速報!関西生コンが家宅捜索の事実を認める声明を発表!マスコミによる報道自主規制が確定!

速報!関西生コンが家宅捜索の事実を認める声明を発表!マスコミによる報道自主規制が確定!

全日建連帯労組(連帯ユニオン)関西地区生コン支部に相次いで機動隊と捜査員が詰めかけた事案に関し、それが「家宅捜索」であったことが関西地区生コン支部の声明発表で判明した。
この事案に関して、襲撃予告による警護であったという話が左派界隈で囁かれていた。しかし、実際は家宅捜索であり、報道各社が記事や映像で報じなければならない事案だが、未だに報道はされていない。

・13日の家宅捜索(奈良県警)
近畿地区トラック支部という別組織の人間が被疑者と主張しているが、令状の罪名は不明
※12日となっているが、13日の誤り?
和歌山県警と奈良県警が関生支部に不当な家宅捜査。その裏側には裁判所の無責任な姿が浮かびあがる – 連帯広報委員会

・18日の家宅捜索(大阪府警)
昨年12月に実施したストライキ闘争を「強要未遂及び威力業務妨害被疑事件」として捜索
関生支部、大阪府警による3・18弾圧に抗議声明を発表。大阪府警の不当な家宅捜査を糾弾。取組みの手を緩めず産業民主化の実現をめざしてゆく – 連帯広報委員会

大手メディアは報じない自由を行使中

最初の声明は3月13日付けとなっているが、連帯広報委員会が公表したのは20日になってから。これを現時点で伝えている大手メディアは無いようだ。ネットではレイバーネットが伝えているのみ。
参考:関西生コンに権力弾圧/警察の家宅捜索にネオナチが「同行」

声明発表でメディアの方針は変化するかもしれないが、現時点では明らかに「規制」が掛かっている。
労組への家宅捜索は一般的な事件とは話題性のレベルが違う。関西生コン支部を批判的に見るメディアは飛びつくはずだが、逆に擁護する立場で「組合への弾圧」と報じるメディアもあって当然だろう。それが、どちらからの目線からも報道されないのは不自然である。

ここまで大々的な家宅捜索が行われていながら、容疑が固まらず逮捕も送検も出来ませんでしたでは済まされないだろう。奈良県警も大阪府警もそれなりの覚悟と自信があると思われるが、失敗すれば「弾圧」として逆に糾弾されることになる。

今後の成り行きにより、大手メディアがどう報じるかが楽しみだ。
報じない可能性も高いが・・・

関連関西生コン家宅捜索?辻元清美がブログ更新「大阪で国政報告会や、いつもとは違う緊張感がある雰囲気」


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で