やっぱり始まった「安倍が新潟県知事選でムサシを!ぐぬぬ・・・」野党候補支持者が定番のデマを垂れ流す

政治・社会

やっぱり始まった「安倍が新潟県知事選でムサシを!ぐぬぬ・・・」野党候補支持者が定番のデマを垂れ流す

株式会社ムサシ テラックCRS-VAカタログより

新潟県知事選(6月10日投開票)でデマが流れされている。
最早定番となったデマ「選挙システムのムサシが不正集計をする」というもの。少しでも選挙に関係したことがあればすぐに「デマ」と断定できるが、今回もこれを信じてしまう人がでてきたようだ。

戦争憲法改ざん捏造を達成するために、戦争日本会議自民党安倍晋三は、独裁権力を維持すると、がために、選挙はすべてを安倍晋三記念不正選挙マシンムサシをなりふり構わずに利用してるらしい、新潟知事選にも利用するらしいぞ!各選挙管理委員会やムサシ株式会社社員が、安倍晋三の仲間らしいぞ!
やっぱり始まった「新潟県知事選で安倍がムサシを!ぐぬぬ・・・」野党候補支持者が定番のデマを垂れ流す

この投稿以外にも野党候補支持者らの間で同様の「ムサシデマ」が散見される。

検証するまでもなく否定されているデマ

一般的に「ムサシ」と呼ばれる機械の正式名称は「テラック」と呼ばれるもので、選別や表裏向き揃えができる高度なものから、紙幣カウンターと同じ計数機能だけの簡素なモデルが複数存在する。
選挙機器 | 投票用紙計数機 投票用紙交付機|株式会社ムサシ

どう考えても、鉛筆書きの文字を遊離させて別候補の名前に変換して再付着させることが出来るような代物ではない。そもそも、そのような機能があったとしても選挙ごとに候補者が変わるので納品後に設定を変えることが極めて困難である。

選挙の開票は原則公開されており、立会人が監視するだけでなくマスコミ関係者が速報を打つために手元や集計状況を注視しているので不正ができない。

このデマは主に、野党が負けた選挙で流される。
しかし、このデマは与党関係者ではなく野党関係者が強く否定することが多い。こんな稚拙なデマで人生を賭けた選挙を汚して欲しくないだろうし、なによりも有権者からの評判を落とすだけだからだ。
日本共産党の片柳進市議(川崎)も立会人の話を聞いた結果を公表している。

続けて、「不正選挙」というデマについて。
開票立会人をした、という方から以下のような話をうかがいました。どこからどうみても大規模な「不正」が成り立つ余地はありえません(「集計ミス」「投票用紙の渡し間違え」などはありうると思いますが)。

*…

片柳 進さんの投稿 2016年7月10日(日)

※追記 宮本岳志衆院議員もこの件に言及し否定している

時々、「ムサシ」という選挙の不正集計機械のことを書いてくる人がいるが、万一、そのような大がかりな犯罪が行われているのが事実なら、証拠を示して刑事告発すべきであろう。

ぜひ、そのような証拠、検証可能な事実を握っている方がいたら、刑事告発して…

宮本たけしさんの投稿 2018年5月30日(水)

選挙区によって機械や集計手順に差があるが、開票に関わった人物や選挙取材の経験がある記者は一様にデマだと断定している。
また、このようなデマで負け惜しみの準備をしても票は伸びないことは候補者が一番よく分かっているので、迷惑をかけたくなければデマを拡散はしないことだ。

関連:日本一早い公選法違反!共産党が来年夏の参院選選挙活動を開始、小池晃が吉良よし子の再選を呼び掛ける

皆様の支援が必要です KSL-Live!からのお願い

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細

【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

OFUSEで支援する

このサイトをフォローしよう