暴力革命!共産党・山下芳生議員「さすがフランス!」と暴動に称賛、破防法調査対象団体として公安が警戒


暴力革命!共産党・山下芳生議員「さすがフランス!」と暴動に称賛、破防法調査対象団体として公安が警戒

 日本共産党の山下芳生副委員長が、フランスで複数人の死者を出した暴動を「さすがフランス!」と称賛するようなツイッター投稿をしていることに批判の声が集まっている。


 この暴動は当初、マクロン政権の増税などに反対するデモであったが、次第に暴徒化しパリでは店頭のガラスが割られ民間人の自動車が破壊・放火され警官隊と衝突する暴動に発展している。これにより、マクロン政権は来年の燃料税引き上げを断念したが、暴力による反政府運動が肯定されたわけではない。

スポンサーリンク

日本共産党は暴力革命路線を堅持

 公安調査庁は、日本共産党を破壊活動防止法に基づく調査対象団体としている。日本共産党は表面上は暴力革命を否定しているが、今回の山下副委員長のツイートからもわかるように「敵の出方論」を採用している。民主的な選挙で敗北するなど、平和的な革命が困難と判断した場合の暴力による政権転覆の可能性を否定していない。
参考:共産党が破防法に基づく調査対象団体であるとする当庁見解 | 公安調査庁

 公安調査庁の見解に登場する不破哲三は、現在も党内で絶大な権力を持っており昨年の衆議院選挙では積極的に表に立ちその存在感を示している。その際には民青同盟(実質は共産党の青年組織)の若者と撮った写真を公式ツイッターに貼り、その暴力革命路線を隠そうと躍起になっていた。
日本共産党は有権者の票を無視して党内序列で国会議員を決める、戦わず当選した志位和夫の独裁体制が継続

 日本共産党が平和を希求する党などというのは大嘘であり、過去のテロ事件や殺人からしてみても平和とは程遠い組織である。山下副委員長に限らず共産党議員らの発言やデモの扇動を見ていれば、日本でもデモが暴徒化することを望んでいることを隠し切れないことがよく分かる。

関連:共産党・宮本岳志「よろしい!とくとお目にかけよう。この世の地獄というものを体験させてあげよう!」
関連:日本共産党「血のメーデーは警察の企図」と赤旗に記述

【活動の支援をお願いします】

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

北朝鮮工作員とみられる男を詐欺で書類送検!日本における工作活動のキーマンか?北朝鮮工作員とみられる男を詐欺で書類送検!日本における工作活動のキーマンか?

足立康史議員「技能実習制度に指一本触れず運用してきた民主党政権の議員達が安倍政権を糾弾する不思議」足立康史議員「技能実習制度に指一本触れず運用してきた民主党政権の議員達が安倍政権を糾弾する不思議」





最近の記事

  1. 区議に当選した中核派・洞口朋子さん、当選早々「絶対に許さない」批判していた人達を震えあがらせる投稿
  2. 米兵に殺害された女性の父親「娘の死を政治の道具にしてほしくない」望月衣塑子「沖縄に米軍基地ガー!」
  3. 【共産党】生活保護希望者の写真をSNSに投稿した服部候補、投票日に公選法違反ツイートもあえなく落選
  4. 千原せいじ「俺が韓国国民だったら恥ずかしい、隣の国の紙幣変わって腹立つ国が地球上にあるんやろか?」
  5. 国民民主党「民主党の後継政党である」→略称「民主党」を立憲民主から奪取!→枝野代表「どうぞどうぞ」
  6. 柚木道義議員が暴言、元TBS山口氏を「元容疑者」百田尚樹氏に「このレイシスト一生部屋の中にいれば」
  7. 【猪突猛進】共産党選挙カーが高さ制限を無視して突っ込む!区役所駐車場の警備員「はい、バックして~」
  8. 虎ノ門ニュースにテロ予告?ツイッター「観覧テロ起こすぞ!」番組は警察当局への通報を含め断固たる対処
  9. 野党合同ヒアリングをパワハラ認定!丸山穂高議員「官僚が罵倒されている」参考人「それはハラスメント」
  10. 立憲・枝野代表が不適切発言「与党は登校拒否」指摘受け謝罪「不登校は本人の責任ではない事情がある」



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com





PAGE TOP