また立憲民主党ですか?→「川田龍平議員がカメラで働きぶり監視 公設秘書が一斉に辞職」週刊新潮報じる


また立憲民主党ですか?→「川田龍平議員がカメラで働きぶり監視 公設秘書が一斉に辞職」週刊新潮報じる

 立憲民主党の川田龍平参院議員が、議員会館の事務所内にカメラを設置し秘書の仕事を監視していたとして、10月末で公設秘書が一斉に退職していたことを週刊新潮が報じている。掲載されたのは11月22日号で発売は11月15日、ワイドショーが好きそうな話題であるが、今のところほとんど話題になっていない。立憲民主党特権か?

 秘書は、己が仕える政治家を慕って「おやじ」と呼ぶ。しかし川田議員に仕えた秘書たちは決して、そう呼ぶことなどないはずだ。
「なにせ、議員会館の事務所内に設置されたカメラで、働きぶりを監視されていたんですから」
 と、打ち明けるのは立憲民主党の関係者。
「これに秘書たちが猛反発し、川田議員と揉めて収拾がつかなくなっていたのです。彼らは党本部にも“人権侵害だ”“パワハラだ”と抗議したほど。結局、10月末で、公設秘書たちは一斉に辞めました」
出典:「川田龍平議員」がカメラで働きぶり監視 公設秘書が一斉に辞職 | デイリー新潮

スポンサーリンク

立民の不祥事は報じない法則発動

 新潮の記事によると川田議員本人はカメラの設置を認めたが、それが原因で公設秘書が一斉退職したことは否定している。しかし、本来マスコミは本人が認めなくても被害を訴えるものがあれば両者の意見を報じるものだ。それどころか疑惑をかけられた側に説明責任があると、政治家側を大バッシングするのが常態化しているが、こと野党議員となると急に黙殺をする。

 今回の一件に限らずだが、最近は立憲民主党に特に甘い。昨年の10月、衆院選直前の民進党・希望の党合流騒動を契機に急遽結党された立憲民主党であったが、衆院選直後に青山雅幸議員の元秘書へのセクハラ疑惑が発覚した際はマスコミもこぞって報道していた。しかし、立て続けに初鹿明博議員が知人女性に強引にわいせつ行為をした疑惑を文春が報じるとワイドショーが徐々に静かになる。それでいて文科事務次官のセクハラ発言は連日大々的に報じるダブルスタンダード。

 まあ、辻元清美国対委員長が民進党時代に自らに関することを「報道しないように」とマスコミにお達しを出すくらいですから。それでも関西生コンについて朝日新聞まで報じるようになったことからして、マスコミが手のひらを返したように立憲民主党を叩く日はそう遠くはないのかも知れない。

関連:関西生コンのトップにまた逮捕状!セメント出荷業務妨害事件、産経に続き朝日新聞も報じる
関連:立憲民主党・川田龍平「人殺し大臣」ヤジを謝罪「感情を抑えられず絶対に言ってはいけない言葉を使った」
関連:野党が沈黙!金子恵美「初鹿セクハラ議員っていましたよね?」#Metoo祭りの喪服議員がお通夜状態に

【引用前に必ず確認してください】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

D&G「中国は糞の国、無学で汚い悪臭のするマフィア」で大炎上→「SNS乗っ取られた!許してくれ!」D&G「中国は糞の国、無学で汚い悪臭のするマフィア」で大炎上→「SNS乗っ取られた!許してくれ!」

元大阪市長の平松邦夫さん「万博が決まった、あとは南海トラフ地震などの天災が起きないよう祈るばかり」元大阪市長の平松邦夫さん「万博が決まった、あとは南海トラフ地震などの天災が起きないよう祈るばかり」





最近の記事

  1. 【動画】東京新聞望月記者「辺野古ガー!」菅官房長官「貴方の予測に答える場ではありません」愚問を一蹴
  2. ウーマン村本の「辺野古をアメリカに差し出す」に高須院長が反論「侵略に備えて防衛の砦を造っている」
  3. 蓮舫に学べ!イージスアショアの配備が絶対に必要な理由
  4. 蓮舫さんの辺野古陰謀論「あおり運転の石橋被告判決の日、あえてこの日に土砂投入とは偶然とも思えない」
  5. 立憲・長妻昭議員が謝罪 技能実習生の死傷者数めぐる誤認ツイート、足立康史議員「煽るのでなく冷静に」
  6. 総理官邸に忍者が侵入!安倍総理「官邸の厳しいセキュリティをかいぐぐってくるには・・・派手だよっ!」
  7. 室井佑月「野党の議員は首相の首をかけ自分らの辞表を出してみたら?」←ちょっと何言ってるか分からない
  8. 高須院長、今年の漢字「災」に「こんなの書くの断れよ坊さん」「禍々しい文字、僧侶として悲しく思う」
  9. NHKがこっそり「靖国で段ボール燃える」にタイトル変更、写真も差し替え 発生当初「新聞紙」と伝える
  10. 【NHK】原資は受信料「離婚した妻への養育費に」単身赴任手当524万円を騙し取った副部長を懲戒免職



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com





PAGE TOP