渡邉哲也氏をチキンと呼ぶ志葉玲がイラクに行った理由「モテたい」

SNS

戦争や内戦などにより自国に住む場所を失って難民となってしまった、イスラム教徒の家族のイラスト

さてさて、ジャーナリストの志葉玲さんが、経済評論家の渡邉哲也さんに絡んでみたものの完全に論破され、悔しさのあまり「チキン先生によろしく」とツイッターに投稿する醜態を晒しております。
志葉玲といい女房の増山麗奈といい、何かにつけて「イラク現地取材」を自慢しておりますが、志葉玲がイラクに行った理由を皆さんはご存じだろうか?
多くの人命が失われる現地に赴いた理由は・・・

女子の前でカッコつける

証拠の投稿がコチラ

いよいよ、明日!そもそものキッカケは女子の前でカッコつける、というおバカな理由で、イラク戦争やらガザ攻撃やらを現地取材することになった志葉は、我ながら突き抜けたバカだと思う。そんなこんなで人情噺的な戦場ジャーナリストの講演を明日やります。
https://www.facebook.com/events/1667827793530560/?active_tab=about

志葉 玲さんの投稿 2016年10月24日

夫婦そろって不謹慎

多くの人命が失われる現地に行く理由が「女子の前でカッコつける」などクソ不謹慎で、こんなジャーナリストが現地で拘束されても税金で救出をしなければならないと思うと頭が痛くなる。

先日も欅坂46のナチス風衣装を理不尽に批判して、東京オリンピックと秋元康氏を無理に結び付けるような記事を書いた志葉玲ですが、自身の女房の絵画やパフォーマンスがナチスそのものであったことには触れようともしない御仁です。
恥という概念は無いのでしょうか?



皆様の支援が必要です KSL-Live!からのお願い

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細

【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

OFUSEで支援する

このサイトをフォローしよう