田中正道「俺は野間易道と連絡を取り打ち合わせ都知事選でアベ辞めろ!」野間「一度も話したことがない」


田中正道「俺は野間易道と連絡を取り打ち合わせ都知事選でアベ辞めろ!」野間「一度も話したことがない」

都知事選秋葉原首相演説:毎日新聞

森友告発プロジェクト共同代表の田中正道氏が、昨年の都知事選で起きた「アベ辞めろ!」のコールについて「あの日俺は、連絡を取り合っていた野間易通氏と共に、打ち合わせ通り安倍の真正面に陣取った。」と自身のフェイスブックに投稿し、安倍首相の「こんな人たち」は自分と野間氏に向けられたものだと主張し「官邸側が俺を潰しにかけて来ている」「部屋に誰かが侵入した気配がある」とにわかに信じ難いことも書いている。
投稿を修正したので証拠画像を貼っておく
田中正道「俺は野間易道と連絡を取り打ち合わせ都知事選でアベ辞めろ!」野間「一度も話したことがない」

しかし、この投稿の中で名前が出ている野間氏は「ネットでもリアルでも一度もお話したことがないと思うのですが……。」と関係を否定するコメントを残している。
田中正道「俺は野間易道と連絡を取り打ち合わせ都知事選でアベ辞めろ!」野間「一度も話したことがない」

スポンサーリンク

昨年は初鹿議員の指示と投稿

どう考えても野間氏が田中氏と連携しているとは思えない。野間氏本人も否定しているの。
なにより田中氏は昨年、都知事選でのアベ辞めろ!コールは初鹿明博議員(当時民進党)からの指示で、連絡があったのは首相の秋葉原演説の前日だったと証言している。
実名スクープ公開!都議選「安倍ヤメロ!」秋葉原演説妨害を指示した元民進党議員はコイツだ!
参考:スクープ写真!秋葉原での首相演説妨害は元民進党議員の指示と判明!活動家の証言と親密写真が物語る真実

昨年までの話と今回の話では大きく食い違っている。
都知事選での「アベ辞めろ」に関しては、横断幕などを用意したのも野間氏の周辺人物と判明しており、田中氏は初鹿議員から声をかけられて急遽参加したに過ぎない。これを野間氏と連絡を取って共同で計画したというのは事実と大きくかけ離れる。

ちなみに、田中氏の投稿は深夜にアップされ朝になって書き換えられている。文章比較ソフトで検証すると一人称が「私」→「俺」に修正され、文章表現も最初の投稿とは大きく異なっている。
田中正道「俺は野間易道と連絡を取り打ち合わせ都知事選でアベ辞めろ!」野間「一度も話したことがない」

深夜に書いた文章を翌朝読み返すと、自分が書いたとは思えないことはよくあるが、田中氏の投稿は内容的に有り得ないことが満載で最早ネタではないかと思えるくらいだ。

それにしても、なぜ野間氏の名前を使ってしまったのだろう?

関連:復帰プラン?山口達也元メンバーが国会前デモに呼ばれる事案発生!
関連:参加者ゼロ?加計反対デモが近親者のみでしめやかに執り行われる、暇なので警察官を恫喝→マジ切れされる

【引用前に必ず確認してください】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

昭恵夫人と山口敬之氏の悪質コラージュ写真と名誉棄損コメント、拡散者は批判浴び削除するも謝罪なし昭恵夫人と山口敬之氏の悪質コラージュ写真に名誉棄損コメント、投稿者は批判浴び削除するも謝罪なし

杉田議員に殺害予告、スマイリーキクチ「悲劇のヒロイン、この人の遊びで犯罪者が生産され警察官が疲弊」杉田議員に殺害予告、スマイリーキクチ「悲劇のヒロイン、この人の遊びで犯罪者が生産され警察官が疲弊」





最近の記事

  1. 長島昭久議員が朝日新聞に「フェイクニュースの典型ですね、いったい何を取材しているのでしょうか?」
  2. ソフトバンクもファーウェイ・ZTE排除に同調、5G基地局などに中国製使わない方針、一般向け製品は?
  3. 立憲民主議員「韓国に怒ってる!韓国製品買わないK-pop聞かない」有田芳生「しかるべき部署に連絡」
  4. 立憲民主党・杉尾秀哉議員が「民放九条の会」で講演←民間放送で働くスタッフが改憲に反対して結成
  5. 有田芳生さん与党議員を「外人部隊」と誹謗しておいて蓮舫へのヤジ「二重国籍」はNGのダブスタ!
  6. ジャパンタイムスが徴用工・従軍慰安婦の表現変更、ケント・ギルバード氏「応援するメッセージを送ろう」
  7. 【動画】有田芳生議員が与党議員の指を折ろうとした?深夜の採決で立憲民主議員が大暴れ
  8. 立憲・福山哲郎幹事長、実習生斡旋利権と批判された「日本ミャンマー協会」の理事であることを指摘される
  9. 【動画】森ゆうこ議員が発言禁止・降壇命令を無視→議長激怒「降壇しなさい!白真勲!連れてけって!」
  10. 日本政府もファーウェイとZTE製品を排除へ、省庁・自衛隊からの国家機密漏洩を防ぐ



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com





PAGE TOP