定「そんな話、全くありませんよ!」日刊ゲンダイの捏造記事が発端か?
  3. 【動画】産経記者「委員長20年は長すぎるのでは?」志位「あのぅ・・・そうですねぇ、あの、あはっ(笑)」ちっちゃい声でしどろもどろ
  4. 今週の舛添さん「無党派票は自民党に行く」先週の舛添さん→「野党+無党派で48.6%だから政権交代は可能だ」
  5. 【選挙互助会】立憲民主党と国民民主党が結集しても政権交代が不可能な理由
  6. ノザキのコンビーフ転売に公式「まだ在庫ある。転売品買わないで」→定価以下でも売れなくなり転売ヤーが在庫抱える
  7. 立憲・安田真理さん「小国日本」と中国目線の蔑称を使い「自衛隊は米軍日本支部に変質しちゃう」志位委員長に共産党政権を望むメッセージ
  8. 東京新聞が訂正「夕刊に掲載した英国ヘンリー王子夫妻の写真は蝋人形でした」過去には時事通信が同じミス
  9. 東京新聞・佐藤圭記者が常磐線全線開通に難癖「利用するのはもっぱら東電廃炉・除染関係者だけ」事実無根と批判殺到
  10. 【対日有害活動】原口一博さん「中国は民主主義、共産党以外に党が6ある」中国共産党のお友達に教えてもらった模様



最近の投稿

PAGE TOP