元共産党の区議が暴露「カンパ額の一覧表が党の会議で配布され目標額に達していない議員は批判される」


日本共産党ついに崩壊か?深刻な資金難で募金活動「供託金が払えない、急を要する」野党共闘崩壊で大打撃

2016年には熊本地震の募金を党勢拡大と選挙に使おうとして指摘を受けた

 2016年に日本共産党を除籍された松崎いたる板橋区議のツイートが話題になっている。
 松崎区議によると、共産党は党費を賄うためにカンパを集めているが、そのカンパの目標額が党の会議で配布され、目標に達していない議員は批判を受けるのだとか。これでは実質強制である。

そのカンパってやつがかなりのクセものでして、カンパ額の一覧表が党の会議で配布されて、目標額に達していない議員は批判されるんですよね。「自主的」に名ばかりでほとんど強制でしたね。

深刻な財政難に陥る共産党

 共産党板橋地区委員会が党員向けに発行する「活動推進ニュース」では毎号、最後はお金集めの指令で締めくくられるそうだ。


 また、本来は個人で申請すれば受けることができる生活保護を市に掛け合い、その見返りに赤旗の講読を求めるのは定番化している。

 今年は統一地方選と参議院選挙で党財政は極めて苦しいのだろう。2016年の参院選から2017年の衆院選と立て続けに国政選挙が行われた際には「急を要する」と赤旗で資金提供を呼び掛ける事態となった。
参考:日本共産党ついに崩壊か?深刻な資金難で募金活動「供託金が払えない、急を要する」野党共闘崩壊で大打撃

 野党共闘で候補者を取り下げ供託金や選挙資金を節約する戦法も限界が来ているようだ。共産党は政党助成金を受けていないが、その原資は税金であり共産党員は税金とカンパを二重に払っているのだ。日本共産党の仕組みでは誰も幸せにならない。強いて言えば小学校の校庭より大きい敷地に住むあの御仁だけが幸せそうだ。

関連:共産党・志位委員長「前天皇は侵略戦争の最高責任者だ」韓国国会議長の発言に同調し安倍首相の謝罪を要求
関連:共産党の説明テンプレ暴露「選挙活動ではなく赤旗の販売宣伝活動」公選法違反指摘に指導部が言い逃れ指示

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。

【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

国民民主党「悪質クレーム対策の法律を作る」←野党の言い掛かりや会見での悪質クレーム記者にも適用して国民民主党「悪質クレーム対策の法律を作る」←野党の言い掛かりや会見での悪質クレーム記者にも適用して

鳩山トンデモ元総理「地震は苫小牧での炭酸ガスの地中貯留実験CCSによる人災」←各界からツッコミ殺到鳩山トンデモ元総理「地震は苫小牧での炭酸ガスの地中貯留実験CCSによる人災」←各界からツッコミ殺到

SNS・RSSフォロー

最近の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP