立憲民主候補、街宣で道交法違反?自転車に旗立て片手運転、過去には柿沢未途議員が同様のスタイルで爆走


立憲民主候補、街宣で道交法違反?自転車に旗立て片手運転、過去には柿沢未途議員が同様のスタイルで爆走

左:柿沢未途衆院議員 右:福田剛候補

 立憲民主党の公認で愛媛県議会議員選挙に出馬した福田剛候補が、選挙街宣で自転車の片手運転をしていることが判明した。後部の荷台あたりには、のぼり旗が取り付けられている。

街宣車に自分自身は
乗った経験がないのですが、
いつも愛車の 自転車スタイルで
ヘルメットの着用の条例も
制定されているんですよ

#立憲民主党 #立憲えひめ
#福田つよし #今治市
#あなたの力が必要です

福田 つよしさんの投稿 2019年3月29日金曜日

 この「自転車街宣」スタイルは河村名古屋市長が元祖とされているが、2017年の市長選では「道交法違反ではないか」と指摘を受けている。
参考:河村氏の自転車街宣にブレーキ? ヘルメットなし、片手運転…法に抵触も:名古屋市長選2017:中日新聞

スポンサーリンク

柿沢未途議員は不審者レベル

 こういった自転車街宣は他でも見られるが、2017年衆院選での柿沢未途衆院議員のスタイルが最もインパクトがあった。道交法以前に不審者として通報されるレベルだ。
立憲民主候補、街宣で道交法違反?自転車に旗立て片手運転、過去には柿沢未途議員が同様のスタイルで爆走

 これらの行為が道路交通法違反に該当するかどうかは判断が分かれる。2015年の改正道路交通法では、スマホなどを操作しながらの片手運転など自転車の危険行為などが規定されている。街宣時に常時沿道に手を振る行為がそれに該当しない可能性が高いが、道路交通法では以下のような条文もある。

(安全運転の義務)
第七十条 車両等の運転者は、当該車両等のハンドル、ブレーキその他の装置を確実に操作し、かつ、道路、交通及び当該車両等の状況に応じ、他人に危害を及ぽさないような速度と方法で運転しなければならない。
(罰則 第百十九条第一項第九号〔三月以下の懲役又は五万円以下の罰金〕、同条第二項〔十万円以下の罰金〕)

 自転車街宣が「当該車両等のハンドル、ブレーキその他の装置を確実に操作し、かつ、道路、交通及び当該車両等の状況に応じ、他人に危害を及ぽさないような速度と方法」を遵守した行為とは言えないだろう。明らかに危険な運転方法である。
 選挙においては選挙用の自動車に乗車する候補者と選挙運動員は、道路交通法施行令第26条の3の2によって座席ベルト(シートベルト)の装着が免除されているなどの特例はあるが、自転車街宣については、本人だけでなく周囲の人間に被害が及ぶ事故も想定され、「選挙だから」と大目に見て良いものではないだろう。

 どう考えてものぼり旗が風に煽られ不安定になる自転車で、前方以外の沿道に手を振る行為は危険な運転である。立憲民主党に限らず、こういった街宣を行っている候補はもう一度考え直してほしいものだ。

関連:TBSが自らの道交法違反を放送!「中国人が禁止場所で車線を変更」→ロケ車も車線変更!放送免許も返せ
関連:衝撃写真!柿沢未途ついにぶっ壊れる!不審者通報レベルの服装と自転車で車道ど真ん中を爆走する事案発生

ご支援をお願いします

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

流出!日本共産党の教育資料を公開「警察は攻撃の機会を狙う、階級闘争の不可避、和解できない階級対立」流出!日本共産党の教育資料を公開「警察は攻撃の機会を狙う、階級闘争の不可避、和解できない階級対立」

ヤバい!琉球新報「沖縄が味方に付ける相手は中国、ロシア、北朝鮮」「琉球王国は未開で野蛮な独裁国家」ヤバい!琉球新報「沖縄が味方に付ける相手は中国、ロシア、北朝鮮」「琉球王国は未開で野蛮な独裁国家」




全文転載厳禁→引用ルール

最近の記事

  1. 反安倍ブーメラン「セクシーの意味を安倍政権が閣議決定、恥ずかしい!」→立憲民主党議員が質問主意書を提出
  2. 金平茂紀、朝日新聞のハンセン病家族訴訟の誤報に「この記事が控訴断念のひとつの要因でしょう」←大嘘、朝刊より先にNHKが「断念」と報道
  3. TBSチーフディレクターが派遣ADの女性をホテルに呼び出し裸にさせる鬼畜セクハラ→処分は自宅謹慎と異動のみ
  4. 【非道】台東区がホームレス男性の避難所受け入れを拒否→強風と雨の中、軒下でビニール傘を広げ一晩過ごすことに
  5. 共産・高橋千鶴子が謎のアピール「質問で原稿を持つ手、先月肩を脱臼してた!足が3回つって寝てない!」
  6. これ必要か?神奈川県のダム放水緊急メッセージ、黒岩知事のキリッとした顔写真が気になって情報が伝わらない
  7. 共産党議員が悪質な災害デマ投稿「城山ダムは水害が起こると分かって溜め込んでいた」→前日から徹夜で事前放流
  8. N国党員が台風デマ動画投稿で炎上→削除もせず「面白半分で拡散しないで」「リツイートする暇があったら」と信じた人を責める
  9. ラサール石井「やっていい事と悪い事がないのが表現の自由」→8年前の投稿「浅田真央ちゃんは彼氏作ってエッチして表現力を身につけて」コレやって悪いことだろ
  10. 森友問題決着へ!籠池長男が3対1の対談申し入れ、東京新聞の望月記者・朝日新聞の南記者・元NHKの相沢記者は逃げないで



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

PAGE TOP