毎日新聞「くその症状、謝ったら死ぬ病、原因と処方箋を探る」立川談四楼の与太話を掲載

マスコミ・報道

毎日新聞「くその症状、謝ったら死ぬ病、原因と処方箋を探る」立川談四楼の与太話を掲載

毎日新聞総合デジタル取材センター(@mainichi_dmnd)の投稿に目を疑った。
「くその症状は、すぐ謝れば解決する」

括弧“<"の位置・・・
それはいいとして、引用されている毎日新聞の記事「特集ワイド:「謝ったら死ぬ病」まん延? 政界・スポーツ界に今……」が気になる。

自分のことを棚に上げる毎日新聞

書き出しから寒い。

 政界やスポーツ界に新たな病がまん延しているらしい。その名は「謝ったら死ぬ病」。自らの非を認めたら、その瞬間に死が訪れると信じているような「病」の原因と処方箋を探った。

この寒い書き出しから始まる記事、どうせ政権批判につながるのだろうと予想できるが、やっぱりそうだった。アイツの与太話が出てくる。

 誰がこの病にかかっているのか? 落語家、立川談四楼さんに尋ねると、すぐさま安倍晋三首相と麻生太郎財務相の名を挙げた。

立川談四楼・・・
クスッとも笑えない政権批判をツイッターに連投する落語家だ。
談四楼に続いて「謝罪マスター竹中功」「精神科医の名越康文」のコメントが掲載されているのだが、この人たちのアドバイスを受けるべきは毎日新聞である。

ネットでは、謝ったら死ぬ病気の重症患者は「大手マスコミ」というのが定説なんですけど。

関連:毎日新聞の捏造発覚!「ツイッターでヘリ墜落被害家族への罵倒があふれた」実際は朝日新聞とヤフーの問題


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込

【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

このサイトを支援する

このサイトをフォローしよう