TBSが証拠動画を隠蔽し報道せず「警察官による男性制圧死事件」坂本弁護士一家殺害事件の反省なし


TBSが証拠動画を隠蔽し報道せず「警察官による男性制圧死事件」坂本弁護士一家殺害事件の反省なし

2013年に鹿児島県で男性会社員が警察官に取り押さえられた際、胸部などを圧迫され同日夜に低酸素脳症で死亡した事件で、TBSが密着番組収録中に一部始終を撮影していたにもかかわらず報道せず、警察から映像を押収されたことにも抗議していなかったことが判明した。
この一連の問題に対し、TBSと関係の深い毎日新聞では、遺族の声だけでなく識者らの辛辣な評価と見解も含めて記事で批判している。

遺族「報道して真相を明らかに」
 遺族側が問題視しているのは、この映像が放送されなかったことだ。男性の父親(80)は取材にこう訴える。「息子が命を奪われた現場に、テレビのスタッフがいたと知って驚いた。警察官が人を死なせてしまったのに、なぜその映像を報道しないのか。報道で真相を明らかにしてほしかった」

 遺族の代理人弁護士は「警官の制圧と死亡の因果関係や、結果を回避できたかどうかを判断する上で、映像は大きな支えになる」と言う。
出典:鹿児島・警官取り押さえ男性死亡:警察官による制圧死 撮影したTBS、映像を放送せず – 毎日新聞

スポンサーリンク

オウム事件の反省なしか?

制作した番組「密着警察24時」内での放送を控えたのは理解できるが、男性が死亡していることからして、その後の報道で映像を使うかTBSで映像を抑えていることを報じるべき事案である。
低予算で視聴率が稼げる警察密着番組を継続するために、警察関係者に忖度したのは間違いなく、その報道姿勢はきびしく糾弾されるものだ。

TBSでは1989年にオウム真理教を批判する坂本堤弁護士の映像を教団幹部に提供し、坂本弁護士一家殺害事件の発端を作った過去がある。この事件でTBSは「報道人が守るべきもの」に関して考え直し猛省をしたはずなのだが、今回は警察権力による映像押収を許し抗議すらしていない体たらく。
被害者遺族は検察からTBSの映像を見せられているが、その際に男性の「助けて」「死ぬ、死ぬ」といった声をレコーダーに録音し民事訴訟に提出している。TBSが隠蔽せず事件発生時から正しく報じていれば、現場スタッフの見た状況などが裁判に影響した可能性は極めて高い。

筑紫哲也氏はオウム事件の際「TBSは死んだ」と同局の報道番組冒頭で発言したが、TBSの体質は全く変わることなく今に至っているようだ。

関連:TBS報道特集「働き方改革」放送直後にブラック労働!労基法違反で是正勧告される
関連:速報!「何かがおかしくなっている」TBS系黒岩亜純記者が削除逃亡!世耕大臣「誠意の欠片も感じない」

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。


KSL公式番組!時事問題・ニュース

通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス

【引用方法】

引用は25%程度まで「続きは以下へ」のURLリンク必須、まとめサイトも同条件、差別的なコメントを集める目的での引用禁止、動画での転載お断り

上記範囲外での利用料金

デマ検証→「BBC制作の伊藤詩織『日本の秘められた恥』がYoutubeから削除されるこの国の異常」デマ検証→「BBC制作の伊藤詩織『日本の秘められた恥』がYoutubeから削除されるこの国の異常」

立憲民主・辻元清美が豪雨災害対応中の不信任案提出を画策「一番嫌なときに出さないと気が済まない」立憲民主・辻元清美が豪雨災害対応中の不信任案提出を画策「一番嫌なときに出さないと気が済まない」

KSL-Live!ツイキャス



最近の記事

  1. 足立康史議員「蓮舫氏はじめ立憲民主の「問い合わせ不可」への異議申し立ての意味等も込めて通告した」
  2. BTS問題で田村淳「忌み嫌う国で何故ライブをしたいと思うのか?僕は徴用工や慰安婦Tシャツを着ない」
  3. 【BTS原爆T問題】津田大介さん「音楽に政治が持ち込まれた」←政治が絡んだという事実なし
  4. 夕刊フジの大スクープ!国民民主・大西健介議員が文科省汚職事件の霞が関ブローカーに国会通行証を貸与
  5. 蓮舫のイジメ質問 事前通告は実質無かった「質問レクなし、問い合わせ不可」の文書が見つかる
  6. 西日本豪雨災害 広島県警が緊迫の警察無線を公開「助けてと声」「入電中の背後で崩れる音」怒号飛び交う
  7. 瑞穂市長「汗で(女子中学生の)ブラウスが透け下着が見えるほどだった」→「セクハラの意図はない!」
  8. NHKが隠蔽か?女性スタッフの風呂に侵入した放送局長を更迭!当初は極めて軽い処分だったことも判明
  9. その揶揄、本末転倒では?防弾少年団「原爆Tシャツ」問題に思うこと
  10. 麻生大臣に無知を指摘された立憲民主・川内博史「私もあえて分かったうえで聞いている」全力で負け惜しみ




▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP