左翼発狂の新事実!沖縄・山城博治ラフト人権賞ノミネートもデマ


rafto-emblemet
画像:rafto財団HPより

しばき隊が「山城博治がノルウェーのラフト人権賞受賞」というデマを流し、その後「受賞ではなくノミネート」と訂正した問題。

なんと「ノミネート」すらもされていないようだ。
少し調べて見ると、山城博治と親交のあるノルウェーの生物学者が誰でも送信できるラフト財団のウェブフォームから書類を送っただけで「友人による自作自演」の可能性が高い事が判明した。
ネタ元を辿ると、ノルウェー人生物学者がツイッターで「山城博治を推薦した」と言っているだけに過ぎず、それも2017年の対象分だ。それをしばき隊が話を盛って広めたもののようだ。
そもそもラフト人権賞におけるノミネートは最終選考という意味ではなく、誰でもウェブから推薦できる“Make a nomination”を指すものである。
粗暴犯で逮捕された人物を「政治犯」であるかのように演出する悪質な手口で、財団と歴代受賞者を貶める行為は許しがたい。
このデマが作り上げられた経緯と、ラフト人権賞の仕組みを説明しておく。

スポンサーリンク

誰でも応募できるラフト人権賞

まずはネタ元となったノルウェー人生物学者のツイートを見てみよう。

これ、どう見ても「受賞」では無いし、文面的には「わい、山城博治を推薦したべ」くらいのものだ。
これが、しばき隊には「受賞」に見えたのか?
というか、このネタを日本に広めたアカウントも日本語で「ノミネート」になってるけど。

で、もってラフト財団のホームページで賞のノミネート方法を調べると、
https://www.rafto.no/get-involved/nomination
ナント!誰でも何処からでも勝手に送信フォームから送れるではないか!これなら近所のオッサンとかでも適当に書類作ってノミネートできる。

これが、しばき隊の手にかかれば「ラフト人権賞受賞(ノミネート)の山城博治は政治犯で獄中に」となるようだ。
あの増山麗奈さんも釣られている。

増山 麗奈さんの投稿 2016年11月7日

繰り返します。ノミネートは「フリー」なのでラフト財団はノミネートしていません。
「世界が認めているのは事実」とか書いちゃってますが、認められてません。

そもそも締め切りを過ぎていた の巻

騒いでいる左翼の方々はラフト人権賞について少しでも調べたのでしょうか?
調べもせずに「ノルウェー?なんかカッケー!」程度の感覚で「受賞!ノミネート!世界のヤマシロ!」とか見てるこっちが恥ずかしいです。
まず、ラフト人権賞2016のノミネートは2月には締め切られ、8月の取締役会で選考。2016年は9月末に発表され、イラクで女性の権利を訴えているYanar Mohammed氏が受賞している。よって、世界のヒロジ・ヤマシロは受賞もノミネートもしていない。
ノルウェーの生物学者が推薦したのは2017年の選考対象である。粗暴犯で逮捕されてるからゴミ箱に捨てられると思いますが推薦は自由。駅前でカップ酒飲んでフラフラしてるオッちゃんとかも人権と平和の象徴なのでノミネート可能です。

繰り返す、山城博治はノミネートすらされていない。
ラフト人権賞における“nominate”とは誰でもウェブから推薦できる“Make a nomination”という意味で、一般的な賞のように最終選考という意味ではない。その「推薦」も山城博治のお友達のノルウェー人によるものだ。それも締め切り後だったので来年分として送信している。

ということで、左翼の皆さんは「世界のヒロジ・ヤマシロ2017」にご期待ください。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。→支援ページ 【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

犯罪または冤罪で、牢屋に入れられた男性しばき隊「山城博治は政治犯で獄中に、人権賞受賞」とデマを流す

インターネットを利用して特定の人物の個人情報を取得しているネットストーカー(サイバーストーカー)の女性心臓移植募金会見は虚偽、で被害者の個人情報を晒す「常習犯」





最近の記事

  1. れいわ新選組支持者「安倍退陣デモに山本太郎氏登場!」→参加者「山本太郎いた?」れいわ信者のフェイク動画と判明
  2. 共産党女性市議を窃盗容疑で書類送検→「議員は続けたい」安保法制廃止を訴える元自衛官候補として話題になった人物
  3. 箕面市長がテレ朝・玉川徹のデマに抗議「風評や誤解を解いてきた努力を一瞬で踏みにじる報道」本人ではなく新人アナが謝罪→さらに炎上
  4. 立憲・山岸一生が捏造「総理を祝う会の案内状に異様な注意書き、撮影・SNSへの投稿は一切禁止」母校OB団体の祝賀会案内を切り取って無断公開
  5. 【写真】河井案里議員の選挙を見守る河井克行議員の姿 週刊誌掲載の県連・地検リーク情報を鵜呑みにしてはいけない
  6. 【動画】東京新聞の望月記者が会見でトラブル「私は2問質問させて!ギャー!」幹事社の仲裁も聞かず声を荒げる醜態
  7. 絶対に謝らない野党!民主党政権の桜を見る会招待者名簿は存在しない→「完成していた」ケータリングが安倍政権で一社独占→「民主党でも契約」
  8. 繰り返すブーメラン!蓮舫「カジノは不要」→民主党政権でカジノ合法化を進めた担当大臣が蓮舫
  9. 検証!片山さつき議員が都知事選出馬を否定「そんな話、全くありませんよ!」日刊ゲンダイの捏造記事が発端か?
  10. 【動画】産経記者「委員長20年は長すぎるのでは?」志位「あのぅ・・・そうですねぇ、あの、あはっ(笑)」ちっちゃい声でしどろもどろ



最近の投稿

PAGE TOP