BTS問題で田村淳「忌み嫌う国で何故ライブをしたいと思うのか?僕は徴用工や慰安婦Tシャツを着ない」


BTS問題で田村淳「忌み嫌う国で何故ライブをしたいと思うのか?僕は徴用工や慰安婦Tシャツを着ない」

 お笑いコンビ「ロンドンブーツ1号2号」の田村淳氏は12日、韓国アイドルグループ「防弾少年団(BTS)」の原爆Tシャツ問題に関し「原爆のTシャツやナチスの帽子で不快な思いをしてる事をどう考えてるのか知りたいだけ…僕は勧められても徴用工や慰安婦のTシャツを着ないので…」と自身の思いをツイッターに投稿した。


スポンサーリンク

目に余る言葉が届くのでこれで最後にします

この問題は田村淳氏が11日、BTSの原爆Tシャツを「愚かだ」と批判し、「そこまで忌み嫌う国で何故ライブをしたいと思うのか?」と疑問を呈したことに端を発する。

防弾少年団が原爆のTシャツやブルゾンを着て原爆を称賛してるのならば、それは愚かな行為だと思う…彼らが日本の事を好きor嫌いを発言するのは自由だと思うのですが…原爆を称賛するのは間違ってると思う。そして、そこまで忌み嫌う国で何故ライブをしたいと思うのか?直接話を聞いてみたい

 日本人として当然の疑問であり、BTSに対する批判も比較的ソフトな文言であるが、田村氏の影響力からかBTSファンとBTS批判者の間で激しい論争が起きてしまう。
 これを受けて田村氏は「原爆を称賛してるならばと?推測する様は文章になり申し訳ないです」と釈明したが、論争は止むことが無かった。

前の呟きで、防弾少年団がまだコメントもしていないのにも関わらず、原爆を称賛してるならばと?推測する様は文章になり申し訳ないです…でもあの服を誰が?なぜ選んだか?本人はあのキノコ雲の写真や原爆を知っていたのか?気になることが沢山あるので直接話を聞いてみたいという呟きは変わらないです

 田村氏は翌12日にもツイートの真意について投稿している。

防弾少年団のファンの方が彼らの事をよく知らないくせに意見するなとご意見を頂きますが…僕みたいに彼らをよく知らない人がニュースを見てどんな理由であれ原爆のTシャツやナチスの帽子で不快な思いをしてる事をどう考えてるのか知りたいだけ…僕は勧められても徴用工や慰安婦のTシャツを着ないので…

 そしてついに田村氏は、「目に余る言葉が届くのでこれで最後にします」とツイートし、この問題への言及を停止することになる。

目に余る言葉が届くので
これで最後にします

僕は防弾少年団や彼ら応援する事を否定していません…彼らには彼らの思いがあるのでしょう…しかし原爆で命を落とした人やその遺族もいる…僕も長崎と広島に親戚がいて被爆したおじさんがいました…だから一貫して思いを聞きたいし知りたいと呟いてます。

 田村氏は被爆者の気持ちに寄り添いながらもBTSの言い分について耳を傾けるという、実に心の広い対応をしているように思えるが、微塵の批判も許さないBTSファンには通じなかったようだ。恐ろしい。

関連:【BTS原爆T問題】津田大介さん「音楽に政治が持ち込まれた」←政治が絡んだという事実なし

【活動の支援をお願いします】

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

【BTS原爆T問題】津田大介さん「音楽に政治が持ち込まれた」←政治が絡んだという事実なし【BTS原爆T問題】津田大介さん「音楽に政治が持ち込まれた」←政治が絡んだという事実なし

足立康史議員「蓮舫氏はじめ立憲民主の「問い合わせ不可」への異議申し立ての意味等も込めて通告した」足立康史議員「蓮舫氏はじめ立憲民主の「問い合わせ不可」への異議申し立ての意味等も込めて通告した」





最近の記事

  1. 区議に当選した中核派・洞口朋子さん、当選早々「絶対に許さない」批判していた人達を震えあがらせる投稿
  2. 米兵に殺害された女性の父親「娘の死を政治の道具にしてほしくない」望月衣塑子「沖縄に米軍基地ガー!」
  3. 【共産党】生活保護希望者の写真をSNSに投稿した服部候補、投票日に公選法違反ツイートもあえなく落選
  4. 千原せいじ「俺が韓国国民だったら恥ずかしい、隣の国の紙幣変わって腹立つ国が地球上にあるんやろか?」
  5. 国民民主党「民主党の後継政党である」→略称「民主党」を立憲民主から奪取!→枝野代表「どうぞどうぞ」
  6. 柚木道義議員が暴言、元TBS山口氏を「元容疑者」百田尚樹氏に「このレイシスト一生部屋の中にいれば」
  7. 【猪突猛進】共産党選挙カーが高さ制限を無視して突っ込む!区役所駐車場の警備員「はい、バックして~」
  8. 虎ノ門ニュースにテロ予告?ツイッター「観覧テロ起こすぞ!」番組は警察当局への通報を含め断固たる対処
  9. 野党合同ヒアリングをパワハラ認定!丸山穂高議員「官僚が罵倒されている」参考人「それはハラスメント」
  10. 立憲・枝野代表が不適切発言「与党は登校拒否」指摘受け謝罪「不登校は本人の責任ではない事情がある」



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com





PAGE TOP