中日新聞配達員が66歳女性に朝刊と体液をお届けして逮捕、中日新聞「再発防止に努める」←再発するの?

政治・社会

中日新聞配達員が66歳女性に朝刊と体液をお届けして逮捕、中日新聞「再発防止に努める」←再発するの?

中日新聞販売店社員で配達員の男(26)が、朝刊の配達時に66歳女性の車に体液をかけた器物損壊の容疑で現行犯逮捕された。逮捕容疑は15日の早朝5時25分ころ、岐阜県中津川市内の女性(66)の自宅駐車場で、軽乗用車の運転席側のドア付近に体液をかけた疑い。張り込んでいた署員が配達に来た男が、朝刊配達後に車に体液をかける様子を確認し逮捕した。
女性は以前にも車に体液のようなものがかけられる被害に遭っており、7日に被害届を出していた。
中日新聞岐阜支社販売部の山田清司部長は「取引先の販売店の従業員が逮捕されたのは誠に遺憾。再発防止に努める」とのコメントを出した。
参考:中日新聞配達員の男逮捕、車に体液かけた疑い – 産経WEST

中日新聞を購読すると体液が付いてくるのか。

再発防止に努めなきゃ再発するのか?

この逮捕を受けて中日新聞岐阜支社販売部の山田清司部長は「取引先の販売店の従業員が逮捕されたのは誠に遺憾。再発防止に努める」とのコメントを出しているが、対策を講じなければ、また体液をお届けをする配達員が現れるのだろか。この部長さんは、各販売店に対し「朝刊配達時は体液をかけないように!」とか、通達を出すのだろうが、普通の配達員の反応は「お、おぅ・・・」だろう。
この事件に対するツイッターの反応も同様に「うわぁ…」程度の声しか上がっていない。


それにしても、男が体液をかけるまでの一部始終を確認させられるとは、警察官も大変なお仕事ですね。


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込

【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

このサイトを支援する

このサイトをフォローしよう