有田芳生さんツイッターをロックされる「ツイッター社はまったくもっておかしい」また個人情報をツイート


有田芳生さんツイッターをロックされる「ツイッター社はまったくもっておかしい」また個人情報をツイート

 立憲民主党の有田芳生議員が、有権者からの問い合わせメールをアドレス付きでツイッターに投稿したことで、一時的に操作をロックされていたことが判明した。
 これに対して、有田芳生議員は「ツイッター社はまったくもっておかしい」と投稿しているが、そこに添付されたスクショにもメールアドレスが記載されており、これも規約違反となる可能性がある。
※メールアドレス部分は当方で伏せました
有田芳生さんツイッターをロックされる「ツイッター社はまったくもっておかしい」また個人情報をツイート

スポンサーリンク

メアド公開は事後了承か

 問題のツイートは2017年のものであるが、有権者からの問い合わせと思われるメールをアドレスと共にツイッターに転載している。内容は以下、

あなた拉致被害者の救出のために何かやったの?北朝鮮に行ったのに、拉致被害者救出してないし、生きてないってツイートで発言してるじゃないですか?朝鮮総連と関係してる証拠もあります。ぜひ回答いただきですね。
エキサイトID@excite.co.jp

実はこのツイートには続きがあり、有田議員は以下のように説明している。

 どう考えても事後了承であり、適切な投稿とは言えないが、送信者本人とトラブルにはなっていないようだ。でも、ダメでしょう。

フリーメールだからOKの認識

 ロックされた際に有田議員が投稿したスクショは、掲載されたフリーメールアドレスの「co.jp」の部分を強調しており、これが企業アカウントで公開に差し支えないとでも言いたのだろうか。確かにCO.JPドメインとは日本の営利企業が取得するドメインである。
 しかし、このアドレスはエキサイトが提供していた「エキサイトID@excite.co.jp」のアドレスであり、使用しているのはほとんどが個人である。ドメインは企業であるエキサイトの所有だが、メールアドレスを取得してハンドルしているのは個人である可能性が高い。
 エキサイトメールは2018年9月18日に提供を終了しているが、引継ぎ用のサービスもあるようだ。
参考:エキサイトメール終了後の代替メールサービス提供【BB.excite × ドコモ光】 – BB.exciteヘルプ

 いずれにしても、ツイッター社から違反の判定を受けたのだから、削除を条件に利用再開された投稿をスクショで投稿するのはNGでしょう。ましてや現職の参議院議員としては不用意過ぎる行動で、自身の影響力を甘く見過ぎているように思える。

関連:有田芳生「欧州で差別主義者はブタ」高須院長「中国や北朝鮮の偉い人のことですか?処刑されるんでは?」
関連:志位和夫と有田芳生がツイッター社に陰謀論を吹っ掛ける「首相との国会質問のリツイートが減っている!」

この記事をチップで応援

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

愛護団体急げ!立憲民主党議員「飼い猫の肉が露出、一応手当してみたが全く動かない」病院に連れていけ!動物虐待!立憲民主党議員「飼い猫の肉が露出、一応手当してみたが全く動かない」病院に連れていけ!

朝日新聞・高橋純子、野党議員を野糞に例え「野に在りて振り絞るもの」官僚には「公僕が勘違いしている」朝日新聞・高橋純子、野党議員を野糞に例え「野に在りて振り絞るもの」官僚には「公僕が勘違いしている」





最近の記事

  1. 沖縄県が春と秋の叙勲で推薦書未提出、2名の受賞機会喪失!玉城知事は発覚後も公表せず補選で大はしゃぎ
  2. NHKプロデューサーを逮捕!路上で強制わいせつの疑い、炎上した番組「AIに聞いてみた」開発チーム責任者
  3. サンモニ・大宅暎子さんが正論「年金問題、民主党政権が知らなかったわけないのに選挙に使おうとしいる、麻生さんをイジメても仕方ない」
  4. 希望の党で当選の小川淳也議員が立憲民主党会派入り、前日には国民民主党・玉木雄一郎を励ます会に出席
  5. 何様?韓国議長の謝罪に鳩山由紀夫「私個人にではあったが日本国民に謝られたのである」←勝手に国民の代表になるな
  6. 政治活動ではなく見世物?蓮舫らが「筆談ホステス」の看板掲げ立憲候補と練り歩く、ボイパのおっくんはエプロン姿に「保育士・気象予報士」のタスキ
  7. テレビ朝日が捏造を隠蔽!タンカー攻撃「安倍総理も米に加担、イランが強く非難」と放送→イラン大使館が否定→捏造部分をカットしてネットに再投稿
  8. 香港出身のアグネス・チャン、故郷の大規模デモを完全にスルー!アメリカでのセレブ生活をブログに連投中
  9. SEALDs元メンバーらが香港のデモに連帯!→駐日中国大使館の厳しさを知らされ抗議を中止、なぜか矛先を香港に変更する
  10. 東京新聞の望月記者、ついに幻聴が聞こえたとして政府を批判「内閣情報調査室が私をマークして調べていると聞こえてきた」←知らんがな・・・



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

PAGE TOP