韓国大統領府が朝日新聞を「嘘の新聞」と認定→出禁に!韓国報道官「爪の先ほどの真実も含まれていない」


韓国大統領府が朝日新聞を「嘘の新聞」と認定→出禁に!韓国報道官「爪の先ほどの真実も含まれていない」

韓国大統領府が朝日新聞の度重なる捏造報道に対し、無期限の出入り禁止という重い懲戒処分を下した。朝鮮日報によると「北朝鮮の核兵器の一部搬出案を提案した、とする朝日新聞の記事は全く事実ではない」と大統領府の尹永燦国民疎通首席から断罪されたという。

 大統領府の尹永燦(ユン・ヨンチャン)国民疎通首席は18日午後、大統領府出入りの記者に配った公式見解を通して「4月24日に鄭室長がホワイトハウスのジョン・ボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)に対し、北朝鮮の核兵器の一部搬出案を提案した、とする朝日新聞の記事は全く事実ではない」と主張した。

 続いて尹首席は「根拠のない記事を事実確認なしに報じた朝日新聞に強い遺憾を表する。大統領府は朝日新聞の今回の虚偽報道に関して、対応案を積極的に検討する」と付け加えた。
出典:「核搬出打診は虚偽」 韓国大統領府が朝日を出入り禁止に-Chosun online 朝鮮日報

捏造と指摘された朝日新聞の記事がコチラ
南北会談、非核化めぐり綱引き続く 「明確な意思」焦点:朝日新聞デジタル

スポンサーリンク

報道官「爪の先ほどの真実も含まれていない」

朝鮮日報が取材した大統領府の関係者によると、朝日新聞は必要な取材プロセスを経ず報道しているとして、無期限の出入り禁止の処分を受けるという。
外信に対しての無期限出入り禁止はこれが始めてになる。

朝日新聞は文在寅政権発足後、北朝鮮の核問題を含む外交・安全保障関連の報道で、2度も大統領府から遺憾表明を受けている。

1回目は昨年6月「トーマス・シャノン国務次官が高高度防衛ミサイル(THAAD)の年内配備を韓国政府に要求した」という趣旨の報道を行い、大統領府の尹永燦の国民疎通首席は「事実と異なる誤報を相次いで掲載する同紙に遺憾を表する」とコメントを発表した。

2回目は今年2月「南北の政府当局者が昨年11月以降年末までの間に平壌で2度にわたり、北朝鮮の平昌冬季オリンピック参加問題を協議した」という趣旨の報道を行い、大統領府の金宜謙報道官から「爪の先ほどの真実も含まれていない」と断罪されている。この際、1カ月間の出入り禁止措置を受けている。
参考:「核搬出打診は虚偽」 韓国大統領府が朝日を出入り禁止に-Chosun online 朝鮮日報

やっぱり朝日新聞は韓国でも「嘘の新聞」とバレてしまうようだ。世界的なフェイクニュースカンパニーとして認められる日も近い!

関連:朝日新聞記者が活動家にリーク?自殺した近畿財務局職員の個人情報漏洩は真実か、朝日新聞は回答を拒否!
関連:朝日新聞「長く遊べればそれでええんや」パチンコ夜通し営業を情緒たっぷりに報じる!1円パチンコも紹介

【引用前に必ず確認してください】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

閣議決定「セクハラ罪という罪はない」は立憲民主党・逢坂誠二への解答、低レベルな質問主意書の全文公開閣議決定「セクハラ罪という罪はない」は立憲民主党・逢坂誠二への回答、低レベルな質問主意書の全文公開

炎上!沖縄タイムス運営の求人サイトが暴言「お前に志望する理由はねぇ!!」無職イジりキャラ転向で失敗炎上!沖縄タイムス運営の求人サイトが暴言「お前に志望する理由はねぇ!!」無職イジりキャラ転向で失敗





最近の記事

  1. 総理官邸に忍者が侵入!安倍総理「官邸の厳しいセキュリティをかいぐぐってくるには・・・派手だよっ!」
  2. 室井佑月「野党の議員は首相の首をかけ自分らの辞表を出してみたら?」←ちょっと何言ってるか分からない
  3. 高須院長、今年の漢字「災」に「こんなの書くの断れよ坊さん」「禍々しい文字、僧侶として悲しく思う」
  4. NHKがこっそり「靖国で段ボール燃える」にタイトル変更、写真も差し替え 発生当初「新聞紙」と伝える
  5. 【NHK】原資は受信料「離婚した妻への養育費に」単身赴任手当524万円を騙し取った副部長を懲戒免職
  6. 【沖縄】三宅洋平が暴言「プロパガンダで辺野古NO!とか言ってるおめでてーのがのがいるなら俺が●す」
  7. サムスンが「Supreme」とコラボを発表→偽ブランドでした!米国本家からのツッコミで発覚も無視
  8. 日本体操協会の欺瞞!塚原夫妻の処分解除に高須院長「感じさせてしまったらパワハラだと思うのですが」
  9. 読売新聞の渡辺恒雄主筆「死亡説を流されたから来たんだよ」原監督の殿堂入りパーティーに登場
  10. 長島昭久議員が朝日新聞に「フェイクニュースの典型ですね、いったい何を取材しているのでしょうか?」



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com





PAGE TOP