高須克弥院長「警察に届けました。なう」Twitter殺害予告投稿に対処、凍結済アカウント投稿の中身


高須克弥院長「警察に届けました。なう」Twitter殺害予告投稿に対処、凍結済アカウント投稿の中身

高須クリニックの高須克弥院長は16日、Twitterで「殺害予告」を含む不審な投稿を繰り返したアカウントを警察に届け出た。


問題の投稿を行ったアカウントは凍結されたようだが、Twitterクライアントをリロードしないまま開いていた人には、問題発覚から凍結後もタイムラインに投稿が残っておりスクショが保存されている。


当サイトではこのスクショを撮った方の使用許可を得て、タイムライン風に一列に並べ、その異常な投稿をまとめた。また、高須克弥院長が慈悲深く猶予を与えたにもかかわらず、誠意ある対応が見られなかったことで警察案件になるまでのツイートも並べてみた。

スポンサーリンク

異常な投稿が数十件も続く

タイムラインの特性上、古い投稿が下になっているが、高須克弥院長の活動を逆恨みしたような投稿から一連の脅迫が始まっている。「高須に殺害予告する」という言葉や、明らかに高須克弥院長に対して何らかの行動を起こすような内容となっている。
高須克弥院長「警察に届けました。なう」Twitter殺害予告投稿に対処、凍結済アカウント投稿の中身
高須克弥院長「警察に届けました。なう」Twitter殺害予告投稿に対処、凍結済アカウント投稿の中身
高須克弥院長「警察に届けました。なう」Twitter殺害予告投稿に対処、凍結済アカウント投稿の中身
高須克弥院長「警察に届けました。なう」Twitter殺害予告投稿に対処、凍結済アカウント投稿の中身
高須克弥院長「警察に届けました。なう」Twitter殺害予告投稿に対処、凍結済アカウント投稿の中身
高須克弥院長「警察に届けました。なう」Twitter殺害予告投稿に対処、凍結済アカウント投稿の中身
高須克弥院長「警察に届けました。なう」Twitter殺害予告投稿に対処、凍結済アカウント投稿の中身
高須克弥院長「警察に届けました。なう」Twitter殺害予告投稿に対処、凍結済アカウント投稿の中身
出典:天使と悪魔(@A_D_199X)さん | Twitter

この他にも別ユーザーへの返信などで不穏当な投稿が繰り返されている。院長もこのカウントに対して何度か警告しているが、凍結されるまで誠実な態度は見せなかったようだ。

全般的に意味不明で、具体的な部分は「恨み」というより「逆恨み」にしか思えない内容だ。なにより、見ているこちらが投稿者の精神状態が心配になるレベルだ。
高須克弥院長が警察に対応を委ねたのは正解だ。

この記事をチップで応援

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

横田早紀江さん「韓国大統領は北朝鮮に騙されないで」安倍首相と金永南との会話については「ありがたい」横田早紀江さん「韓国大統領は北朝鮮に騙されないで」安倍首相と金永南との会話については「ありがたい」

朝日新聞クソ社説「尖閣は我が国固有の領土?領土問題は存在しない?これを正解として教え込むのか?」朝日新聞クソ社説「尖閣は我が国固有の領土?領土問題は存在しない?これを正解として教え込むのか?」




全文転載厳禁→引用ルール

最近の記事

  1. 新事実発覚!CBCテレビ報道部公式「報ステ富川アナ気持ち悪い」「ネトウヨが静かね。」←これにいいねしたヤツが和田政宗氏を中傷?
  2. CBCテレビ報道局が和田正宗氏への中傷投稿を釈明「ツイッター乗っ取られた」と言わんばかり「報道部員が投稿した形跡はない」
  3. CBC報道局ツイッターが和田政宗候補にクソリプ「ちょっと小突かれただけ、大げさというより売名行為」選挙活動中の暴行被害を揶揄
  4. 共産党の選挙カーが一般車に追突、女性2人が緊急搬送!共産党「候補者は乗車していません」←それは関係ない
  5. 【動画】東京新聞・望月記者がフェイクニュース「辺野古赤土投入」を事実として質問、官邸が再発防止要請
  6. 金平茂紀、朝日新聞のハンセン病家族訴訟の誤報に「この記事が控訴断念のひとつの要因でしょう」←大嘘、朝刊より先にNHKが「断念」と報道
  7. 女性候補は容姿で選ぶ?立憲・福山哲郎幹事長「自民公明維新みんな男、誰が誰だか分からない」←性差別発言では?
  8. 共産党公式アカ「党名変えてうまくいった政党ある?」安倍首相の「民主党の枝野さん」に怒る枝野代表に嫌味?
  9. 立憲民主党の候補(元朝日新聞記者)が朝日新聞の誤報で政権批判、指摘を受けても絶対に謝らない立憲スタイル
  10. 朝日新聞が朝刊一面で大誤報「ハンセン病家族訴訟、控訴へ」→政府は控訴断念、安倍首相「ご家族のご苦労を長引かせるわけにはいかない」



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

PAGE TOP