ついに捏造を自白!森友書類「安倍晋三記念小学院ではないこと分かっていた」国会質問の福島前議員が暴露


ついに捏造を自白!森友書類「安倍晋三記念小学院ではないこと分かっていた」国会質問の福島前議員が暴露

昨年の5月8日、衆院予算委で当時民進党の福島伸享議員が、森友学園から近畿財務局に提出した「未利用国有地等の取得等要望」の中の設置趣意書で、タイトルが黒塗りになっている部分が「開成小学校」であったにもかかわらず「安倍晋三記念小学院」ではないかと質問した問題で、福島伸享前議員は「質問する時には、黒塗りの下が「安倍晋三記念小学院」ではないことはわかっていた。」と質問自体がブラフであったことを告白した。
衝撃の告白!森友の書類「安倍晋三記念小学院でないこと分かっていた」国会で質問の福島前議員が開き直り
福島伸享フェイスブック
自民党の和田政宗議員が昨年の11月に「安倍晋三小学院ではなく開成小学校だった」と明らかにし、今国会で安倍首相が朝日新聞の報道を「真っ赤なうそ」と発言したことを受け、国会で質問をした福島伸享前議員が開き直った形だ。

スポンサーリンク

福島伸享前議員は当時、国会質問で佐川理財局長(当時)に「タイトルが籠池氏によると「安倍晋三記念小学院設立設置趣意書」であった」と発言し、黒塗り部分について「まさに安倍晋三という名前が特例を得るためのノウハウになっているから示せない」とまで言い切っていた。
しかし、これが事実とは異なり、黒塗り部分が「開成小学校」という安倍首相とは関連性のない名称であったことが後に判明し問題となる。
速報!野党終了か?森友の設置趣意書に安倍晋三記念小学院の名称は無かった?和田政宗議員がコピーを公開
デマ情報速報ドットコム「麻生太郎は嘘つき!安倍晋三記念小学校は朝日新聞が報じてる!」←爆笑www

この時点で福島伸享前議員は「確認しただけ」「安倍政権の支持率は急落した、役人が野党の術中にはまった」などと不遜な言い訳をしていたが「知っていた」とは書いていない。
福島前議員「安倍晋三記念小学院か確認しただけ、役人が野党の術中にはまった」籠池の偽証判明も反省なし
さらに、その約一週間後には安倍首相が和田政宗議員のFB投稿をシェアしたことに対して「一連のfbの投稿と産経の記事と安倍事務所が連動していることを示しちゃている。」と産経新聞と自民党が連携しているという陰謀論を展開し始める。
福島前議員「和田議員と産経と安倍事務所は連動」安倍晋三記念小学院デマの責任を陰謀論で人のせいにする

発覚当初は「質問する時には、黒塗りの下が「安倍晋三記念小学院」ではないことはわかっていた。」なんて一言も言っていなかった福島伸享前議員が、ここにきて急にこんな告白をするのは、森友問題と安倍首相が無関係であることを証明したようなものである。

関連:デマ情報速報ドットコム「麻生太郎は嘘つき!安倍晋三記念小学校は朝日新聞が報じてる!」←爆笑www

【引用前に必ず確認してください】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

テレビ朝日さん、捏造だけでは飽き足らず書類の偽造に手を染める!相撲協会の映像許可書類が偽物と判明!テレビ朝日さん、捏造だけでは飽き足らず書類の偽造に手を染める!相撲協会の映像許可書類が偽物と判明!

毎日新聞「これでいいのか」加計獣医学部一般入試に20倍超の応募に不快感、毎日こそ「これでいいのか」毎日新聞「これでいいのか」加計獣医学部一般入試に20倍超の応募に不快感、毎日こそ「これでいいのか」





最近の記事

  1. 立憲・長妻昭議員が謝罪 技能実習生の死傷者数めぐる誤認ツイート、足立康史議員「煽るのでなく冷静に」
  2. 総理官邸に忍者が侵入!安倍総理「官邸の厳しいセキュリティをかいぐぐってくるには・・・派手だよっ!」
  3. 室井佑月「野党の議員は首相の首をかけ自分らの辞表を出してみたら?」←ちょっと何言ってるか分からない
  4. 高須院長、今年の漢字「災」に「こんなの書くの断れよ坊さん」「禍々しい文字、僧侶として悲しく思う」
  5. NHKがこっそり「靖国で段ボール燃える」にタイトル変更、写真も差し替え 発生当初「新聞紙」と伝える
  6. 【NHK】原資は受信料「離婚した妻への養育費に」単身赴任手当524万円を騙し取った副部長を懲戒免職
  7. 【沖縄】三宅洋平が暴言「プロパガンダで辺野古NO!とか言ってるおめでてーのがのがいるなら俺が●す」
  8. サムスンが「Supreme」とコラボを発表→偽ブランドでした!米国本家からのツッコミで発覚も無視
  9. 日本体操協会の欺瞞!塚原夫妻の処分解除に高須院長「感じさせてしまったらパワハラだと思うのですが」
  10. 読売新聞の渡辺恒雄主筆「死亡説を流されたから来たんだよ」原監督の殿堂入りパーティーに登場



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com





PAGE TOP