共産党・宮本岳志「思う存分談合してもらいたい!」タイ洞窟救出ダイバー死亡で日本のゼネコンを名指し


共産・宮本岳志「よろしい!動かぬ証拠を突きつけてお見せしよう!」財務省書き換え問題で麻生大臣を挑発

タイの洞窟で少年らが取り残されている問題で、救出作業を支援していたダイバーの男性が死亡する事故が発生した。洞窟の入り口に戻る途中、酸素を使い果たしたものとみられる。
これを受けて日本共産党の宮本岳志衆院議員は自身のフェイスブックに「大林組、清水建設、大成、鹿島…リニア入札談合で不正を問われているスーパーゼネコン4社は、ただちに現地に行き、各社の技術力を駆使して少年たちをどう助けるか、思う存分「談合」してもらいたい!と投稿した。

救出作業にあたっている側に、痛ましい犠牲者が出た。心より哀悼の意を表したい。犠牲になった男性は元海軍特殊部隊員だったというから、やはり子どもたちを潜水させて救出するのは危険で難しいようだ。

GPSで子どもたちの居場所を特定し、上から穴を掘…

宮本たけしさんの投稿 2018年7月6日金曜日

痛ましい事故に際しても大企業批判を絡める愚劣さ。この人はタイの少年救出作業を、談合を行った「罰」として日本のゼネコンにやれと言っているのだ。

スポンサーリンク

こうやって、強いもの・大きいものには何を言ってもいいという基本的人権無視の姿勢が日本共産党の本質。この宮本岳志議員は最近特にその傾向を強めているひとりで、複数回にわたり「地獄を見せる」という過激な投稿をしている。

「幕引き」など図れるものか!明日から、また新たな「地獄」が始まる!
怖い共産党・宮本岳志「明日から、また新たな地獄が始まる!」いよいよ暴力革命か?

森山さん、よくもまあ…。よろしい!会期延長するなら予算委員会を開け!私の質問が「連想ゲーム」かどうか、とくとお目にかけよう。さあ、開くがいい、「この世の地獄」というものを体験させてあげよう!
共産党・宮本岳志「よろしい!とくとお目にかけよう。この世の地獄というものを体験させてあげよう!」

とにかく思い通りにいかなければ暴力を視野に入れた脅し、選挙に負ければ民衆を扇動しデモという名の暴動を起こす。大企業への憎悪をむき出しにするわりには共産党のドン・不破哲三の豪邸は許す。民主主義を叫びながら党のトップは選挙も経ず決めら長期独裁体制。

こんな人たちに倫理を求めても無理か・・・

関連:共産・宮本岳志「よろしい!動かぬ証拠を突きつけてお見せしよう!」財務省書き換え問題で麻生大臣を挑発

【引用方法】 引用は25%程度まで「続きは以下へ」のURLリンク必須、まとめサイトも同条件、差別的なコメントを集める目的での引用禁止、動画での転載お断り上記範囲外での利用料金

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

福島みずほ「台風による被害にあわれたみなさんに心からお見舞いを申し上げます。」←台風じゃないよ!福島みずほ「台風による被害にあわれたみなさんに心からお見舞いを申し上げます。」←台風じゃないよ!

江川紹子「麻原が精神鑑定なしで死刑執行されたと、そんなデマを誰が言いふらした?」犯人は有田芳生です江川紹子「麻原が精神鑑定なしで死刑執行されたと、そんなデマを誰が言いふらした?」犯人は有田芳生です

KSL公式番組!時事問題・ニュース

通知登録・フォローお願いします。

KSL-Live!ツイキャス

KSL-Live!ツイキャス



最近の記事

  1. 関西生コンのトップにまた逮捕状!セメント出荷業務妨害事件、産経に続き朝日新聞も報じる
  2. 捏造上等のTBSアッコにでまかせ!BTSジミンに謝罪の言葉無かったとの指摘に「回答はございません」
  3. 【動画】芸能プロ社長が煮えたぎる鍋に社員の顔を押し付けるパワハラ!後遺症の可能性がある熱傷を負わす
  4. ブーメラン直撃!片山大臣追及の国民民主・後藤祐一議員が政治資金で香典代77万円支出、収支報告書訂正
  5. 元プロレスラー長与千種さんが暴行受け指を骨折→駆け付けた警官が長与さんを取り囲む「私じゃないって」
  6. メーテル仮装の小池都知事「大変、傷付いた」平井鳥取県知事の発言に猛反論←傷付いたのはメーテルファン
  7. 朝日新聞がイッテQに「ないものを作り出して、あるとする行為は許されない」ツッコミ殺到「おまいう」
  8. アベ政治を許さない人「安倍政権の支持率が信用できん!私がアンケ取る」結果→支持率88%「消しとく」
  9. 赤旗からコラム盗用の三好市長「赤旗を購読しており、私の考えが全く一緒だったので使わせてもらった。」
  10. 韓国被爆者団体がBTSを擁護「日本は純粋な活動を妨げないで!むしろ、Tシャツで原爆の被害を伝えた」




▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com





PAGE TOP