速報!関西生コンが家宅捜索の事実を認める声明を発表!マスコミによる報道自主規制が確定!


速報!関西生コンが家宅捜索の事実を認める声明を発表!マスコミによる報道自主規制が確定!

全日建連帯労組(連帯ユニオン)関西地区生コン支部に相次いで機動隊と捜査員が詰めかけた事案に関し、それが「家宅捜索」であったことが関西地区生コン支部の声明発表で判明した。
この事案に関して、襲撃予告による警護であったという話が左派界隈で囁かれていた。しかし、実際は家宅捜索であり、報道各社が記事や映像で報じなければならない事案だが、未だに報道はされていない。

・13日の家宅捜索(奈良県警)
近畿地区トラック支部という別組織の人間が被疑者と主張しているが、令状の罪名は不明
※12日となっているが、13日の誤り?
和歌山県警と奈良県警が関生支部に不当な家宅捜査。その裏側には裁判所の無責任な姿が浮かびあがる – 連帯広報委員会

・18日の家宅捜索(大阪府警)
昨年12月に実施したストライキ闘争を「強要未遂及び威力業務妨害被疑事件」として捜索
関生支部、大阪府警による3・18弾圧に抗議声明を発表。大阪府警の不当な家宅捜査を糾弾。取組みの手を緩めず産業民主化の実現をめざしてゆく – 連帯広報委員会

スポンサーリンク

大手メディアは報じない自由を行使中

最初の声明は3月13日付けとなっているが、連帯広報委員会が公表したのは20日になってから。これを現時点で伝えている大手メディアは無いようだ。ネットではレイバーネットが伝えているのみ。
参考:関西生コンに権力弾圧/警察の家宅捜索にネオナチが「同行」

声明発表でメディアの方針は変化するかもしれないが、現時点では明らかに「規制」が掛かっている。
労組への家宅捜索は一般的な事件とは話題性のレベルが違う。関西生コン支部を批判的に見るメディアは飛びつくはずだが、逆に擁護する立場で「組合への弾圧」と報じるメディアもあって当然だろう。それが、どちらからの目線からも報道されないのは不自然である。

ここまで大々的な家宅捜索が行われていながら、容疑が固まらず逮捕も送検も出来ませんでしたでは済まされないだろう。奈良県警も大阪府警もそれなりの覚悟と自信があると思われるが、失敗すれば「弾圧」として逆に糾弾されることになる。

今後の成り行きにより、大手メディアがどう報じるかが楽しみだ。
報じない可能性も高いが・・・

関連関西生コン家宅捜索?辻元清美がブログ更新「大阪で国政報告会や、いつもとは違う緊張感がある雰囲気」

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。


KSL公式番組!時事問題・ニュース

通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス

【引用方法】

引用は25%程度まで「続きは以下へ」のURLリンク必須、まとめサイトも同条件、差別的なコメントを集める目的での引用禁止、動画での転載お断り

上記範囲外での利用料金

和田政宗議員の委員会発言は蓮舫議員の要請で削除?爆弾テロ予告や家族への殺害予告が届く事態にまで発展和田政宗議員の委員会発言は蓮舫議員の要請で削除?爆弾テロ予告や家族への殺害予告が届く事態にまで発展

赤旗が自爆記事「近畿財務局内で安倍事案と呼ばれていた」野党のマッチポンプで仕込んだフェイクニュース赤旗が自爆記事「近畿財務局内で安倍事案と呼ばれていた」野党のマッチポンプで仕込んだフェイクニュース

KSL-Live!ツイキャス



最近の記事

  1. 食い下がる朝日記者を麻生大臣がバッサリ「朝日新聞からみても厳しいだろう。厳しいと思っていないのか」
  2. 足立康史議員「蓮舫氏はじめ立憲民主の「問い合わせ不可」への異議申し立ての意味等も込めて通告した」
  3. BTS問題で田村淳「忌み嫌う国で何故ライブをしたいと思うのか?僕は徴用工や慰安婦Tシャツを着ない」
  4. 【BTS原爆T問題】津田大介さん「音楽に政治が持ち込まれた」←政治が絡んだという事実なし
  5. 夕刊フジの大スクープ!国民民主・大西健介議員が文科省汚職事件の霞が関ブローカーに国会通行証を貸与
  6. 蓮舫のイジメ質問 事前通告は実質無かった「質問レクなし、問い合わせ不可」の文書が見つかる
  7. 西日本豪雨災害 広島県警が緊迫の警察無線を公開「助けてと声」「入電中の背後で崩れる音」怒号飛び交う
  8. 瑞穂市長「汗で(女子中学生の)ブラウスが透け下着が見えるほどだった」→「セクハラの意図はない!」
  9. NHKが隠蔽か?女性スタッフの風呂に侵入した放送局長を更迭!当初は極めて軽い処分だったことも判明
  10. その揶揄、本末転倒では?防弾少年団「原爆Tシャツ」問題に思うこと




▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com





PAGE TOP