中日新聞主筆が失言「性同一性障害みたいな知事」同席の民進・大塚代表や立民・近藤副代表らは問題視せず


中日新聞主筆が失言「性同一性障害みたいな知事」同席の民進・大塚代表や立民・近藤副代表らは問題視せず

中日新聞社の前社長で主筆の小出宜昭氏は、13日に名古屋市内で行われたシンポジウムで、大村秀章愛知県知事の政治姿勢について「三河に行くと時々、大村さんのような保守かリベラルか、性同一性障害くらいの知事が出る」と発言し、終了後に撤回した。
この失言は各社がウェブ版で報じているが、中日新聞では小出宜昭主筆の発言の意図について「保守地盤の強い三河地方の出身で元自民衆院議員の大村知事が、非自民議員の意見も取り入れて県政運営をしていることを例えて表現した」と掲載し、発言は批判の為ではなかったようなニュアンスを伝えている。そもそも、例えに「性同一障害」を持ち出すこと自体が、差別の意図を疑われていることを理解できていないようだ。
大村知事の政治姿勢、性同一性障害と表現 シンポで本社主筆、撤回:社会:中日新聞(CHUNICHI Web)
このシンポジウムには民進党の大塚耕平代表・立憲民主党の近藤昭一副代表・希望の党の古川元久幹事長がパネリストとして同席していたが、この発言について問題視する動きは今のところない。

スポンサーリンク

野党幹部らは発言を黙認

同シンポジウムに参加した野党幹部のうち、民進党の大塚耕平代表と希望の党の古川元久幹事長は現時点でシンポジウム自体に言及しておらず、中日新聞主筆の失言に対する見解も示していない。シンポジウムに言及したのは立憲民主党の近藤昭一副代表だけだったが、失言に関する記述は無いようだ。

大塚耕平さん、古川元久さんと、シンポジウム「愛知から野党はよみがえれるか–健全な民主主義をめざして」に出席しました。コーディネーターは、名古屋大学の後房雄教授ですが、96年最初の選挙の時からご縁があります。当時、イタリアの政権交代を取り上…

近藤 昭一事務所さんの投稿 2018年1月13日(土)

※12/14追記 近藤昭一事務所が報道後に慌てて弁明

メディア各社の報道を見ても、この野党幹部らが発言について注意したり、事後に言及したという形跡もない。こういった発言について、その場で指摘することができない国会議員の認識には呆れるが、事後にも訂正を求めていないとすると野党幹部として政党スタンスまで疑われることになりかねないだろう。

ちなみに中日新聞東京本社である東京新聞の望月衣塑子記者はいまのところノーコメント。官房長官会見で連日クレーマーのようなイチャモンを付け、同社の長谷川幸洋氏のニュース女子出演問題では狂ったように責め立てたのに。さすがに前社長の主筆には噛み付けませんか?

関連:【発覚】東京新聞の望月衣塑子記者、陰湿な行為や香山リカ批判も
関連:東京新聞・望月イソ子記者の珍問を受けた時の菅義偉官房長官の顔www馴染みの記者に変顔を見せて遊ぶ

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。→支援ページ 【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

オホーツク総合振興局「沖縄の問題は沖縄だけに押し付ける日本」公式アカが投稿を削除、理由は明かさずオホーツク総合振興局「沖縄の問題は沖縄だけに押し付ける日本」公式アカが投稿を削除、理由は明かさず

社民党完全崩壊!党首選「候補者ゼロ」で延期に、福島も又市も重責を無職の吉田忠智さんにまた押し付ける社民党完全崩壊!党首選「候補者ゼロ」で延期に、福島も又市も重責を無職の吉田忠智さんにまた押し付ける





最近の記事

  1. 共産党女性市議を窃盗容疑で書類送検→「議員は続けたい」安保法制廃止を訴える元自衛官候補として話題になった人物
  2. 箕面市長がテレ朝・玉川徹のデマに抗議「風評や誤解を解いてきた努力を一瞬で踏みにじる報道」本人ではなく新人アナが謝罪→さらに炎上
  3. 立憲・山岸一生が捏造「総理を祝う会の案内状に異様な注意書き、撮影・SNSへの投稿は一切禁止」母校OB団体の祝賀会案内を切り取って無断公開
  4. 【写真】河井案里議員の選挙を見守る河井克行議員の姿 週刊誌掲載の県連・地検リーク情報を鵜呑みにしてはいけない
  5. 【動画】東京新聞の望月記者が会見でトラブル「私は2問質問させて!ギャー!」幹事社の仲裁も聞かず声を荒げる醜態
  6. 絶対に謝らない野党!民主党政権の桜を見る会招待者名簿は存在しない→「完成していた」ケータリングが安倍政権で一社独占→「民主党でも契約」
  7. 繰り返すブーメラン!蓮舫「カジノは不要」→民主党政権でカジノ合法化を進めた担当大臣が蓮舫
  8. 検証!片山さつき議員が都知事選出馬を否定「そんな話、全くありませんよ!」日刊ゲンダイの捏造記事が発端か?
  9. 【動画】産経記者「委員長20年は長すぎるのでは?」志位「あのぅ・・・そうですねぇ、あの、あはっ(笑)」ちっちゃい声でしどろもどろ
  10. 今週の舛添さん「無党派票は自民党に行く」先週の舛添さん→「野党+無党派で48.6%だから政権交代は可能だ」



最近の投稿

PAGE TOP