毎週金曜、震災対応を邪魔する国会前デモが行われる


夜の国会議事堂
「T-nsSOWLから重大発表」銘打たれたデモの告知。
熊本地震で政府の早急な対応が必要なこの時期に政権退陣を求め、毎週金曜日に国会前で騒ぎを起こすそうです。
これを「ビッグニュース」として震災発生の翌日に、マスコミを集めて記者会見を行い、大はしゃぎするという無神経さ。


政治空白で震災対応を遅延させる

特に深い考えもなく「政権退陣」と叫んでいるのだろうが、首相辞任となれば総裁選→再組閣となり政治空白を作ることになる。もしくは解散総選挙だ。
震災発生の翌日に記者会見を強行、「ビッグニュース」という煽りとともに現政権の退陣を求めることを発表するのは正気の沙汰とは思えない。
本人達は当面の目標を7月の参院選に向けているのだろうが、震災対応に与野党が一丸とならなければならないこの時期に、この愚行を支援している日本共産党は何を考えているのだろうか?

4月29日には一回目の愚かなデモが行われた。
当人達は震災のことなど意に介さず1000人集まったと自慢していますが、毎日新聞の記事では中高年を合わせても数百人ほどしか集まっていないようだ。
さすがにこの時期のデモには消極的になるのが通常だろう。

そして、熊本への支援が必要なこの時期にデモの資金を集める「ドネーション」を行うという無神経さ。自費か共産党の党費で賄えといいたい。

彼らが日中のデモで使う車両が毎度の如く日本共産党から貸与されたものであり、これらの活動は歴とした政治活動である。
SEALDsが呼びかけたデモに偽装した共産党街宣車が登場

特定の政党と結びつき、政治活動を行うならば政治団体としての届け出、収支報告が必要となる。それらを求められ窮するとまた別の団体を立ち上げる。
このやり方でどこまで団体の素性が隠し通せると思っているのだろうか?

いずれにせよ、震災対応には与野党一丸となって向き合っていただきたい。
それを阻害する団体や政党は日本には不必要だ。

もうひとつ彼らに教えてあげたい事がある。
安倍さんも議員もいない夜の議事堂に向かって叫んでも誰も聞いていないよ。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

蓮舫はtotoが賭け事であることを理解していない

日本共産党「血のメーデーは警察の企図」と赤旗に記述

SNS・RSSフォロー

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP