名護市長選、翁長知事と現職市長が「パンダ誘致」で有権者を釣る!→市民「パンダに笹より子供に給食を」


名護市長選、翁長知事と現職市長が「パンダ誘致」で有権者を釣る!→市民「パンダに笹より子供に給食を」

2月4日投開票の名護市長選に向け、基地反対を掲げ再選を目指す現職・稲嶺進名護市長(無所属、社民、共産、社大、自由、民進推薦、立憲民主支持)が「名護市にパンダを誘致」などというトンデモ公約をぶち上げている。稲嶺進市長を支持する翁長雄志知事も前向きで、19日の記者会見で「大変可能性の熟度は高い」と露骨な選挙対策に加担している。
これに対し、名護市長選に立候補を表明している新人の渡具知武豊氏(自民、公明、維新推薦)は「つがいで2頭借りると、1年間でレンタル料は8千万円超、経費は6億円かかる。税金でパンダを借りる前にやることがある」と反対の姿勢を示している。
参考:パンダ招致 沖縄県も意欲 名護市長選の稲嶺氏公約 – 琉球新報 – 沖縄の新聞、地域のニュース
また、渡具知武豊氏を推薦する自民党議員は市民の声として重要な指摘もしている。

スポンサーリンク

パンダは上野以外にもいる

名護市でパンダを飼育展示する莫大なコストを考えると、市民からの反発があって当然だ。そもそも稲嶺進市長は上野動物園のパンダフィーバーだけを見て安易にパンダ誘致を考えているようだ。ジャイアントパンダは上野動物園以外にも和歌山県のアドベンチャーワールドと兵庫県の王子動物園でも飼育されている事を知らないのだろうか?
沖縄にパンダが来ても、人気が他の動物園とで分散されるのは必至である。パンダの繁殖が出来れば大きな集客効果も見込めるが、パンダの交配自体が簡単なことではなく、産まれたとしても一般公開に漕ぎ着けるまでに死亡するリスクも高い。それまでの莫大な金銭的リスクを取るならば、国・自治体にとって最も重要な投資である「子供」に使うべきである。
以下のような「学校給食無償化」を優先する声が挙がるのは当然だ。

推薦する自民党の国会議員は「稲嶺市長は、選挙公約にパンダ誘致を明言した。誘致に成功したらエサ代など諸々の費用は年間、名護市の小中学校の給食無償化が可能になる金額。渡具知武豊さんの支持者は『市民は、パンダに笹を食べさせるお金があるなら給食無償化を実現してほしい!』と猛反発している」
出典:名護市長選「パンダ誘致」で論争?

メディアは稲嶺進市長と翁長雄志知事の「パンダ誘致プラン」をさほど批判することもなく、渡具知武豊氏の応援に入る予定の自民党・小泉進次郎筆頭副幹事長を「客寄せパンダ」と誹謗し、この市長選を「本物のパンダ VS 客寄せパンダ」などと酷い印象操作で稲嶺進市長陣営に与している。
争点は、基地問題と「パンダの笹 VS 学校給食」であるべきだ。

取材・執筆のご支援をお願いします

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

立民・西村智奈美陣営の公選法違反で自民党・金子恵氏の当選が消えた?公示前に法定外文書を2万人に発送立民・西村智奈美陣営の公選法違反で自民党・金子恵美の当選が消えた?公示前に法定外文書を2万人に発送

枝野幸男代表が活舌の悪さを謝罪、白根山噴火被害に「心からお祝い」発言は実際には無かったことが判明枝野幸男代表が活舌の悪さを謝罪、白根山噴火被害に「心からお祝い発言」は実際には無かったことが判明




全文転載厳禁→引用ルール

最近の記事

  1. 【朝日新聞】ソウルで日本人女性が暴行された事件を渋々伝える「韓国メディアが手厚く報じている」←知らんがな
  2. 福島瑞穂の映え狙いがほぼ営業妨害「タピオカかき氷おいしい」←どう見ても「ねこまんま」か「のり弁の食べ残し」
  3. 伝書鳩の鳩山由紀夫「北朝鮮のそれなりの方」に代わって日本を脅す「いざ米朝が戦うとなれば基地を狙うしかない」
  4. なぜか炎上する蓮舫「韓国の一方的な措置に強い抗議を。GSOMIA破棄との間違った判断を改めることを強く求める。」→志葉玲「あー」
  5. 旭日旗Tシャツの米国モデルと韓国ネチズンがバトル→ジョン・レノン息子「旭日旗を見ると子供のころを思い出す。アジアのナチスとか馬鹿げてる」
  6. 新人おじさん「河野太郎が韓国外相に金時計をひけらかし!恥を知れ!」→河野太郎「竹製ですが、何か?」
  7. 立憲・高井崇志議員が韓国訪問と過去の「歴史、慰安婦、独島」発言を全面否定→しかし立民訪韓団の存在は否定せず
  8. 1日で15万人が投票!マスコミによる京アニ放火殺人犠牲者の実名公表申し入れ「反対」が95%、遺族の思い優先する声が多数
  9. 和田政宗議員に暴行した男を公選法違反で書類送検!正体は「団体役員」らしいのでCBCさんに取材してもらいましょう



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

PAGE TOP