セクハラ問題の広河隆一が通販生活に登場「権力者が隠そうとする加害の事実を世界に伝える」←おまいう


セクハラ問題の広川隆一が通販生活に登場「権力者が隠そうとする加害の事実を世界に伝える」←おまいう

 立場の弱い女性への性暴力が取り沙汰されたフォトジャーナリストの広河隆一氏が、通販生活の最新号に登場している。原稿の締め切りが問題発覚以前だったとはいえ、この内容で発送されても受け取った側はどう読めばいいのやら。


「権力者たちが隠そうとする加害の実を世界に伝える」
 近年稀に見る特大ブーメランである。今年最初の”おまいう”案件。

通販生活の謝罪に検索よけ対策

 新年に発送されているので年末には納品されていたのだろうが、12月26日発売の文春発売の前日には情報は出ていた。回収は出来なかったのだろうか。通販生活によると対談は11月23日、編集作業は12月5日に終了し12月17日には見本誌が刷り上がっていたという。
 この件について、通販生活のホームページに謝罪と経緯説明が掲載されているが、編集部と対談相手の落合恵子氏の文面は写真でありテキストが検索にかからないようになっている。
通販生活® | 2019年春号「落合恵子の深呼吸対談」についてのご報告

 通販生活は政治色が濃く、活動家の広報誌のようになっている。いくら間に合わなかったとはいえ、事案が女性への性被害ということで広川氏の対談を掲載したカタログは被害者にも届いている可能性がある。その責任は非情に重い。
 こういった問題を抱えながら政治的なスタンス全開な意見広告を12月31日にリリースするのも如何なものかと。少しは自粛するとか考えなかったのだろうか?

 財務省事務次官のセクハラ問題では言葉だけでも全力でバッシングし、財務省に押しかけていた喪服の議員らはこの問題にどう対応するのだろうか?まさか、民間と官庁は違うと言い出すのだろうか?
 それならば元TBSのジャーナリストを一方的な主張だけを鵜呑みにし、社会的に抹殺した件はどう説明するのか。同じジャーナリストの広河隆一氏の場合は被害者も多く本人も認めている。いつものダブルスタンダードで時が過ぎるのを待っているのなら、もう二度とMeTooなどと口にするなと言いたい。

関連:野党が沈黙!金子恵美「初鹿セクハラ議員っていましたよね?」#Metoo祭りの喪服議員がお通夜状態に
関連:朝日新聞の隠蔽発覚!朝日女性記者にセクハラしたのは朝日新聞の現論説委員でした!#MeToo勢は沈黙

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

民放テレビ局は視聴者の情報を取得して共有していた!郵便番号やIPアドレスも自動送信、拒否設定が必要民放テレビ局は視聴者の情報を取得している!郵便番号やIPアドレスも自動送信、拒否設定が必要

玉川徹「田母神さんがレーダー照射は危険ではないと」伊藤元海将「嘘です」羽鳥「海将が危険と言ってる」玉川徹「田母神さんがレーダー照射は危険ではないと」伊藤元海将「嘘です」羽鳥「海将が危険と言ってる」

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP