体操協会が宮川選手に反省文を提出させる→宮川選手から高須院長へ「練習出来てるので安心して下さい!」


体操協会が宮川選手に反省文を提出させる→宮川選手から高須院長へ「練習出来てるので安心して下さい!」

 日本体操協会は9日、理事会を開き、パワハラを告発した宮川紗江選手には反省文を提出させ、テレビ番組で協会を批判した池谷幸雄氏を厳重注意とし誓約書を提出させることを決めた。宮川選手はすでに反省文を提出しているという。
 この処分に対し、高須クリニックの高須克弥院長は「僕はこの処分がパワハラだと感じます。」とツイッターに投稿すると同時に、協会とは争わず宮川選手の支援に注力することを表明した。

 報道を受けて宮川選手は高須院長にLINEでメッセージを送り神対応を見せている。

宮川選手の神対応で協会が赤っ恥

 処分が報道され、ネットでは日本体操協会への批判で溢れたが、宮川選手は高須院長に以下のようなメッセージを送っている。

お騒がせして申し訳ありません。
反省文提出は協会から言われ、提出しました。

練習には影響なく、しっかりと練習出来ているので安心してください!
試合に向けて頑張っています

 あまりにも理不尽な日本体操協会の対応に批判が巻き多る中、高須院長は宮川選手の支援に注力し、宮川選手は練習に集中する神対応を見せている。協会の面子を守るためとしか思えない決定であったが、あっさりと反省文を提出され、逆に協会が恥をかいたようにしか見えない。

関連:高須院長「共産党と共闘する輩は全て蛆虫だと思う」共産党と手を組む大阪自民を批判、維新の会にエール
関連:日本体操協会の欺瞞!塚原夫妻の処分解除に高須院長「感じさせてしまったらパワハラだと思うのですが」

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

堺市長の政治資金記載漏れ7500万円に→松井知事「7500万円をうっかりミスって金銭感覚があるの」堺市長の政治資金記載漏れ7500万円に→松井知事「7500万円をうっかりミスって金銭感覚があるの」

小西洋之議員の「こにたんチャンネル」が公開2日で大炎上→動画へのコメント不可に→フリートーク荒れる小西洋之議員の「こにたんチャンネル」コメント投稿が不可に→トークのコメントには気が付いていない模様

SNS・RSSフォロー

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP