新潟県知事選「ニュース23膳場貴子が池田ちかこ候補の街宣に駆け付けた」←社民党県連代表の捏造でした


新潟県知事選「ニュース23膳場貴子が池田ちかこ候補の街宣に駆け付けた」社民党県連代表のデマでした

牧田正樹上越市議会議員フェイスブックより

新潟県知事選で池田ちかこ候補を推薦した社民党新潟県連代表の小山芳元県議は6日、池田候補の街宣にTBS専属契約の膳場貴子アナウンサーが駆け付けたとツイッターに投稿している。

【膳場貴子さんも】県知事選も終盤。池田ちかこ候補が最後の上越街宣、かに池交差点で街頭演説会を行いました。NEWS23のメインキャスターを務める「膳場貴子さん」がが駆け付けました。膳場アナの来越は、安倍退陣のきっかけとなりうる全国注視の選挙戦であることを、改めて印象付けました。(原文ママ)

民放で報道番組を担当する膳場貴子氏が特定候補の応援に駆け付けるとは考えにくい。実際の現場の様子を投稿している方の写真を確認すると、これは「駆け付けた」のではなく、TBS報道特集の取材であることが判明した。

写真の加工で取材風景をカット

膳場貴子氏はニュース23のキャスターを3月で降板し、4月からは報道特集を担当している。今回はその報道特集6月9日放送の取材で池田ちかこ候補のインタビューをしているだけ。応援に駆け付けたわけではない。誰がどう見ても“取材”である。

報道特集〜膳場貴子さん 来越

今日は、県知事候補「池田ちかこ」に密着取材です。なんか輝いている人がいると思ったら、膳場貴子さんでした。

牧田 正樹さんの投稿 2018年6月7日(木)

これを小山県議は「駆け付けた」と応援に来たかのようにツイッターに投稿しているのだ。同県議のフェイスブックアカウントでは、やはり「駆け付けた」としながら「応援か取材かは分かりませんが」と書いている。しかし、添付された写真ではカメラマンや音声の姿が切り取られ、あたかも個人的に対話しているかのように細工がされている。
2枚目の写真などは明らかに拡大され画質が低下、左右を切っているので縦横の比率も変化している。

【膳場貴子さんも駆け付ける】
県知事選も終盤。池田ちかこ候補が最後の上越街宣、かに池交差点で街頭演説会を行いました。

NEWS23のメインキャスターを務めていた「膳場貴子さん」が駆け付けました。

応援か取材かは分かりませんが、膳場アナの来越は、安倍退陣のきっかけとなりうる全国注視の選挙戦であることを、改めて印象付けました。

小山 芳元さんの投稿 2018年6月6日(水)

追記 指摘を受けて文章を改ざん、編集履歴あり
新潟県知事選「ニュース23膳場貴子が池田ちかこ候補の街宣に駆け付けた」←社民党県連代表の捏造でした

おそらく、与党が推す花角英世候補の取材も行われるのだろう。さすがに民放テレビが投票日前日に特定候補だけの特集を組むはずがない。もしそれをやったら放送法に抵触してしまう。

当サイトでは小山県議に事実確認のリプライを行ったが、いまのところ返信はない。
社民党新潟県連代表という要職にある小山県議が、故意に「膳場貴子が応援している」という誤った情報を発信していたのなら、これは公正な選挙を害する行為である。

関連:大袈裟太郎が新潟知事選で悪質印象操作「花角候補は辺野古の抗議船船長不審死の直後に海保次長になった」
関連:新潟県知事選で悪質な中傷!花角候補を「暴力団幹部ナンバー2だった」と投稿、虚偽事項公表で通報相次ぐ

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

大袈裟太郎が新潟知事選で悪質印象操作「花角候補は辺野古の抗議船船長不審死の直後に海保次長になった」大袈裟太郎が新潟知事選で悪質印象操作「花角候補は辺野古の抗議船船長不審死の直後に海保次長になった」

新潟県知事選、湯川れい子「池田ちかこさんを応援します。今日も福島では作業員が死んでいます。」えっ?新潟県知事選、湯川れい子「池田ちかこさんを応援します。今日も福島では作業員が死んでいます。」えっ?

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP