リツイート&いいね!数をランキング形式で確認してみた


Twitter
Twitter

最近は私のツイートを拡散してくれる方が増え嬉しい限り。
そこで、自分のツイートの中で最も拡散されたのはどんなツイートであったか確認してみることにした。
最初に以下の記事を参考に確認してみたが、明らかに取得漏れがあり使い物にならないことが判明。
Twitterで自分の投稿がどれだけRT(リツイート)されたかをランキングする「retweet」

で、別の方法を探してみたところ、以下の記事で紹介されている「favstar.fm」がなかなかの精度でリツイートといいね!を集計してくれた。
【Twitter】リツイート数が分かる!favstar.fmを使ってみたよ

と、いうことで私のツイートベスト10を発表します。

スポンサーリンク

ksl_liveのベストツイートランキング

リツイートといいね!の合計も集計できますが、今回は「拡散力」に絞ってリツイート数ランキングを集計発表しました。

1位 保育園落ちた疑惑の吉良よし子


日本共産党の議員は都合の悪い指摘に耳を塞ぐ訓練を受けているのでしょうか?
国会でも採り上げられ、話題性があった事への言及はリツイートされやすい。
吉良よし子(夫は区議)に「保育園落ちた理由」を指摘したらブロックされた

2位 社民党候補増山れなの公選法違反写真


話題に事欠かない増山れなが公示前に候補者名入りタスキをかけて街宣している写真。しかも熊本地震に便乗する公職選挙法違反ということで批判の意味をこめたリツイートが多数。
キンタローににているというリプも複数・・・

3位 吉良よし子へのダメ押しツイート


ブロックで逃げ回る吉良よし子(日本共産党)へのダメ押し。
保育園落ちた!吉良よし子→「アベが悪い」、夫→「目黒区長の責任だ」

4位 笑える動画は受けがいい


vineは6秒と短い時間で笑いを取ってくれるのでツイッター向き。

5位 日本共産党の募金流用疑惑


日本共産党の予定候補者である香西かつ介が小池書記長も出席した講演会で、熊本地震、党勢拡大、北海道五区補選の募金を同じ袋で集めた問題。批判を受けて全額熊本へ送ることになった。

6位 北の狂犬がツイ消し逃亡


ここでは明かしていませんが、実はこれ「未成年の選挙活動」の証拠として押さえたものです。北の狂犬はツイ消しで逃亡、なかったことにしていますが、募金の行方も非公表のまま。

7位 日本共産党のメーデーは危険


血のメーデーは警察の陰謀であるという見解で、事件を反省しない共産党は危険である。政治家の方にもリツイートされた。
日本共産党「血のメーデーは警察の企図」と赤旗に記述

8位 北の狂犬選挙違反、フライングされる


かなり決定的であったため多くの方が伏せていた。選挙後に一斉に証拠提出される予想でしたが、少しフライングで指摘された。
この証拠写真も削除され警察は黙認?

9位 通報解禁!


8位とほぼ同じ、多くの通報がなされたようだが警察は無視している。

10位 これこそ言論弾圧ではないのか?


現代ビジネスにどんな圧力が加わったのか?
一部では蓮舫議員に指摘した直後に消されたという声も・・・

まとめ リツイートされやすい投稿は?

私のアカウントが政治関連多めであることもあるのですが、選挙関連は盛り上がるようです。特に公職選挙法違反は注目度が高いようだ。
10位以下も、日本共産党など野党関連のツイートが多かった。
多いもので800件以上のリツイート、10位以下でも数十件のリツイートがあり、あらためてツイッターの威力を感じる結果。
私はツイッターの反応を見ながら記事を書くことが多いので、リツイート数はかなり参考にしています。皆さんも確かめて見ては?

【引用前に必ず確認してください】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

田中龍作の会計報告に「イケマキ」、舛添的な「タクシー代」など

日本共産党公職選挙法違反日本共産党が組織ぐるみで堂々の公職選挙法違反





最近の記事

  1. 立憲民主党・杉尾秀哉議員が「民放九条の会」で講演←民間放送で働くスタッフが改憲に反対して結成
  2. 有田芳生さん与党議員を「外人部隊」と誹謗しておいて蓮舫へのヤジ「二重国籍」はNGのダブスタ!
  3. ジャパンタイムスが徴用工・従軍慰安婦の表現変更、ケント・ギルバード氏「応援するメッセージを送ろう」
  4. 【動画】有田芳生議員が与党議員の指を折ろうとした?深夜の採決で立憲民主議員が大暴れ
  5. 立憲・福山哲郎幹事長、実習生斡旋利権と批判された「日本ミャンマー協会」の理事であることを指摘される
  6. 【動画】森ゆうこ議員が発言禁止・降壇命令を無視→議長激怒「降壇しなさい!白真勲!連れてけって!」
  7. 日本政府もファーウェイとZTE製品を排除へ、省庁・自衛隊からの国家機密漏洩を防ぐ
  8. 足立康史議員「技能実習制度に指一本触れず運用してきた民主党政権の議員達が安倍政権を糾弾する不思議」
  9. 暴力革命!共産党・山下芳生議員「さすがフランス!」と暴動に称賛、破防法調査対象団体として公安が警戒
  10. 北朝鮮工作員とみられる男を詐欺で書類送検!日本における工作活動のキーマンか?



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com





PAGE TOP