日本一早い公選法違反!共産党が来年夏の参院選選挙活動を開始、小池晃が吉良よし子の再選を呼び掛ける


日本一早い公選法違反!共産党が来年夏の参院選選挙活動を開始、小池晃が吉良よし子の再選を呼び掛ける

2019年7月に予定される参議院総選挙に向けて、早くも日本共産党が選挙運動を開始している。無論、公職選挙法違反である。

次の参議院選挙は、2019年7月28日の任期満了日の30日前以内に行われる。
通常は選挙期間は17日間だが公示日程は現在未定、来年の6月下旬から7月初旬にかけて公示されるものと思われるが、それまでの選挙運動は事前運動として禁止されている。

スポンサーリンク

捕まらなければ違反する共産党

公職の選挙において、事前に準備をしたり予定候補として出馬の意思を示すことは問題ないが、選挙運動となると話は別だ。選挙運動の定義は、一般的に以下のようなもの、

「特定の選挙について、特定の候補者の当選を得又は得しめるために、選挙人に働きかける行為」

これを小池晃書記局長の投稿にあてはめてみる。


来年の参院選・比例代表選挙で
(特定の選挙)
日本共産党を躍進させ、東京選挙区で吉良よし子参院議員
特定の候補者)
再選を!
(当選を得又は得しめるために、選挙人に働きかける行為)

アウトですね。
だが、これで捕まることはない。ほとんどの選挙違反は、その当該選挙の直前や期間中に注意や警告が行われるだけで警察は捜査も逮捕もしない。一歩間違えれば政治弾圧になりかねないので、よほど悪質で目立った一部の候補者を選挙後に逮捕や送検するのが限界なのである。
また、選挙中の警察人員も明らかに不足しており、同一選挙区内で複数の違反が行われた場合に、重要度の高い方を優先的に着手している節もある。(警察は絶対に認めないが)

有名な例として、2016年の参院選で、社民党公認候補の増山麗奈が駅のホームで演説やパフォーマンスを行ったが逮捕されていない。これは同じ東京選挙区で別の候補がタレントのテレンス・リーに応援報酬を支払った事件の捜査対応が優先されたためと思われる。
参考:社民党増山れな候補が駅ホームで演説、公職選挙法違反の可能性
この時、筆者は警視庁捜査第二課にこの件で電話取材中であったが、事実確認のために捜査員を現場に急行させる支持が電話の向こうで飛び交っていたのを記憶している。後日、警視庁捜査第二課に追加で取材した際にも、通常は「お答えできない」という決まり文句だが、その際は「捜査している」と断言していたので、テレンス・リーの件が本格的になるまでは、こちらを重要視していたのだろう。

事前運動と言えば日本共産党が年中行っているのだが、どう考えても警察は共産党に甘い。共産党側も居直っている状態で、やりたい放題である。
そろそろ歯止めをかけるべきではないだろうか?

関連:共産党・池内さおり議員が公選法違反か?公示前に名入りタスキで街宣活動、志位委員長も選挙戦と認める
関連:黒川敦彦氏が公選法違反?選挙応援動員に金銭支払い告知、補助名目でも実費弁償ではない可能性→削除逃亡

←公式フェイスブックページ

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

山本太郎後援会が中傷投稿「妖怪女、小野田紀美議員」国会前デモに疑問を呈したことに対する報復投稿か?山本太郎後援会が中傷投稿「妖怪女、小野田紀美議員」国会前デモに疑問を呈したことに対する報復投稿か?

野党爆破!金子恵美「初鹿セクハラ議員っていましたよね?」#Metoo祭りの喪服議員がお通夜状態に野党が沈黙!金子恵美「初鹿セクハラ議員っていましたよね?」#Metoo祭りの喪服議員がお通夜状態に





最近の記事

  1. 基地関係ない?元今帰仁漁協組合長「戦前から漁業やってるがジュゴン見たことない」ダイナマイト漁で激減
  2. 共産党地区委員長「君が代が嫌いなので歌いません」批判リプにも態度最悪「いい影響あるかもしれねーよ」
  3. 小西ひろゆき議員、また首相に暴言「馬鹿や恥知らずの次元ではない。狂人のレベルだ」堂々ヘイトスピーチ
  4. 足立康史議員が国会で「NHKディレクターが共産党系団体で講演」→共産党議員「国会から退場いただく」
  5. 立憲民主議員、ジュゴンの死因に「工事の影響とは認めない可能性が」←だって辺野古とは反対側の海だから
  6. 破産者マップが閉鎖、運営者の言い訳が破綻していると話題に!開示請求や損害賠償請求など問題は山積
  7. 人気ユーチューバーの小西洋之さん、安倍首相を「狂人のレベル」と中傷する投稿、防大卒業式の訓示に難癖
  8. 山本太郎「金の臭いを巧みに嗅ぎ分けるMr清少納言、竹中平蔵」→足立康史「私がやったら即、懲罰動議」
  9. 立憲民主党公認候補「自衛隊は遠い国に行き人を殺せるようになりつつある、人を救う集団に戻しましょう」
  10. 朝日新聞・高橋純子、野党議員を野糞に例え「野に在りて振り絞るもの」官僚には「公僕が勘違いしている」



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com





PAGE TOP