毎日新聞「くその症状、謝ったら死ぬ病、原因と処方箋を探る」立川談四楼の与太話を掲載


毎日新聞「くその症状、謝ったら死ぬ病、原因と処方箋を探る」立川談四楼の与太話を掲載

毎日新聞総合デジタル取材センター(@mainichi_dmnd)の投稿に目を疑った。
「くその症状は、すぐ謝れば解決する」

括弧“<”の位置・・・
それはいいとして、引用されている毎日新聞の記事「特集ワイド:「謝ったら死ぬ病」まん延? 政界・スポーツ界に今……」が気になる。

スポンサーリンク

自分のことを棚に上げる毎日新聞

書き出しから寒い。

 政界やスポーツ界に新たな病がまん延しているらしい。その名は「謝ったら死ぬ病」。自らの非を認めたら、その瞬間に死が訪れると信じているような「病」の原因と処方箋を探った。

この寒い書き出しから始まる記事、どうせ政権批判につながるのだろうと予想できるが、やっぱりそうだった。アイツの与太話が出てくる。

 誰がこの病にかかっているのか? 落語家、立川談四楼さんに尋ねると、すぐさま安倍晋三首相と麻生太郎財務相の名を挙げた。

立川談四楼・・・
クスッとも笑えない政権批判をツイッターに連投する落語家だ。
談四楼に続いて「謝罪マスター竹中功」「精神科医の名越康文」のコメントが掲載されているのだが、この人たちのアドバイスを受けるべきは毎日新聞である。

ネットでは、謝ったら死ぬ病気の重症患者は「大手マスコミ」というのが定説なんですけど。

関連:毎日新聞の捏造発覚!「ツイッターでヘリ墜落被害家族への罵倒があふれた」実際は朝日新聞とヤフーの問題

【引用前に必ず確認してください】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

やっぱり始まった「安倍が新潟県知事選でムサシを!ぐぬぬ・・・」野党候補支持者が定番のデマを垂れ流すやっぱり始まった「安倍が新潟県知事選でムサシを!ぐぬぬ・・・」野党候補支持者が定番のデマを垂れ流す

「出て行けよ!」暴言の民進党・桜井充議員、自分で山本大臣を要求していたことが判明国民民主党のブラック労働で桜井充議員が五月病か?「休む暇がありません」←18連休取ったからな





最近の記事

  1. 【NHK】原資は受信料「離婚した妻への養育費に」単身赴任手当524万円を騙し取った副部長を懲戒免職
  2. 【沖縄】三宅洋平が暴言「プロパガンダで辺野古NO!とか言ってるおめでてーのがのがいるなら俺が●す」
  3. サムスンが「Supreme」とコラボを発表→偽ブランドでした!米国本家からのツッコミで発覚も無視
  4. 日本体操協会の欺瞞!塚原夫妻の処分解除に高須院長「感じさせてしまったらパワハラだと思うのですが」
  5. 読売新聞の渡辺恒雄主筆「死亡説を流されたから来たんだよ」原監督の殿堂入りパーティーに登場
  6. 長島昭久議員が朝日新聞に「フェイクニュースの典型ですね、いったい何を取材しているのでしょうか?」
  7. ソフトバンクもファーウェイ・ZTE排除に同調、5G基地局などに中国製使わない方針、一般向け製品は?
  8. 立憲民主議員「韓国に怒ってる!韓国製品買わないK-pop聞かない」有田芳生「しかるべき部署に連絡」
  9. 立憲民主党・杉尾秀哉議員が「民放九条の会」で講演←民間放送で働くスタッフが改憲に反対して結成
  10. 有田芳生さん与党議員を「外人部隊」と誹謗しておいて蓮舫へのヤジ「二重国籍」はNGのダブスタ!



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com





PAGE TOP