朝日新聞特別報道部次長がインフルワクチンの効果否定する投稿←系列サイト「少なくとも1回は受けて」


朝日新聞特別報道部次長がインフルワクチンの効果否定する投稿←系列サイト「少なくとも1回は受けて」

 朝日新聞特別報道部次長の鮫島浩記者が自身のツイッターで、厚労省の医師から聞いたとしてインフルエンザワクチンの効果を否定するツイートを行い炎上している。

 ネット上ではインフルエンザワクチンの効果を否定する情報が多いが、そのどれもが所謂「トンデモ」な情報である。ワクチンとは感染症予防の医薬品のことだが、「重症化予防」を「罹患しない」と曲解した人物により流布されたものと思われる。

スポンサーリンク

朝日新聞の医療サイトでも接種を推奨

 インフルエンザワクチンに関しては、罹患後の重症化や合併症を予防する効果が認められている。予防接種を「罹患予防」に限定して考える残念な思考の持ち主が陥りやすい一種の陰謀論でもある。
 このことは、朝日新聞デジタルの医療ニュースサイト「アピタル」でも小児科医の森戸やすみ氏が記事で解説し、結論として「少なくとも1回は受けて」としている。

 ワクチンは、インフルエンザウイルスへの感染を予防することはできませんが、感染してから発症する可能性を抑える効果と、発症してから重症化を防ぐ効果があるとされています。もし流行する型がはずれていても、重症化して肺炎や脳症になるのを防ぐ効果は期待できますから、ワクチンの意味がないということはありません。
出典:インフルワクチンは効かない? 添加物が心配って本当?:朝日新聞デジタル

 鮫島浩記者が次長を務める朝日新聞特別報道部といえば、福島県への風評被害を拡散させ問題視された「プロメテウスの罠」が有名だが、この部署の基本的な考え方が、常識的な化学や医療を否定する「〇〇はいけない!」というトンデモ本みたいな発想なのだろう。

関連:【炎上】朝日新聞運営メディア、ヤレる女子大生ランキングに「記事を読んで、ゲラゲラ笑ってしまった」
関連:朝日新聞記者が無免許で速度超過!朝日新聞「知らなかった、業務での運転はない」←そんなわけないだろ!

【活動の支援をお願いします】

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

レーダー照射問題で官邸関係者「韓国への制裁措置発動を決断する」防衛省は最終見解で協議打ち切りを決定レーダー照射問題で官邸関係者「韓国への制裁措置発動を決断する」防衛省は最終見解で協議打ち切りを決定

自由党と国民民主党の合流報道「あり得ない。単に誤報だろう」階猛議員がSNSに投稿、党内紛糾は不可避自由党と国民民主党の合流報道「あり得ない。単に誤報だろう」階猛議員がSNSに投稿、党内紛糾は不可避





最近の記事

  1. 国民民主党「民主党の後継政党である」→略称「民主党」を立憲民主から奪取!→枝野代表「どうぞどうぞ」
  2. 柚木道義議員が暴言、元TBS山口氏を「元容疑者」百田尚樹氏に「このレイシスト一生部屋の中にいれば」
  3. 【猪突猛進】共産党選挙カーが高さ制限を無視して突っ込む!区役所駐車場の警備員「はい、バックして~」
  4. 虎ノ門ニュースにテロ予告?ツイッター「観覧テロ起こすぞ!」番組は警察当局への通報を含め断固たる対処
  5. 野党合同ヒアリングをパワハラ認定!丸山穂高議員「官僚が罵倒されている」参考人「それはハラスメント」
  6. 立憲・枝野代表が不適切発言「与党は登校拒否」指摘受け謝罪「不登校は本人の責任ではない事情がある」
  7. 立川談四楼、デマで政権叩き「安倍さんは5年半も福島に行ってなかった」今回で18回目の福島訪問でした
  8. 共産党選挙カー無賃駐車問題で地区委員会「そのような事実はない」→投稿者が反論「問い詰められ認めた」
  9. 橋下徹氏「これはアウト」竹山修身選手(堺市長)が1億アップの2億3千万円で更改「恥ずべきとこない」
  10. 反党行為?立民・真山勇一議員が対立候補「上杉隆」を応援する投稿、誤解を招いたとしてツイート削除



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com





PAGE TOP