朝日新聞記者が森友の捏造シナリオ公開!佐川「本当のこと言う」安倍「彼はうそつきです、籠池のように」

マスコミ・報道

朝日新聞記者が森友の捏造シナリオ公開!佐川「本当のこと言う」安倍「彼はうそつきです、籠池のように」

文芸評論家の小川栄太郎氏は「徹底検証「森友・加計事件」――朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪」という本を書いて朝日新聞に訴えられた。しかし、森友の設立趣意書に「安倍晋三記念小学院」などという文字が記載されていなかったことなどが証明され、朝日新聞のデタラメさは白日の下にさらされることとなった。
結局は、朝日新聞記者らによる妄想で「安倍が悪いに違いない」というシナリオが描かれていたということだろう。13日、朝日新聞の上丸洋一記者はその妄想シナリオの一部をツイッターで披露している。

記者がこういう先入観と願望で物事を見ているから「捏造の朝日」と呼ばれる。それがまだ理解できていないのだろう。さすが1年前に、森友問題に根拠がないことを明かし、ネタはこれから掘り起こすとツイートして炎上した記者だ。

森友問題に根拠がないことを明かしていた

この上丸洋一記者は、昨年の2月に森友問題が騒がれ始めた際に、その時点では違法性を示す根拠を朝日新聞が持ち合わせていないことを暴露している。
「この際、どこの新聞でもいい、森友学園への国有地払い下げについて、核心的事実を掘り起こしてほしい」


もう、これだけでも小川栄太郎さんの「徹底検証「森友・加計事件」――朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪」が正しいと断言できるレベルだ。

2014年には大雪被害の最中に、安倍首相が天ぷらを食べていたとイチャモンを付け、民主党の金子洋一議員の「天ぷらくらい、文句を言わずに食べさせてやれよ!」というツイートにまで噛みついて失笑を買っている。


参考:民主党議員の天ぷら擁護ツイートに朝日新聞編集委員・上丸洋一氏「それを凍え死んでいった人たちに語れますか?」 | ガジェット通信 GetNews
金子洋一氏に噛みついたツイートはさすがに恥ずかしくて消したようだ。

朝日新聞さん、人材が不足しているのは仕方ないですが、このような妄想と願望を垂れ流すような人間を記者として雇っていて大丈夫なんでしょうか?
それとも「捏造の朝日」を支えるエースとして確保しているのでしょうか?

関連:朝日新聞が丸川大臣の発言を捏造「稲田は極右」の印象操作を後でこっそり改ざん

この記事の このエントリーをはてなブックマークに追加 追加と運営支援をお願いします。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で