破産者マップが閉鎖、運営者の言い訳が破綻していると話題に!開示請求や損害賠償請求など問題は山積


破産者マップが閉鎖、運営者の言い訳が破綻していると話題に!開示請求や損害賠償請求など問題は山積

破産者マップに対する開示請求や損害賠償請求を求めるクラウドファンディングは継続中

 自己破産した人物の氏名や住所などをGoogleマップで確認できるサイト「破産者マップ」が閉鎖を発表した。すでにサイトは閲覧不能となっている。

 数日間とはいえ、自己破産者の情報が目的外で閲覧されたことによる被害は甚大で、運営者に対する情報開示請求や損害賠償請求のためのクラウドファンディングは継続されている。
破産者等の情報を大量にインターネットで公開するサイト「破産者マップ」をなくしましょう。 | リーガルファンディング
破産者マップに関する集団訴訟|集団訴訟プラットフォーム enjin

 運営者は「迷惑をかけた」と謝罪を投稿しているが、直前の挑発的な開き直りと破綻した言い訳からして問題の本質はいまだに理解していないものと思われる。これにより自己破産することを躊躇し追い詰められ、取り返しのつかない行動を取る人も出てくるかもしれない。

破綻した論理による言い訳三昧

 運営者曰く、官報に掲載された情報だから公開しても良いと。

 すさまじい勘違いであり、無知である。我々がネットで特定の事件を取り扱う際、報道による公益性がない状態や公開の意図に著しく反した目的で氏名や容疑を取り扱えば、それが名誉棄損に当たる可能性があることを常に意識している。ましてや、自己破産は法律で認められた手続きを経て人生の再建を目的としていることから、安易に破産の事実をネット上に公開する行為には公益性も正当性もない。

さらに、以下の言い訳が完全に破綻した論理であり、実に腹立たしいものだ。

 どう考えてもマックやバナナを提供する目的で作ったサイトではない。そもそも、困窮者を食事の提供で支援する場合に自己破産の事実確認など全く不要である。本当に現場で支援している人は、食事を提供するにあたって相手の素性や事情を詮索しない性善説で行動している。自分が住んでいる海外を例に挙げて、まるで日本人が冷たいかのような論調であるが、自己破産者の人権を無視した人間にとやかく言われる筋合いはない。

 ここまでの騒ぎになり、多くの被害者を出しても運営者は匿名を守ったまま。それでよくも自己破産者の情報公開を正当化できたものです。今後は損害賠償請求などで、運営者自身の生活が困窮する可能性もあるが、そのときに自分がやったことの重大性に初めて気が付くのかも知れない。

関連:有田芳生さんツイッターをロックされる「ツイッター社はまったくもっておかしい」また個人情報をツイート
関連:報道犯罪!テレビ朝日モーニングショー「紀州のドン・ファン」妻の実名をうっかり公開→ネットで特定祭り

OFUSEする

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

人気ユーチューバーの小西洋之さん、安倍首相を「狂人のレベル」と中傷する投稿、防大卒業式の訓示に難癖人気ユーチューバーの小西洋之さん、安倍首相を「狂人のレベル」と中傷する投稿、防大卒業式の訓示に難癖

立憲民主議員、ジュゴンの死因に「工事の影響とは認めない可能性が」←だって辺野古とは反対側の海だから鳩山由紀夫さんと立憲民主議員、ジュゴンの死因を「辺野古工事の影響」←辺野古とは反対側の海なんだけど

SNS・RSSフォロー

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP