共産・市田忠義「テレビは平昌五輪ばかり、大事な報道をしないのか?」←おたくの志位さんが一番ノリノリ


共産・市田忠義「テレビは平昌五輪ばかり、大事な報道をしないのか?」←おたくの志位さんが一番ノリノリ

日本共産党の市田忠義副委員長は9日夜、韓国で開幕した平昌オリンピック一色の過熱報道にツイッターで苦言を呈した。
市田「平昌オリンピックが始まった。今日はその報道一色。」「日本の進路と国民生活に関わる大事な問題をなぜ報道しないのか。特にテレビ。」

しかし、この平昌五輪の開会式への出席をいち早く表明し、出席に難色を示した安倍首相と対極にあったのが、日本共産党の志位和夫委員長である。誰よりもノリノリなのは志位和夫委員長ではないか?


平昌を満喫する志位和夫さん

市田忠義副委員長は、国民生活に関わる大事な問題を放り出し、喜び勇んで平昌へ飛んだ志位和夫委員長も批判するのだろうか?報じるマスコミだけが批判して、そこにノリノリで参加している当人をスルーしてはいけない。

それではここで、平昌で大はしゃぎする志位和夫委員長と、オリンピックを政治利用した韓国を絶賛する池内さおり前議員の様子を見てみましょう。

とりあえず志位和夫さんは帰国後に査問ですな。
「アリラン!」とかツイートして浮かれている池内さおり前議員は除名にするべきだ。

頼みましたよ!金正日の追悼式に出席しちゃった市田副委員長!

関連:日本共産党の恐怖「精神的肉体的に変調をきたし気が狂いそう」女性市議を6年間も針のむしろに座らせる
関連:共産党が議員の重大事故隠蔽か?被害者が頭を骨折する事故を2年間公表せず有罪判決4か月後に辞職で発覚

OFUSEする

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

勇喜と書いて「てつわんあとむ」と読む市長選候補、わずか360票で落選!法律上は読み方に制限はない?勇喜と書いて「てつわんあとむ」と読む市長選候補、わずか360票で落選!法律上は読み方に制限はない?

炎上!朝日新聞が悪質な印象操作写真を投稿、安倍首相が金与正と文在寅の握手に気が付かない瞬間切り取り炎上!朝日新聞が悪質な印象操作写真を投稿、安倍首相が金与正と文在寅の握手に気が付かない瞬間切り取り

SNS・RSSフォロー

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP