毎日新聞「玉木氏は地獄」→玉木代表「関係者の憶測だけ」→足立康史「皆そう思ってる。終わったな、と」


毎日新聞「玉木氏は地獄」→玉木代表「関係者の憶測だけ」→足立康史「皆そう思ってる。終わったな、と」

 毎日新聞の記事に国民民主党・玉木雄一郎代表がご立腹だ。

毎日新聞はどんな意図をもってこんな記事を書くのか。野党分断に加担しているのか。
党内外の「関係者」の憶測だけをつぎはぎしただけで、私にはまともな取材もない。
あきれるしかない。

 これに対して日本維新の会の足立康史衆院議員は「でも、皆そう思っています。玉木さん終わったな、と。」と突っ込んでいる。

 私もそう思います。

スポンサーリンク

小沢選挙はもう通用しない

 玉木代表が怒っているのは、立憲会派の議員の発言とされる「小沢氏は完全に玉木氏を揺さぶっている。玉木氏は地獄のような状況だろう」という部分と思われる。しかし、足立議員も「皆そう思っています。」と突っ込んでいるように小沢氏を引き入れたことを肯定的に見る人は少ない。

 玉木代表は小沢氏の選挙に関する知識と経験を買って役職に就けたいようだが、小沢氏が選挙に強いと言われたのは昔の話であって、近年は自力で選挙戦を展開することも出来ず当選者もほとんど出ていない。自由党のメンバーを見ても小沢の看板で当選したのは2016年参院選の青木愛議員だけで、その他の議員は無所属で当選するか、選挙直前に党公認を外して無所属にした候補ばかりだ。

小沢一郎  無所属 (2017衆院選)
玉城デニー 無所属 (2017衆院選)
山本太郎  無所属 (2013参院選)
森ゆうこ  無所属 (2016参院選)
木戸口英司 無所属 (2016参院選)
青木愛   生活の党(2016参院選)

 小沢氏が選挙に強いというのは幻想で、むしろ小沢の看板がネックになっているのだ。2017年の衆院選でも、直前になって自由党公認の新人を希望の党へ送り出し壊滅状態にするなど散々な結果である。現沖縄県知事の玉城デニー氏ですら自由党の看板を外して無所属で戦ったことを考えると、小沢の看板は百害あって一利なしだ。

 国民民主党に小沢一派を引き入れても、離れていく議員と支持者が多いことは火を見るより明らか。今更、小沢を切ることも出来ず、まさに「玉木さん終わったな」である。

関連:枝野代表が小沢一郎らにマジ切れ!「これ以上、我が党に持ちかけられるのは迷惑だ!」参院選統一名簿拒否
関連:玉木議員「悪いことしてたら今ごろ捕まってますよw」足立康史議員「安倍総理にも同じこと言える?」

【活動の支援をお願いします】

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

蓮舫「ドローン規制対案、報道目的の防衛関係施設上空飛行認める」←ならツイッターのブロックも解除して蓮舫「ドローン規制対案、報道目的の防衛関係施設上空飛行認める」←ならツイッターのブロックも解除して

アチョー!福島瑞穂が「拳法フェスタ」を告知!ラーメンマンのキャメルクラッチで安倍政権を真っ二つだ!アチョー!福島瑞穂が「拳法フェスタ」を告知!ラーメンマンのキャメルクラッチで安倍政権を真っ二つだ!





最近の記事

  1. 毎日新聞が捏造「前の天皇陛下はいつも座ったままで(首相を)見送っていた」→宮内庁が激怒「上皇陛下に対して極めて非礼で尊厳を傷つける」
  2. ファーウェイに激震!Google Play Store、Gmail、YouTubeなどへのアクセスが不可能に
  3. 公選法違反「#比例は共産党」のハッシュタグを党ぐるみで拡散、小池晃書記局長・山下芳生副委員長ら現職議員も使用
  4. 徹底解説!政府が朝鮮総連を破防法に基づく調査対象団体と閣議決定→ただし「適用団体に」はフェイクニュースである
  5. twitterカードに表示される画像・タイトル情報を変更する方法、間違った投稿や更新時に素早く対応
  6. 蓮舫が首相と芸能人の面会に苦言「中身の政策を伝えない」←立民の芸能人枠代表が蓮舫でボイパのおっくん、現役アナ、筆談ホステスを擁立してますが?
  7. 高須院長「告訴状完成なう」小西ひろゆき議員は禁断の一手へ「悪徳弁護士による被害には、弁護士の懲戒請求ができます」
  8. 共産党前議員「市原(公園)の事故もまたプリウス。オスプレイと同じ構図でないことを願う。」暴走死傷事故の冤罪を疑う投稿
  9. 金子勝さんが自宅階段で転落し入院→安定のアベガー「安倍一味にポアされた」「安倍親衛隊に突き落とされた」
  10. 小西洋之議員が高須クリニックCMを「民放連放送基準に抵触」とツイート→高須院長が刑事告訴を検討→小西「国会でも取り上げる」と恫喝



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

PAGE TOP