戦没者資料データ化業務、納品ないのに厚労省が8000万円支払い、年金データを中国に再委託した業者

政治・社会

戦没者資料データ化業務、納品ないのに厚労省が8000万円支払い、年金データを中国に再委託した業者

厚生労働省が戦没者の慰霊などに関する旧日本軍の資料を電子データ化する業務を、年金受給者データを中国に再委託し問題となった情報処理会社「SAY企画」に過去5年間にわたって委託していたことがわかった。
このうち、平成28年度分に関しては納品がなかったにもかかわらず、厚生労働省の職員が嘘の納品検査資料を作成し8000万円を支払っていたという。
参考:納品ないのに業者に代金 厚労省が職員の処分検討 | NHKニュース
厚生労働省は職員の処分を検討しているというが、これは「不祥事」というよりも「事件」ではないだろうか?
続きはnoteで読めます


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で