朝日新聞・鮫島浩「令嬢「令」のつく言葉。どこか息苦しい。その下に「和」がつくと、さらに息苦しい」


朝日新聞・鮫島浩「令嬢「令」のつく言葉。どこか息苦しい。その下に「和」がつくと、さらに息苦しい」

 4月1日に菅義偉官房長官より発表された新元号「令和」について、朝日新聞の鮫島浩記者が「息苦しい」と嘆いている。意味不明だ。

命令、指令、司令、令状、令嬢、令息、令室…。「令」のつく言葉。どこか息苦しい。その下に「和」がつくと、さらに息苦しい。

 君は先生の説明を聞いていましたか?

本日、元号を改める政令を閣議決定いたしました。新しい元号は「令和」であります。これは、万葉集にある「初春の令月にして 気淑く風和ぎ 梅は鏡前の粉を披き 蘭は珮後の香を薫す」との文言から引用したものであります。

とにかく元号が気に入らない人たち

 元号が気に入らない。どんな元号でも気に入らない。そんな屈折した感情をツイッターで披露しているのは鮫島記者だけではない。

 こういう人たちに限って、民主的に多数決で決めると「少数意見がー!!!」と言いまた否定をします。彼らを納得させる術はないのです。

関連:朝日新聞特別報道部次長がインフルワクチンの効果否定する投稿←系列サイト「少なくとも1回は受けて」
関連:朝日の鮫島「不法占拠の言葉が消えた!安倍政権ガー!」朝日論説委員が瞬殺「それ民主党政権からですよ」

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。

【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

ヤバい!琉球新報「沖縄が味方に付ける相手は中国、ロシア、北朝鮮」「琉球王国は未開で野蛮な独裁国家」ヤバい!琉球新報「沖縄が味方に付ける相手は中国、ロシア、北朝鮮」「琉球王国は未開で野蛮な独裁国家」

小西洋之議員「元号法を改正して令和を廃止、それに代わる新元号を遡って皇位継承の際の改元とできる」小西洋之議員「元号法を改正して令和を廃止、それに代わる新元号を遡って皇位継承の際の改元とできる」

SNS・RSSフォロー

最近の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP