朝日新聞の隠蔽発覚!朝日女性記者にセクハラしたのは朝日新聞の現論説委員でした!#MeToo勢は沈黙


朝日新聞の隠蔽発覚!朝日女性記者にセクハラしたのは朝日新聞の現論説委員でした!#MeToo勢は沈黙

福田前事務次官によるテレビ朝日女性記者へのセクハラ問題がとんでもない方向に動き出した。

今年3月、朝日新聞経済部の歓送迎会の二次会で、男性上司が部下の女性記者に対して無理矢理キスを迫ったり、自宅まで上がりこもうとしていたことが、今週発売の週刊文春に掲載されるというのだ。
朝日新聞で上司が女性記者にセクハラの疑い | 文春オンライン

被害を受けた女性記者はこの件を同僚記者らに相談しているようだが、この3月の件が記者界隈で噂になっていたために、資本関係にあるテレビ朝日女性記者の訴えが社内で黙殺されたのではないか?
4月に巻き起こった#MeToo祭りでは、本来は朝日新聞とテレビ朝日(隠蔽した上司)も批判の対象になっていたはずのに両社はそれを隠蔽、業を煮やしたテレビ朝日女性記者も匿名を条件に週刊誌に持ち込んでいたことで福田事務次官と安倍政権への集中砲火となっていたのだ。

スポンサーリンク

沈黙する#MeTooガチ勢

ここ最近、女性記者達のセクハラ被害に対する不満が一気に噴出している。この不満は加害者に対してだけはなく、セクハラ被害を隠蔽するメディアの管理職に対してもあったのだろう。

こういったメディアのセクハラ問題を扱ったシンポジウムでモデレータを務めた小島慶子氏。

しかし、文春のスクープが報じられても、全く反応を示さない。日頃から#MeTooを掲げている人物らは、明らかに告発と攻撃のターゲットを政治的に対立する相手に定めている。
小島慶子氏は昨年の衆院選において、立憲民主党の演説でマイクを握っているが、選挙直後に同党の青山雅幸議員の元秘書に対する執拗なセクハラが発覚、さらに同党の初鹿明博議員は前年に続いて2度目の強制わいせつ未遂疑惑が報じらたが、これらの案件は#MeToo勢のターゲットになっていない。
野党が沈黙!金子恵美「初鹿セクハラ議員っていましたよね?」#Metoo祭りの喪服議員がお通夜状態に

こんなダブルスタンダードが許されるのだろうか?
朝日新聞とテレビ朝日は自社のセクハラ問題を隠蔽し、被害を訴える女性記者に「外部」を攻撃させていたのだ。これはセクハラ以前に重大な人権侵害である。また、両社は福田前事務次官の件と朝日新聞上司の件に政治的な意図を絡めていなかったのか説明する責任があるだろう。

関連:韓国大統領府が朝日新聞を「嘘の新聞」と認定→出禁に!韓国報道官「爪の先ほどの真実も含まれていない」
関連:朝日新聞記者が活動家にリーク?自殺した近畿財務局職員の個人情報漏洩は真実か、朝日新聞は回答を拒否!

【引用前に必ず確認してください】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

山口二郎「日大の危機管理は安倍政権から学んでいる」安倍首相を「叩き斬ってやる」って言ってた口で何を山口二郎「日大の危機管理は安倍政権から学んでいる」安倍首相を「叩き斬ってやる」って言ってた口で何を

悪質タックル被害選手父親が加害選手の減刑求める、プロフは「息子がきっかけで再開したアメフトに夢中」悪質タックル被害の父親が加害選手の減刑求める、プロフには「息子がきっかけで再開したアメフトに夢中」





最近の記事

  1. 枝野幸男、辺野古以外の解決策「今後言わない。外交上の問題になる」菅政権で模索←辺野古しかないのね
  2. 共産党の説明テンプレ暴露「選挙活動ではなく赤旗の販売宣伝活動」公選法違反指摘に言い逃れ指導部が支持
  3. また東京新聞・望月記者が嘘「ハンストの元山さんの質問で長官は笑ってた」←笑われたのは望月記者でした
  4. 立憲・枝野代表、レーダー問題に渋々言及「我が方に理がある」一方の韓国は「秀吉の朝鮮出兵」を持ち出す
  5. 維新・足立康史議員がNHK森友報道に苦言「社長は地中ゴミはあると明言した。NHKしっかり報道しろ」
  6. 【続報】落書きで逮捕された男組元メンバー・手塚空、バンクシーを引用しTW「どんどんスプレーを手に」
  7. 【速報】反差別団体「男組」の手塚空・元メンバーを逮捕、黒色スプレーで落書きをした器物損壊容疑
  8. 【日本共産党】公選法違反指摘され活動員が暴行・脅迫か?被害の杉並区議は全治2週間、刑事告訴を検討中
  9. ユーチューバー全滅?「悪ふざけ動画の禁止」を明確化←基本的に大手はみんな悪ふざけなんですが・・・
  10. 高須院長「がなり立ててない、警備の方は冷静」原口議員「高須先生は嘲笑してない」→田中龍作が記事訂正



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com





PAGE TOP