杉田水脈を「幸せに縁のない顔」で炎上のAERA、小池百合子の顔を「もはや菩薩」と褒めちぎっていた


杉田水脈を「幸せに縁のない顔」で炎上のAERA、小池百合子の顔を「もはや菩薩」と褒めちぎっていた

2016年1月10日のAERA.dot(紙媒体にも掲載)

朝日新聞が発行する雑誌「AERA」のウェブ版アエラドットで、自民党の杉田水脈議員の顔を「幸せに縁のない顔」などと攻撃するような記事が配信され、すぐに削除された問題が話題となっている。
杉田水脈議員はLGBTに関する寄稿文でLGBTには関し「生産性がない」などと記述していたことが問題視され、SNSだけでなくメディアなどでも批判の的になっていた。 アエラドットでは観相学の岡井浄幸氏に分析してもらった結果を掲載していたが、その内容は、世間の杉田議員バッシングに迎合しているような印象を受ける読者も少なくなかったようだ。

これを記事にしたライターの浅野由見子氏は2016年11月にも同じテーマで記事を書いている。当時、メディアで持ち上げられていた小池百合子都知事を、杉田議員の時と同じ岡井浄幸氏に分析してもらっているのだが、その内容は杉田議員とは真逆の大絶賛である。
「もはや菩薩」!? 観相学で読み解く小池百合子 顔の変遷〈AERA〉|AERA dot.

タイトルで「もはや菩薩」、記事中では「慈悲に満ちた仏顔に近づいているのでは。もしかしたら、本当に菩薩の心を持つ指導者になるかもしれませんね」と、分析結果はすこぶる良い。

スポンサーリンク

分析した岡井浄幸氏とは?

杉田議員に「幸せの縁のない顔」ときびしい分析結果を示し、小池都知事を「慈悲に満ちた仏顔に近づいている」とした岡井浄幸氏は、テレビやラジオでは「よく当たる」と評判の人物のようだ。
異常に! 当たる 顔相学
異常に! 当たる 顔相学

観相学と言えばテレビでもお馴染みの藤木相元氏が有名だが、岡井浄幸氏はこの藤木相元氏に師事して修行を積んでいる。
大物たちの人間力 (ロング新書)
大物たちの人間力 (ロング新書)

本人不在の酷評に問題は?

個人的にはこの手のものは信じないのだが、適切なアドバイスにより、気持ちを上昇志向に変えてくれる効果は否定できない。そうでなければ良い評判は得られないだろう。
そういった意味では、小池都知事を褒めちぎるのは問題ないのかもしれないが、本人からの依頼もなく、その場にいない杉田議員を酷評するようなことは感心できない。また、それを企画して記事にしたライターの浅野由見子氏にも、世間でバッシングされている杉田議員を笑いものにしようとした悪意を疑われても仕方がないように思える。

関連:杉田議員に殺害予告、スマイリーキクチ「悲劇のヒロイン、この人の遊びで犯罪者が生産され警察官が疲弊」

取材・執筆のご支援をお願いします

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

TBS金平茂紀、ダムを見ながら「日本という国があらゆる面において「決壊」している」豪雨災害をネタにTBS金平茂紀、ダムを見ながら「日本という国があらゆる面において「決壊」している」豪雨災害をネタに

戦没者資料データ化業務、納品ないのに厚労省が8000万円支払い、年金データを中国に再委託した業者戦没者資料データ化業務、納品ないのに厚労省が8000万円支払い、年金データを中国に再委託した業者




全文転載厳禁→引用ルール

最近の記事

  1. 共産党が隠蔽・改ざん!麻生大臣をブタで擬人化したマンガ「臭いものにブタ!」のコマをこっそり差し替え再公開
  2. 元SMAPのテレビ出演にジャニーズ事務所が圧力?公取委が注意←応じた民放の責任をジャニーズ出演の報道番組はどう伝えるのか
  3. 共産党に大ブーメラン!麻生大臣を「ブタ」で擬人化するマンガを公開→批判受け削除、自民党の冊子より悪質な内容
  4. 【改憲・広島代理戦争】鈴木宗男の街宣中に自民・河井あんりがバッタリ!ムネオ節で「河井支持」呼び掛け改憲勢力が結集
  5. ブーメラン蓮舫「子供を産んだかどうかで女性を評価するな!」→有本香「女性候補者が◯児のママ、子育て経験を選挙の売りにしてるよね?」
  6. 新事実発覚!CBCテレビ報道部公式「報ステ富川アナ気持ち悪い」「ネトウヨが静かね。」←これにいいねしたヤツが和田政宗氏を中傷?
  7. CBCテレビ報道局が和田正宗氏への中傷投稿を釈明「ツイッター乗っ取られた」と言わんばかり「報道部員が投稿した形跡はない」
  8. CBC報道局ツイッターが和田政宗候補にクソリプ「ちょっと小突かれただけ、大げさというより売名行為」選挙活動中の暴行被害を揶揄
  9. 共産党の選挙カーが一般車に追突、女性2人が緊急搬送!共産党「候補者は乗車していません」←それは関係ない
  10. 【動画】東京新聞・望月記者がフェイクニュース「辺野古赤土投入」を事実として質問、官邸が再発防止要請



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

PAGE TOP