TBSが証拠動画を隠蔽し報道せず「警察官による男性制圧死事件」坂本弁護士一家殺害事件の反省なし


TBSが証拠動画を隠蔽し報道せず「警察官による男性制圧死事件」坂本弁護士一家殺害事件の反省なし

2013年に鹿児島県で男性会社員が警察官に取り押さえられた際、胸部などを圧迫され同日夜に低酸素脳症で死亡した事件で、TBSが密着番組収録中に一部始終を撮影していたにもかかわらず報道せず、警察から映像を押収されたことにも抗議していなかったことが判明した。
この一連の問題に対し、TBSと関係の深い毎日新聞では、遺族の声だけでなく識者らの辛辣な評価と見解も含めて記事で批判している。

遺族「報道して真相を明らかに」
 遺族側が問題視しているのは、この映像が放送されなかったことだ。男性の父親(80)は取材にこう訴える。「息子が命を奪われた現場に、テレビのスタッフがいたと知って驚いた。警察官が人を死なせてしまったのに、なぜその映像を報道しないのか。報道で真相を明らかにしてほしかった」

 遺族の代理人弁護士は「警官の制圧と死亡の因果関係や、結果を回避できたかどうかを判断する上で、映像は大きな支えになる」と言う。
出典:鹿児島・警官取り押さえ男性死亡:警察官による制圧死 撮影したTBS、映像を放送せず – 毎日新聞

スポンサーリンク

オウム事件の反省なしか?

制作した番組「密着警察24時」内での放送を控えたのは理解できるが、男性が死亡していることからして、その後の報道で映像を使うかTBSで映像を抑えていることを報じるべき事案である。
低予算で視聴率が稼げる警察密着番組を継続するために、警察関係者に忖度したのは間違いなく、その報道姿勢はきびしく糾弾されるものだ。

TBSでは1989年にオウム真理教を批判する坂本堤弁護士の映像を教団幹部に提供し、坂本弁護士一家殺害事件の発端を作った過去がある。この事件でTBSは「報道人が守るべきもの」に関して考え直し猛省をしたはずなのだが、今回は警察権力による映像押収を許し抗議すらしていない体たらく。
被害者遺族は検察からTBSの映像を見せられているが、その際に男性の「助けて」「死ぬ、死ぬ」といった声をレコーダーに録音し民事訴訟に提出している。TBSが隠蔽せず事件発生時から正しく報じていれば、現場スタッフの見た状況などが裁判に影響した可能性は極めて高い。

筑紫哲也氏はオウム事件の際「TBSは死んだ」と同局の報道番組冒頭で発言したが、TBSの体質は全く変わることなく今に至っているようだ。

関連:TBS報道特集「働き方改革」放送直後にブラック労働!労基法違反で是正勧告される
関連:速報!「何かがおかしくなっている」TBS系黒岩亜純記者が削除逃亡!世耕大臣「誠意の欠片も感じない」

【活動の支援をお願いします】

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

デマ検証→「BBC制作の伊藤詩織『日本の秘められた恥』がYoutubeから削除されるこの国の異常」デマ検証→「BBC制作の伊藤詩織『日本の秘められた恥』がYoutubeから削除されるこの国の異常」

立憲民主・辻元清美が豪雨災害対応中の不信任案提出を画策「一番嫌なときに出さないと気が済まない」立憲民主・辻元清美が豪雨災害対応中の不信任案提出を画策「一番嫌なときに出さないと気が済まない」





最近の記事

  1. 琉球新報「抗議の市民を警備員がネットで囲い込んだ!」沖縄タイムス「人権侵害だ!」←安全防護柵に自分から突入しただけでした
  2. 立憲・枝野代表「天皇陛下が2階席でトランプが升席なのは陛下に失礼」←2階貴賓席を格安シートだと思ってる枝野さんが失礼
  3. 立憲民主党の田島麻衣子さん、公選法違反のタスキにモザイク処理してSNS投稿「ギリギリセーフ」とでも思ったのか?
  4. 香山リカさんの遠隔診断、丸山議員の適応障害に「国会議員なら対応すべき範囲内」→荻上チキさん「直接診断したわけではない精神科医が、怖い」
  5. 退位礼正殿の儀「願って『い』ません」首相の漢字読み間違いは誤報!官邸が反論「当該部分は、ひらがな」
  6. ファーウェイ製品ついにmicroSDも使えなくなる!さらにAmazonでは「OSに重大な懸念が発生」と表示され購入できない商品も
  7. 【むき出しの好奇心】立憲民主党が山尾志桜里の処分を検討、倉持弁護士との無断ロサンゼルス出張を認める
  8. 沖縄県が春と秋の叙勲で推薦書未提出、2名の受賞機会喪失!玉城知事は発覚後も公表せず補選で大はしゃぎ
  9. 【パワハラ動画】山本太郎が国会審議中に官僚を恫喝!答弁に激高し「何分使ってる!国会で説明されたことあんのかって!」
  10. 立憲民主党・山崎議員が不適切投稿「自衛隊を海外に派遣に総理を含む議員5名がくじ引きで最前線に同行、警護しない」削除して謝罪



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

PAGE TOP