赤旗が自爆記事「近畿財務局内で安倍事案と呼ばれていた」野党のマッチポンプで仕込んだフェイクニュース


赤旗が自爆記事「近畿財務局内で安倍事案と呼ばれていた」野党のマッチポンプで仕込んだフェイクニュース

赤旗のフェイクニュースに釣られる立憲民主くん

日本共産党の機関紙「しんぶん赤旗」は22日の朝刊で、森友学園への国有地売却について「財務省近畿財務局内で、この取引が、「安倍事案」と呼ばれていた」「当初から安倍晋三首相夫妻が関わっていた案件というのは『常識』で、特別な扱いがされた」と、関係者の証言を掲載した。
しかし、この記事は悪質な印象操作を目的に仕込まれたマッチポンプであり、フェイクニュースといっても過言ではない。まず、タイトルからしておかしい。
『近畿財務局内で「安倍事案」/関係者証言 「森友」疑惑発覚 昨年2月以降/首相夫妻関与「常識」』

赤旗が掲載した「安倍事案」とは、森友問題を野党が「首相夫妻が関わっている」と難癖をつけた2月”以降”となっている。昨年の2月以降に「安倍事案」と呼ばれ始めたということは、野党が騒ぐ前は「安倍事案ではなかった」ということになる。
これが真実だというなら、国有地売却に安倍夫妻は関わっていないということになる。

スポンサーリンク

2月以降のことを「売却交渉」に見せかける

昨年の2月以降に「安倍事案」と呼ばれたのは、野党が首相夫妻の関与を根拠なく疑い始めたからである。この「安倍事案」は野党が後付けた造語と言っても差し支えない。時期的に見ても交渉段階でそう呼ばれていたわけではないのだ。
それを、同記事内で「当初から安倍晋三首相夫妻が関わっていた案件というのは『常識』で、特別な扱いがされた」という真偽不明の与太話を付け加え、あたかも国有地売却の交渉が「安倍事案」であったかのような印象操作をしている。
記事の大半が、昨年2月以降に「安倍事案」と呼ばれ始めたこととは関係のない、財務省による文書書き換えの説明で埋められているのも悪質な印象操作だ。

しんぶん赤旗が部数減で窮地に陥っているからといって、このようなフェイクニュースで購読数を伸ばそうとするのは感心できない。いくら党の機関紙とはいえ、新聞社と同じ組織を構え一般に拡散されるメディアであることは否定できないだろう。

関連:日本共産党ついに崩壊か?深刻な資金難で募金活動「供託金が払えない、急を要する」野党共闘崩壊で大打撃

この記事をチップで応援

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

速報!関西生コンが家宅捜索の事実を認める声明を発表!マスコミによる報道自主規制が確定!速報!関西生コンが家宅捜索の事実を認める声明を発表!マスコミによる報道自主規制が確定!

和田政宗議員の指摘は正しかった!→認めたくない共産・須山初美「ご本人に国会で証言してもらう」炎上中





最近の記事

  1. サンモニ・大宅暎子さんが正論「年金問題、民主党政権が知らなかったわけないのに選挙に使おうとしいる、麻生さんをイジメても仕方ない」
  2. 希望の党で当選の小川淳也議員が立憲民主党会派入り、前日には国民民主党・玉木雄一郎を励ます会に出席
  3. 何様?韓国議長の謝罪に鳩山由紀夫「私個人にではあったが日本国民に謝られたのである」←勝手に国民の代表になるな
  4. 政治活動ではなく見世物?蓮舫らが「筆談ホステス」の看板掲げ立憲候補と練り歩く、ボイパのおっくんはエプロン姿に「保育士・気象予報士」のタスキ
  5. テレビ朝日が捏造を隠蔽!タンカー攻撃「安倍総理も米に加担、イランが強く非難」と放送→イラン大使館が否定→捏造部分をカットしてネットに再投稿
  6. 香港出身のアグネス・チャン、故郷の大規模デモを完全にスルー!アメリカでのセレブ生活をブログに連投中
  7. SEALDs元メンバーらが香港のデモに連帯!→駐日中国大使館の厳しさを知らされ抗議を中止、なぜか矛先を香港に変更する
  8. 東京新聞の望月記者、ついに幻聴が聞こえたとして政府を批判「内閣情報調査室が私をマークして調べていると聞こえてきた」←知らんがな・・・
  9. 蓮舫と矛盾?立憲・長妻昭「国民全員が年金だけで生活できるということではない」反町理「えっ!?(政府と)違いがない?」
  10.  2018年10月6日午後6時頃、広田被告は運転するSUVで市内の無職男性(69)をはね、道路下の側溝に転落させたが救護をせず逃走。翌日の7日午後5時37分ごろに側溝に頭を突っ込んでうつぶせになって死亡しているのが見つかった。



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

PAGE TOP