鳩山由紀夫が放射能デマ「福島の子は甲状腺がんの発生確率が高い。原発事故による放射線被ばくによるもの」


鳩山由紀夫が放射能デマ「福島の子は甲状腺がんの発生確率が高い。原発事故による放射線被ばくによるもの」

 鳩山由紀夫元首相は1日、東日本大震災による東京電力福島第1原発事故に関し「福島県の子どもたちは他県の子どもたちと比較して、圧倒的に甲状腺がんの発生確率が高い。」とツイッターに投稿した。中間報告では被ばく線量とがんの発生が比例しておらず関連性はないとされたことを批判するものであるが、デマで福島県民を不安に陥れるものだと批判が殺到している。


スポンサーリンク

鳩山が総理だったこともデマであって欲しい

 福島原発の事故を巡っては、事故発生当初から不安を煽るデマが横行し福島県民を悩ませている。
 事故発生当初は多くの国民が知識を有しておらず、善意からの注意喚起がデマとして流れたものもあったが、今では狂信的な反原発派と一部野党の政治プロパガンダとして流布され始めている。

 今回、鳩山元首相が流したデマも科学的根拠が示されていないうえ、ツイートにある「他県の子どもたちと比較して、圧倒的に甲状腺がんの発生確率が高い」というデータも存在していない。鳩山氏のツイートに多くのデータや資料が提示されているので見てもらえば分かるが、福島県では他県よりも検査の回数も対象人数も多いので「発見率」と「発見数」は高くなるが「発生率」が高いという結論には至っていない。線量に比例して発生確率が高くなるという相関関係も見られないのだ。

 鳩山氏にも関しては先月にも「放射能オリンピック」とツイッターに投稿し問題視されている。

 これも悪質なデマであり「欧米では」と言えば無知な連中が釣れると思っているのだろうが、2011年以降も東京では多くの競技で国際大会が行われているが、その開催を疑問視している国などない。これまで問題視されなかったのに2020年だけを問題視する国があるのならこっちからお断りだ。
 来なくてよい。

 とにかく政権を批判し国民の不安を煽ることだけに熱心な人間が総理であったと思うとゾッとする。福島だけでなく東京まで危ないと言うなら文京区の音羽御殿(鳩山会館)を観光名所にして金を取っているのはどういうことなのか。そこは放射能御殿ではないのか?

関連:鳩山由紀夫さんと立憲民主議員、ジュゴンの死因を「辺野古工事の影響」←辺野古とは反対側の海なんだけど
関連:デマ?「CCSは鳩山元総理が苫小牧に誘致した」過去の報道と経済産業省の資料を検証してみた結果・・・

ご支援をお願いします

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ワタミのワンオペ対応に韓国野党議員「このような冷遇初めて」→自民・宇都議員「先方から渡邊美樹だけに会うと回答があった、嘘まみれ」ワタミのワンオペ対応に韓国野党議員「このような冷遇初めて」→自民・宇都議員「先方から渡邊美樹だけに会うと回答があった、嘘まみれ」

【本人動画あり】毎日新聞記者がアカ削除で逃亡!犯人の部屋にテレビとゲーム機の報道に「なぜモンスターが生まれたかを推し量る材料」【本人動画あり】毎日新聞記者がアカ削除で逃亡!犯人の部屋にテレビとゲーム機の報道に「なぜモンスターが生まれたかを推し量る材料」




全文転載厳禁→引用ルール

最近の記事

  1. 検証!BuzzFeedが報じた在日3世のスピーチに捏造発覚「ナチスみたいにガス室に送る、この国はきっとやる」カットしてつなぎ合わせ
  2. 立民・初鹿明博議員が旭日旗持ち込み問題でデマ「北京五輪では日本大使館が呼び掛けていた」←中国国内では襲撃されるから
  3. 東国原英夫が金慶珠を罵倒→小島慶子「エリート韓国人にたたき上げの日本人がガツンと言えば喝采されると踏んだのかな」これこそ差別
  4. 引退発表の阪神メッセンジャーに国民・前原誠司さん「阪神でなければ100勝は軽く超えていたでしょう」
  5. 足立康史議員が関西生コン逮捕者数を公開「正確には57名です。(再逮捕等含め)延べ人数は87名」
  6. 社民・吉川幹事長「第4次安倍内閣、人材の払底感が極まっている」←たった4人の社民党が人材を語るかね?
  7. またTBSでヤラセ発覚「クレイジージャーニー」事前に準備した爬虫類を放ち捕獲する仕込み繰り返す→番組休止へ
  8. 冤罪?柴山大臣が高校生の政治談議に「こうした行為は適切?」で大炎上→実際は教師による「洗脳」政治活動に対しての疑問だった
  9. 蓮舫が政治家になった理由「芸能界で生き残るのはリスク、取って代わるタレントは掃いて捨てるほどいる。でも参議院は6年の有期契約」
  10. 玉城デニー知事、琉球人虐殺発言のロブ・カジワラを見捨てる「意見を申し述べる立場にはない」→半年前に県庁で面談「世界に伝えてくれて感謝」



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

PAGE TOP