レーダー照射問題で官邸関係者「韓国への制裁措置発動を決断する」防衛省は最終見解で協議打ち切りを決定


レーダー照射問題で官邸関係者「韓国への制裁措置発動を決断する」防衛省は最終見解で協議打ち切りを決定

 韓国海軍による火器管制レーダー照射問題で、ジャーナリストの加賀孝英氏によると「今月中に韓国が事実を認めなければ、制裁措置の発動を決断する。これは安倍晋三首相や、政府・与党の断固たる決意だ」と官邸関係者が言い切ったという。
出典:【スクープ最前線】米、新アジア戦略から“無法国家”韓国を排除へ 日米情報当局「韓国は完全に北朝鮮側だ。もはや同盟国ではない」 – zakzak

 防衛省は21日に火器管制レーダー探知音を最終見解とともに公開し、協議の打ち切りを発表している。

スポンサーリンク

実務者協議打ち切りで外交問題へ

 官邸関係者が憤るのも仕方がない。これまで韓国側は何ら証拠と言えるものを示すことなく、ひたすら日本側を批判しレーダー照射の事実すら認めていない。ついに防衛省は火器管制レーダーの警告音を公表し、厳しい内容の最終見解を韓国側に突き付けている。

 韓国国防部報道官は、翌15日に、「無礼」との外交的にも異例な用語を用いて、防衛省の提案を非難した上、同月14日の実務者協議の詳細について、事前の合意に反して、事実と異なる内容を一方的に明らかにしています。同報道官のこのような言動は、双方の信頼関係を損ない、率直な意見交換の支障となるもので、極めて遺憾であり、同月16日、防衛省はこのような言動が繰り返されることのないよう、強く求めましたが、韓国側からは、誠意のある回答が得られていません。

 上述のような一連の韓国側の対応ぶりや、これまでの韓国側の主張が一貫しておらず信頼性に欠けるものであることを踏まえると、韓国側が事実とは全く異なる主張を繰り返していると結論付けざるを得ません。

 このような状況においては、相互主義に基づく客観的かつ中立的な事実認定が困難であるため、これ以上実務者協議を継続しても、真実の究明に資するとは考えられません。防衛省としては、韓国駆逐艦による海自P-1哨戒機への火器管制レーダー照射について、改めて強く抗議するとともに、韓国側に対し、この事実を認め、再発防止を徹底することを強く求めます。
出典:防衛省・自衛隊:韓国海軍艦艇による火器管制レーダー照射事案について

 防衛省が実務者協議を打ち切ったという事は、今後は政府による外交問題となる。韓国側としては謝罪しか道はないはずだが、これで認めないならば制裁措置を決断せざるを得ない。
 菅義偉官房長官は21日午後の記者会見で「事実関係について、国民の皆さんをはじめ対外的に丁寧に説明する必要がある」と述べたが、22日午前の記者会見では「日米間で緊密に連携していく」とし、韓国側の対応を注視する構えだ。

関連:立憲・枝野代表、レーダー問題「政治問題化をせず」渋々言及、一方の韓国は「秀吉の朝鮮出兵」を持ち出す
関連:【レーダー照射】東京新聞「矛を収めよ、韓国を追い詰め結果的に問題をこじらせた」←韓国に頼まれたの?

【活動の支援をお願いします】

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

馬淵澄夫元国交相が繰り上げ当選で議員復帰、樽床伸二議員が補選出馬で辞職→当選の場合、自民党入りか?樽床伸二議員が辞職→補選出馬で自民党入りか?馬淵澄夫元国交相が繰り上げ当選で議員復帰する見通し

朝日新聞特別報道部次長がインフルワクチンの効果否定する投稿←系列サイト「少なくとも1回は受けて」朝日新聞特別報道部次長がインフルワクチンの効果否定する投稿←系列サイト「少なくとも1回は受けて」





最近の記事

  1. 区議に当選した中核派・洞口朋子さん、当選早々「絶対に許さない」批判していた人達を震えあがらせる投稿
  2. 米兵に殺害された女性の父親「娘の死を政治の道具にしてほしくない」望月衣塑子「沖縄に米軍基地ガー!」
  3. 【共産党】生活保護希望者の写真をSNSに投稿した服部候補、投票日に公選法違反ツイートもあえなく落選
  4. 千原せいじ「俺が韓国国民だったら恥ずかしい、隣の国の紙幣変わって腹立つ国が地球上にあるんやろか?」
  5. 国民民主党「民主党の後継政党である」→略称「民主党」を立憲民主から奪取!→枝野代表「どうぞどうぞ」
  6. 柚木道義議員が暴言、元TBS山口氏を「元容疑者」百田尚樹氏に「このレイシスト一生部屋の中にいれば」
  7. 【猪突猛進】共産党選挙カーが高さ制限を無視して突っ込む!区役所駐車場の警備員「はい、バックして~」
  8. 虎ノ門ニュースにテロ予告?ツイッター「観覧テロ起こすぞ!」番組は警察当局への通報を含め断固たる対処
  9. 野党合同ヒアリングをパワハラ認定!丸山穂高議員「官僚が罵倒されている」参考人「それはハラスメント」
  10. 立憲・枝野代表が不適切発言「与党は登校拒否」指摘受け謝罪「不登校は本人の責任ではない事情がある」



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com





PAGE TOP