朝日新聞特別報道部次長がインフルワクチンの効果否定する投稿←系列サイト「少なくとも1回は受けて」


朝日新聞特別報道部次長がインフルワクチンの効果否定する投稿←系列サイト「少なくとも1回は受けて」

 朝日新聞特別報道部次長の鮫島浩記者が自身のツイッターで、厚労省の医師から聞いたとしてインフルエンザワクチンの効果を否定するツイートを行い炎上している。

 ネット上ではインフルエンザワクチンの効果を否定する情報が多いが、そのどれもが所謂「トンデモ」な情報である。ワクチンとは感染症予防の医薬品のことだが、「重症化予防」を「罹患しない」と曲解した人物により流布されたものと思われる。

スポンサーリンク

朝日新聞の医療サイトでも接種を推奨

 インフルエンザワクチンに関しては、罹患後の重症化や合併症を予防する効果が認められている。予防接種を「罹患予防」に限定して考える残念な思考の持ち主が陥りやすい一種の陰謀論でもある。
 このことは、朝日新聞デジタルの医療ニュースサイト「アピタル」でも小児科医の森戸やすみ氏が記事で解説し、結論として「少なくとも1回は受けて」としている。

 ワクチンは、インフルエンザウイルスへの感染を予防することはできませんが、感染してから発症する可能性を抑える効果と、発症してから重症化を防ぐ効果があるとされています。もし流行する型がはずれていても、重症化して肺炎や脳症になるのを防ぐ効果は期待できますから、ワクチンの意味がないということはありません。
出典:インフルワクチンは効かない? 添加物が心配って本当?:朝日新聞デジタル

 鮫島浩記者が次長を務める朝日新聞特別報道部といえば、福島県への風評被害を拡散させ問題視された「プロメテウスの罠」が有名だが、この部署の基本的な考え方が、常識的な化学や医療を否定する「〇〇はいけない!」というトンデモ本みたいな発想なのだろう。

関連:【炎上】朝日新聞運営メディア、ヤレる女子大生ランキングに「記事を読んで、ゲラゲラ笑ってしまった」
関連:朝日新聞記者が無免許で速度超過!朝日新聞「知らなかった、業務での運転はない」←そんなわけないだろ!

この記事をチップで応援

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

レーダー照射問題で官邸関係者「韓国への制裁措置発動を決断する」防衛省は最終見解で協議打ち切りを決定レーダー照射問題で官邸関係者「韓国への制裁措置発動を決断する」防衛省は最終見解で協議打ち切りを決定

自由党と国民民主党の合流報道「あり得ない。単に誤報だろう」階猛議員がSNSに投稿、党内紛糾は不可避自由党と国民民主党の合流報道「あり得ない。単に誤報だろう」階猛議員がSNSに投稿、党内紛糾は不可避





最近の記事

  1. 沖縄県が春と秋の叙勲で推薦書未提出、2名の受賞機会喪失!玉城知事は発覚後も公表せず補選で大はしゃぎ
  2. NHKプロデューサーを逮捕!路上で強制わいせつの疑い、炎上した番組「AIに聞いてみた」開発チーム責任者
  3. サンモニ・大宅暎子さんが正論「年金問題、民主党政権が知らなかったわけないのに選挙に使おうとしいる、麻生さんをイジメても仕方ない」
  4. 希望の党で当選の小川淳也議員が立憲民主党会派入り、前日には国民民主党・玉木雄一郎を励ます会に出席
  5. 何様?韓国議長の謝罪に鳩山由紀夫「私個人にではあったが日本国民に謝られたのである」←勝手に国民の代表になるな
  6. 政治活動ではなく見世物?蓮舫らが「筆談ホステス」の看板掲げ立憲候補と練り歩く、ボイパのおっくんはエプロン姿に「保育士・気象予報士」のタスキ
  7. テレビ朝日が捏造を隠蔽!タンカー攻撃「安倍総理も米に加担、イランが強く非難」と放送→イラン大使館が否定→捏造部分をカットしてネットに再投稿
  8. 香港出身のアグネス・チャン、故郷の大規模デモを完全にスルー!アメリカでのセレブ生活をブログに連投中
  9. SEALDs元メンバーらが香港のデモに連帯!→駐日中国大使館の厳しさを知らされ抗議を中止、なぜか矛先を香港に変更する
  10. 東京新聞の望月記者、ついに幻聴が聞こえたとして政府を批判「内閣情報調査室が私をマークして調べていると聞こえてきた」←知らんがな・・・



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

PAGE TOP