暴力革命!共産党・山下芳生議員「さすがフランス!」と暴動に称賛、破防法調査対象団体として公安が警戒


暴力革命!共産党・山下芳生議員「さすがフランス!」と暴動に称賛、破防法調査対象団体として公安が警戒

 日本共産党の山下芳生副委員長が、フランスで複数人の死者を出した暴動を「さすがフランス!」と称賛するようなツイッター投稿をしていることに批判の声が集まっている。


 この暴動は当初、マクロン政権の増税などに反対するデモであったが、次第に暴徒化しパリでは店頭のガラスが割られ民間人の自動車が破壊・放火され警官隊と衝突する暴動に発展している。これにより、マクロン政権は来年の燃料税引き上げを断念したが、暴力による反政府運動が肯定されたわけではない。

スポンサーリンク

日本共産党は暴力革命路線を堅持

 公安調査庁は、日本共産党を破壊活動防止法に基づく調査対象団体としている。日本共産党は表面上は暴力革命を否定しているが、今回の山下副委員長のツイートからもわかるように「敵の出方論」を採用している。民主的な選挙で敗北するなど、平和的な革命が困難と判断した場合の暴力による政権転覆の可能性を否定していない。
参考:共産党が破防法に基づく調査対象団体であるとする当庁見解 | 公安調査庁

 公安調査庁の見解に登場する不破哲三は、現在も党内で絶大な権力を持っており昨年の衆議院選挙では積極的に表に立ちその存在感を示している。その際には民青同盟(実質は共産党の青年組織)の若者と撮った写真を公式ツイッターに貼り、その暴力革命路線を隠そうと躍起になっていた。
日本共産党は有権者の票を無視して党内序列で国会議員を決める、戦わず当選した志位和夫の独裁体制が継続

 日本共産党が平和を希求する党などというのは大嘘であり、過去のテロ事件や殺人からしてみても平和とは程遠い組織である。山下副委員長に限らず共産党議員らの発言やデモの扇動を見ていれば、日本でもデモが暴徒化することを望んでいることを隠し切れないことがよく分かる。

関連:共産党・宮本岳志「よろしい!とくとお目にかけよう。この世の地獄というものを体験させてあげよう!」
関連:日本共産党「血のメーデーは警察の企図」と赤旗に記述

取材・執筆のご支援をお願いします

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

北朝鮮工作員とみられる男を詐欺で書類送検!日本における工作活動のキーマンか?北朝鮮工作員とみられる男を詐欺で書類送検!日本における工作活動のキーマンか?

足立康史議員「技能実習制度に指一本触れず運用してきた民主党政権の議員達が安倍政権を糾弾する不思議」足立康史議員「技能実習制度に指一本触れず運用してきた民主党政権の議員達が安倍政権を糾弾する不思議」




全文転載厳禁→引用ルール

最近の記事

  1. 共産党に大ブーメラン!麻生大臣を「ブタ」で擬人化するマンガを公開→批判受け削除、自民党の冊子より悪質な内容
  2. 【改憲・広島代理戦争】鈴木宗男の街宣中に自民・河井あんりがバッタリ!ムネオ節で「河井支持」呼び掛け改憲勢力が結集
  3. ブーメラン蓮舫「子供を産んだかどうかで女性を評価するな!」→有本香「女性候補者が◯児のママ、子育て経験を選挙の売りにしてるよね?」
  4. 新事実発覚!CBCテレビ報道部公式「報ステ富川アナ気持ち悪い」「ネトウヨが静かね。」←これにいいねしたヤツが和田政宗氏を中傷?
  5. CBCテレビ報道局が和田正宗氏への中傷投稿を釈明「ツイッター乗っ取られた」と言わんばかり「報道部員が投稿した形跡はない」
  6. CBC報道局ツイッターが和田政宗候補にクソリプ「ちょっと小突かれただけ、大げさというより売名行為」選挙活動中の暴行被害を揶揄
  7. 共産党の選挙カーが一般車に追突、女性2人が緊急搬送!共産党「候補者は乗車していません」←それは関係ない
  8. 【動画】東京新聞・望月記者がフェイクニュース「辺野古赤土投入」を事実として質問、官邸が再発防止要請
  9. 金平茂紀、朝日新聞のハンセン病家族訴訟の誤報に「この記事が控訴断念のひとつの要因でしょう」←大嘘、朝刊より先にNHKが「断念」と報道
  10. 女性候補は容姿で選ぶ?立憲・福山哲郎幹事長「自民公明維新みんな男、誰が誰だか分からない」←性差別発言では?



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

PAGE TOP