高須院長の請求棄却を「朗報」と伝える情報速報ドットコム、内容はデタラメでコメント欄は侮辱発言満載


高須院長の請求棄却を「朗報」と伝える情報速報ドットコム、内容はデタラメでコメント欄は差別発言満載

希望の党の大西健介議員に名誉を棄損されたとして、医療法人「高須クリニック」が同議員と当時所属していた民進党に計1千万円の損害賠償を求めていた訴訟で、東京地裁は23日、請求を棄却した。
参考:高須クリニック側が敗訴-ロイター

このニュースを、情報サイト「情報速報ドットコム」では【朗報】として伝えいる。
【朗報】高須クリニックの名誉毀損裁判、東京地裁で敗訴!民進党議員を訴える | 情報速報ドットコム
タイトルが失礼なうえ、内容もデタラメ。
今回の判決で裁判長は、「公務員の職務行為について、公務員個人は責任を負わない」とした1955年の最高裁判決を引用し損害賠償の請求を棄却している。名誉棄損については「社会的評価を低下させるものではない」としているが、高須院長が受けた精神的苦痛の部分は汲み取られていない。

スポンサーリンク

訴訟までの経緯を無視した内容

まず、この情報速報ドットコムは大西健介議員の所属政党を間違っている。同議員は希望の党所属であり、現在は民進党ではない。この場合は「当時」を付けて記述しなければならないのだが、そういった基本的なことすら理解せず、他社ニュースを右から左へ流すだけの簡単なお仕事をしているのだ。

また、高須院長が訴訟を起こした理由も全く理解していない。
最も重要なことは、高須委員長の亡くなった夫人が40年前に作ったキャッチコピー「自分を楽しんでいますか?イエス高須クリニック!」を、悪徳美容クリニックを揶揄する際に使われ、陳腐とまでいわれた部分である。

しかし、国会での発言で議員の責任は問われないという判例の壁が今回も適用され、すべての請求が棄却されたのだ。それをあたかも、高須院長が間違った主張をしていたかのようなタイトル付けには悪意しか感じないし【朗報】とは、大西議員と民進党が被害者だという印象操作をする目的も疑われる。

この、情報速報ドットコムは過去にも「政府が毒ガス使用容認を閣議決定」「加計孝太郎は自民党岡山県支部の代表者」「加戸前知事の証言は嘘」などと捏造とデマ拡散を繰り返している。福島瑞穂ら野党議員がこのサイトを頻繁に拡散し、管理人は自由党の地方支部でも講演を行っているようだが、客観性を失った政治的スタンスで訴訟問題を記事にするのは危険だと認識するべき。

コメント欄も見るに堪えない院長への侮辱が多数寄せられているようだが、自身に文責がある記事に第三者のコメントを垂れ流しておくのはやめておいた方がいいだろう。

関連:デマ!福島瑞穂「政府が毒ガス使用容認を閣議決定」捏造記事を拡散
関連:デマ!「加計孝太郎は自民党岡山県支部の代表者」は情報速報ドットコムの捏造
関連:「加戸前知事の証言は嘘?」は情報速報ドットコムの捏造と判明!検証結果を晒しておく

この記事をチップで応援

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

警視庁が謝罪「猥褻犯は星野源に似た男」無言で女子生徒のスカートをまくり上げる事案で不適切なメール警視庁「猥褻犯は星野源に似た男」無言で女子生徒のスカートをまくり上げる事案、不適切メール配信で謝罪

安倍のライバルw黒川敦彦「選挙運動に関わる会計帳簿」を記載していない模様!現在、必死に誤魔化し中これは酷い!黒川敦彦がヘイポー謝罪文みたいな反省文を公開「逆効果であり誤解を招くとやっと理解した」




全文転載厳禁→引用ルール

最近の記事

  1. 新事実発覚!CBCテレビ報道部公式「報ステ富川アナ気持ち悪い」「ネトウヨが静かね。」←これにいいねしたヤツが和田政宗氏を中傷?
  2. CBCテレビ報道局が和田正宗氏への中傷投稿を釈明「ツイッター乗っ取られた」と言わんばかり「報道部員が投稿した形跡はない」
  3. CBC報道局ツイッターが和田政宗候補にクソリプ「ちょっと小突かれただけ、大げさというより売名行為」選挙活動中の暴行被害を揶揄
  4. 共産党の選挙カーが一般車に追突、女性2人が緊急搬送!共産党「候補者は乗車していません」←それは関係ない
  5. 【動画】東京新聞・望月記者がフェイクニュース「辺野古赤土投入」を事実として質問、官邸が再発防止要請
  6. 金平茂紀、朝日新聞のハンセン病家族訴訟の誤報に「この記事が控訴断念のひとつの要因でしょう」←大嘘、朝刊より先にNHKが「断念」と報道
  7. 女性候補は容姿で選ぶ?立憲・福山哲郎幹事長「自民公明維新みんな男、誰が誰だか分からない」←性差別発言では?
  8. 共産党公式アカ「党名変えてうまくいった政党ある?」安倍首相の「民主党の枝野さん」に怒る枝野代表に嫌味?
  9. 立憲民主党の候補(元朝日新聞記者)が朝日新聞の誤報で政権批判、指摘を受けても絶対に謝らない立憲スタイル
  10. 朝日新聞が朝刊一面で大誤報「ハンセン病家族訴訟、控訴へ」→政府は控訴断念、安倍首相「ご家族のご苦労を長引かせるわけにはいかない」



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

PAGE TOP