反安倍無罪?ブロック塀倒壊女児死亡現場の悪質コラを作ったkinokuniyanetがアカウント削除


反安倍無罪?ブロック塀倒壊女児死亡現場の悪質コラを作ったkinokuniyanetがアカウント削除
大阪北部地震の悪質なコラ画像を作ったツイッターアカウント@kinokuniyanetがアカウントを削除して逃亡。同アカウントは、小学4年女児が犠牲となったブロック塀倒壊現場に献花し手を合わせる安倍首相の手に箸、ズボンのポケットにゴマしゃぶのタレ、献花台にはしゃぶしゃぶの鍋をコラージュ加工してツイッターに投稿し多くの批判を浴びていた。
(投稿された悪質コラ画像)
反安倍無罪?ブロック塀倒壊女児死亡現場の悪質コラを作ったkinokuniyanetがアカウント削除
※書店を展開する紀伊国屋とは関係ありません

スポンサーリンク

暴走する反安倍無罪

@kinokuniyanetは、反安倍を標榜するユーザーを中心に人気のあったアカウント。コラ画像を作成することを得意としており、過去にはコラ画像の作り方をツイッターで解説していたこともある。
問題となった悪質コラ画像は、21日に安倍首相が大阪北部地震の被害状況を視察した際、松井一郎大阪府知事とともに倒壊現場に献花して黙とうする様子の写真を加工している。元の画像は静岡新聞アットエスに掲載されたものと思われる。
反安倍無罪?ブロック塀倒壊女児死亡現場の悪質コラを作ったkinokuniyanetがアカウント削除
出典:首相、学校の安全確保に決意 塀倒壊現場で犠牲女児へ献花|静岡新聞アットエス

ここ数年、過激化する反安倍表現を巡っては、首相の首(マスク)をブルドーザーに轢かせたり、ヒトラーを見立てたコラ画像などが問題視されてきたが、一向に止む気配がない。今回は保守系のアカウントが一斉に非難の声を挙げたが、それに対して@kinokuniyanetは挑発で返す悪態をついており「反安倍無罪」が常態化しているようだった。
反安倍無罪?ブロック塀倒壊女児死亡現場の悪質コラを作ったkinokuniyanetがアカウント削除

反安倍無罪という考えも問題であるが、犠牲になった女児への思いが失われていることが「安倍憎し」の恐ろしいところだ。往々にして@kinokuniyanetのようなアカウントは、しれっと別アカウントを作って復活する。その時に仲間内がどのような対応をするかが見ものである。

続報→復活! @kinokuniyanet 「業者右翼と野間一派のせい」ブロック塀倒壊現場コラの反省なし

関連:大阪地震「朝鮮人が井戸に毒」デマを流すアカウント、ツイート履歴から見えてきた意外な意図
関連:テレビ朝日がカーリング人気に便乗→安倍批判のコラ動画放送!の、つもりがルールを知らず安倍勝利動画に

←公式フェイスブックページ

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

バーガーキング炎上!ロシアW杯「スター選手の子を妊娠したら賞金とバーガー一生無料」の広告に非難殺到バーガーキング炎上!ロシアW杯「スター選手の子を妊娠したら賞金とバーガー一生無料」の広告に非難殺到

朝日新聞記者「産経新聞にそっち系の広告がw」←ネットの閲覧履歴から表示されるエロ広告ですよねぇ?朝日新聞記者「産経新聞にそっち系の広告が」←あなたの閲覧履歴から選択表示されるエロ広告ですよねぇ?





最近の記事

  1. 東京新聞の望月衣塑子さん、官房長官会見から「記者クラブ」に関する発言部分をカットした動画を拡散!
  2. 小池晃議員がユーチューバーに!→足立康史議員「破防法監視対象No.2、とうとうタマキンの仲間入り」
  3. 大阪w選挙でフェイクニュース「小西候補が背を向けて頬杖をつく」←フリップを覗き込んだ瞬間を切り取り
  4. NGT山口真帆さんがついに暴露!運営の会見中「私は松村匠取締役に1月10日の謝罪を要求されました」
  5. イチロー引退でアベガー!の理由→WBCで韓国が激怒した発言「30年間日本に勝てないと思わせてやる」
  6. 基地関係ない?元今帰仁漁協組合長「戦前から漁業やってるがジュゴン見たことない」ダイナマイト漁で激減
  7. 共産党地区委員長「君が代が嫌いなので歌いません」批判リプにも態度最悪「いい影響あるかもしれねーよ」
  8. 小西ひろゆき議員、また首相に暴言「馬鹿や恥知らずの次元ではない。狂人のレベルだ」堂々ヘイトスピーチ
  9. 足立康史議員が国会で「NHKディレクターが共産党系団体で講演」→共産党議員「国会から退場いただく」
  10. 立憲民主議員、ジュゴンの死因に「工事の影響とは認めない可能性が」←だって辺野古とは反対側の海だから



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com





PAGE TOP