ヤバい!琉球新報「沖縄が味方に付ける相手は中国、ロシア、北朝鮮」「琉球王国は未開で野蛮な独裁国家」


ヤバい!琉球新報「沖縄が味方に付ける相手は中国、ロシア、北朝鮮」「琉球王国は未開で野蛮な独裁国家」

琉球新報より

 琉球新報が31日に掲載したコラム「島人の目」で、沖縄独立で味方にする相手として「中国、ロシア、北朝鮮、韓国」を挙げ、琉球王国を「未開で野蛮な独裁国家にすぎない」とした内容が話題となっている。問題のコラムは、海外在住の沖縄出身者らで連載。31日はイタリア在住のTVディレクター中曽根雅則氏が「苦難覚悟で沖縄独立も」と題し沖縄独立をテーマに執筆したもの。

もはや島はさらなる苦難を覚悟で独立を志向したほうがいいのかもしれない。その場合、沖縄が味方に付けるべき相手は中国、ロシア、北朝鮮のうちの1国。または3国全て。
  民意を無視する安倍一強はしょせん独裁体制。毒をもって毒を制する。安倍強権内閣と鋭く対立している今の韓国も沖縄のパートナーになり得る。韓国に「恨の心」がある限り、彼らは沖縄の屈辱も理解するだろう。懸念は沖縄がそれらの「大国」にのみ込まれて、安倍政権下の“植民地”状態を脱して新たに彼らの「植民地」になってしまうことだ。沖縄が中国に於(お)ける「チベット化」を避けるには、大きな知恵と肝っ玉が必要だ。
(中略)
琉球王国とは何か? それは過去の世界の国々と同様の、未開で野蛮な独裁国家にすぎない。琉球王国の場合は、その上に「ミニチュアの」という枕詞(まくらことば)が付くだけだ。未開の、超ミニチュアの独裁国家が琉球王国である。

 沖縄はそんな邪悪な国家体制を目標にしてはならない。
出典:【島人の目】苦難覚悟で沖縄独立も – 琉球新報

スポンサーリンク

これは沖縄ヘイトではないのか?

 なかなかの沖縄ヘイトである。もしこれを保守系論客が執筆したならば大騒ぎして、得意の「県民大会」とやらを開催し数千人を集め「7万人が参加した」と琉球新報が報じるのだろう。そして、そこにはなぜか「ジュゴンを守れ!」というプラカードまで掲げられるのだ。

 ほんの数年前までは「沖縄は日本として扱われていない、差別だ」と主張していた人達はどこに行ったのだろうか?全員がお亡くなりになったのだろうか?
 いつの間にやら「沖縄独立」が堂々と語られるようになり、ついにはパートナーを韓国、中国、ロシア、北朝鮮に選ぶようになっている。しかも、中国におけるチベット問題を認識しながら、そういった国に沖縄を明け渡そうというのだから危険極まりない。

 現在行われている北海道知事選では「北海道独立」を掲げる候補を維新以外の野党が推している。そしてその野党は、沖縄独立を叫ぶ基地反対派と連携しているのだから、これを“売国”と呼ばずなんと呼べばいいのか。

関連:ロブ・カジワラが池江選手宛に再び投稿「病気の原因かもしれない放射性物質を沖縄に持ち込むべきでない」
関連:【動画】乗松聡子「天皇が作った歌を沖縄の歌手に歌わせた!天皇による植民地主義の象徴!」琉球新報掲載

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。→支援ページ 【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

立憲民主候補、街宣で道交法違反?自転車に旗立て片手運転、過去には柿沢未途議員が同様のスタイルで爆走立憲民主候補、街宣で道交法違反?自転車に旗立て片手運転、過去には柿沢未途議員が同様のスタイルで爆走

朝日新聞・鮫島浩「令嬢「令」のつく言葉。どこか息苦しい。その下に「和」がつくと、さらに息苦しい」朝日新聞・鮫島浩「令嬢「令」のつく言葉。どこか息苦しい。その下に「和」がつくと、さらに息苦しい」





最近の記事

  1. れいわ新選組支持者「安倍退陣デモに山本太郎氏登場!」→参加者「山本太郎いた?」れいわ信者のフェイク動画と判明
  2. 共産党女性市議を窃盗容疑で書類送検→「議員は続けたい」安保法制廃止を訴える元自衛官候補として話題になった人物
  3. 箕面市長がテレ朝・玉川徹のデマに抗議「風評や誤解を解いてきた努力を一瞬で踏みにじる報道」本人ではなく新人アナが謝罪→さらに炎上
  4. 立憲・山岸一生が捏造「総理を祝う会の案内状に異様な注意書き、撮影・SNSへの投稿は一切禁止」母校OB団体の祝賀会案内を切り取って無断公開
  5. 【写真】河井案里議員の選挙を見守る河井克行議員の姿 週刊誌掲載の県連・地検リーク情報を鵜呑みにしてはいけない
  6. 【動画】東京新聞の望月記者が会見でトラブル「私は2問質問させて!ギャー!」幹事社の仲裁も聞かず声を荒げる醜態
  7. 絶対に謝らない野党!民主党政権の桜を見る会招待者名簿は存在しない→「完成していた」ケータリングが安倍政権で一社独占→「民主党でも契約」
  8. 繰り返すブーメラン!蓮舫「カジノは不要」→民主党政権でカジノ合法化を進めた担当大臣が蓮舫
  9. 検証!片山さつき議員が都知事選出馬を否定「そんな話、全くありませんよ!」日刊ゲンダイの捏造記事が発端か?
  10. 【動画】産経記者「委員長20年は長すぎるのでは?」志位「あのぅ・・・そうですねぇ、あの、あはっ(笑)」ちっちゃい声でしどろもどろ



最近の投稿

PAGE TOP