夕刊フジの大スクープ!国民民主・大西健介議員が文科省汚職事件の霞が関ブローカーに国会通行証を貸与


夕刊フジの大スクープ!国民民主・大西健介議員が文科省汚職事件の霞が関ブローカーに国会通行証を貸与

 文部科学省幹部が逮捕・起訴された汚職事件に絡み、国民民主党の大西健介衆院議員が、収賄罪で逮捕・起訴された霞が関ブローカーに国会通行証を業務に関係なく貸与していたことが、夕刊フジの取材で判明した。大西議員は事実関係を認めているが、場合によっては詐欺の疑いもあるという。

 文科省幹部が逮捕・起訴された汚職事件に絡み、国民民主党の大西健介衆院議員(愛知13区)が8日、「霞が関ブローカー」と呼ばれた元コンサルタント会社役員=贈賄罪で起訴済み=に、私設秘書などに発行される国会通行証を貸与していたことを認めた。落選中だった立憲民主党の吉田統彦衆院議員(比例東海)に頼まれて、自身の業務に関係なく渡していたという。法律の専門家は「場合によって、詐欺の疑いもある」と語っている。
出典:スクープ! 国民・大西議員“霞が関ブローカー”に国会通行証渡す「軽率だった」 専門家「詐欺に問われる可能性」- zakzak

スポンサーリンク

片山大臣の通行証貸与を責める野党

 野党は秋の臨時国会で、片山さつき地方創生相が「口利き疑惑」のある税理士に国会通行証を貸与していたことを追及しているが、野党議員が業務に関係なく国会通行証を貸与していることに対してどう対応するのだろうか。しかも、大西議員の場合は貸与した人物が収賄罪で逮捕・起訴されており、この通行証貸与が事件に関わっている可能性も高い。

 この文科省汚職事件では、霞が関ブローカーと呼ばれた被告の男性に、国民民主党の羽田雄一郎参院議員が「政策顧問」の肩書を与えていたことや、被告の妻とされる人物が立憲民主党の吉田統彦衆院議員と被告が高級クラブで豪遊する写真を、ネット上にアップしたことが大きな話題となっている。
 しかし、これをテレビでは議員の名前を伏せて報じるなど、不可解な報道が相次いでいた。それどころか、この文科省汚職事件に関わる報道そのものが自粛されているような雰囲気もあった。

 これで野党は堂々と、片山さつき地方創生相の「口利き疑惑」を責め立て、国会通行証の貸与だけでも大臣辞任を求めたり、議員の資質まで問うとは厚顔無恥としか言いようがない。むしろ、面の皮が厚くなければ野党議員は務まらないのかもしれないが。

関連:文科省汚職事件!立憲民主議員の高級クラブ写真を暴露した谷口浩司の妻「飲食接待主催者は吉田統彦先生」
関連:文科省汚職事件、立憲民主党・吉田議員のとても恥ずかしい写真が流出!日本眼科医連盟から多額の献金も

ご支援をお願いします

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

蓮舫のイジメ質問 事前通告は実質無かった「質問レクなし、問い合わせ不可」の文書が見つかる蓮舫のイジメ質問 事前通告は実質無かった「質問レクなし、問い合わせ不可」の文書が見つかる

【BTS原爆T問題】津田大介さん「音楽に政治が持ち込まれた」←政治が絡んだという事実なし【BTS原爆T問題】津田大介さん「音楽に政治が持ち込まれた」←政治が絡んだという事実なし




全文転載厳禁→引用ルール

最近の記事

  1. 野党議員が暴露!モリカケ追及はテレビ局からの依頼「番組Dからテレビで流すので国会でやってほしいと要望あった」「局とテレビに映りたい政治家の共同作業」
  2. 検証!BuzzFeedが報じた在日3世のスピーチに捏造発覚「ナチスみたいにガス室に送る、この国はきっとやる」カットしてつなぎ合わせ
  3. 立民・初鹿明博議員が旭日旗持ち込み問題でデマ「北京五輪では日本大使館が呼び掛けていた」←中国国内では襲撃されるから
  4. 東国原英夫が金慶珠を罵倒→小島慶子「エリート韓国人にたたき上げの日本人がガツンと言えば喝采されると踏んだのかな」これこそ差別
  5. 引退発表の阪神メッセンジャーに国民・前原誠司さん「阪神でなければ100勝は軽く超えていたでしょう」
  6. 足立康史議員が関西生コン逮捕者数を公開「正確には57名です。(再逮捕等含め)延べ人数は87名」
  7. 社民・吉川幹事長「第4次安倍内閣、人材の払底感が極まっている」←たった4人の社民党が人材を語るかね?
  8. またTBSでヤラセ発覚「クレイジージャーニー」事前に準備した爬虫類を放ち捕獲する仕込み繰り返す→番組休止へ
  9. 冤罪?柴山大臣が高校生の政治談議に「こうした行為は適切?」で大炎上→実際は教師による「洗脳」政治活動に対しての疑問だった
  10. 蓮舫が政治家になった理由「芸能界で生き残るのはリスク、取って代わるタレントは掃いて捨てるほどいる。でも参議院は6年の有期契約」



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

PAGE TOP