毎日新聞局長がプロの窃盗犯と判明!ガスバーナーでガラスを焼き破るテクニックを駆使!送検・起訴49件


毎日新聞局長がプロの窃盗犯と判明!ガスバーナーでガラスを焼き破るテクニックを駆使!送検・起訴49件

毎日新聞大阪本社で経済部長・論説委員・編集局次長などを努めたフリーライターの藤原規洋被告(公判中)が、毎日新聞在職中から大阪、兵庫、奈良の3府県で空き巣を繰り返していた事件で、兵庫県警などは窃盗や住居侵入など41件の容疑で神戸地検に追送検した。
参考:元毎日新聞幹部を追送検 容疑など計49件 兵庫県警 – 毎日新聞

容疑は起訴済も含め合計で49件にものぼり、完全にプロの窃盗犯であったことがうかがえる。
被告の男は、毎日新聞の幹部社員として在職中も、ガスバーナーを使ってガラス窓を破るというプロの手口を駆使して侵入窃盗を繰り返していたというから驚きだ。
悪質な犯罪を幹部社員が在職中に行っていたことに関して、毎日新聞大阪本社代表室は「誠に遺憾で、おわびします。」という短いコメントのみで、あまり反省しているように見えない。

毎日新聞はもう信用できない

犯行動機は借金返済に充てるためとされているが、毎日新聞の幹部社員であればそれなりの収入はあったはずで、窃盗で稼げる額とリスクを考えるとあまりにも非効率だ。
手口もガスバーナーでガラスを溶かして破るという、素人には到底真似できないような手法である。これを毎日新聞局長が在任中に繰り返していたと思うと、深い闇すら感じてしまう。本人は推理小説などからヒントを得たと供述しているが、社金返済のためならもう少し短絡的な犯行に及びそうなものだが。

現在は定年退職をしているが、毎日新聞局長がガスバーナーを使ってガラスを破り住居に侵入、盗んだキャッシュカードで現金を引き出すという犯行に及んでいたと思うとゾッとする。
毎日新聞の取材に答えるのは危険を伴うので、やめておいたほうがいいですね。住所などが知れたらガスバーナーでガラスを破られて、現金やキャッシュカードを盗まれるかもしれません。

関連:変態五輪金メダリスト!神奈川新聞支社長を盗撮で逮捕、女性宅侵入やトイレに小型カメラ仕込むプロの手口

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

共産党・志位委員長がフェイクニュース!籠池被告の証言を大幅に改変する捏造と妄想を披露共産党・志位委員長がフェイクニュース!籠池被告の証言を大幅に改変する捏造と妄想を披露

カンニング竹山「詐欺罪で拘留されてる人から嘘はいかん!と言われ納得して帰る政治家。おい、マジか!」カンニング竹山「詐欺罪で拘留されてる人から嘘はいかん!と言われ納得して帰る政治家。おい、マジか!」

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP