メディアは星田英利(ほっしゃん。)の奇行を無視しているのか?


ほっしゃん。のほっ
写真:ほっしゃん。のほっ

星田英利(元ほっしゃん。)が6日に自身のインスタグラムで引退を示唆するも、同日の夜には引退を撤回した。
https://www.instagram.com/p/BNrJesXD3Da/?taken-by=hosshyan

メディアは淡々と「引退表明撤回」と伝えていますが、これはそこそこの奇行であり、過去の問題発言や行動と合わせて考えるとヤバいレベルなのですがメディアはそれを報じません。
ほっしゃん。は2015年7月にツイッターで一般アカウントに向けて「会社が動いたらマジで逃げれへんよ 笑。」「アンタの全てが’解った”らしいわ 笑さぁ、どうする?」などと吉本興業の力を誇示して脅しともとれる発言をしている。
また、今では定説になってしまった「ジャポニカ学習帳から昆虫が消えたのは教師と親からのクレーム」
というデマを撒いて張本人でもある。これに関してショウワノートや関係者が「クレームは原因ではない」と否定しているが、ほっしゃん。は訂正も謝罪もしていない。

スポンサーリンク

相手の出方次第で事件になるケースも

今回の引退騒動より一年以上前、通常なら週刊誌やワイドショーが食いつきそうな問題を起こしている。
ツイッターで、ある一般アカウントが吉本興業を「在日企業」と発言したことに激昂し、以下のようなメンションを送った。

「アンタの全てが解ったらしいわ 笑
さぁ、どうする?
威勢のいい意見ぶっ込めよ!
ブルってる?結構、ヤバいことになりますよ。」

「あのー、、、
すぐ訂正して謝ったらよかったのに、
会社が動いたら マジで逃げれへんよ 笑。
…大変やな。」

そもそも「在日企業」というツイートをする人間に問題があったわけだが、だからと言ってこのような脅迫まがいの行為は許されない。
合法的に開示請求して個人情報を得るよりはるかに速いペースで「アンタの全てが解った」など、文面的にも吉本興業が「非合法な裏の力」を持っていることを匂わせており、所属事務所であるよしもとクリエイティブエージェンシー東京本社が厳重に注意するとともにマスコミ向けになんらかの釈明をするものと思われたが何もせず。騒がれたのはネットの中だけで大手メディアも沈黙をしたまま。

ジャポニカの「クレーム」デマは定説に

2014年11月には「ジャポニカ学習帳から昆虫が消えた」という記事が話題になり、それに対しほっしゃん。は、

「あのジャポニカ学習帳の表紙、2年前から昆虫のバージョンが無くなった、ってのを聞いてビックリ。それも、教師や母親からの「気持ち悪い。」っていうクレームのせいやて。こういうクソ親は世に溢れてるのは知ってたけど、教師って。学校でも家でもこんなクソ共に偉そうに教育される子供たちって。。。」

この発言は一気にネット上で拡散され、今でもテレビなどでクレームで萎縮する企業の例として語られている。しかし、これは記事の配信元が意図的に話の方向をクレーム問題に誘導した可能性が高く、後にショウワノートの担当者が全面否定もしている。

何よりも、教育問題を語るうえで「クソ共」と教師と親を罵倒するのは著名人としても不適切である。が、これもメディアや所属事務所はスルーしている。
この件に関して、本人はデマであったことを認識しているようであるが、それに触れるアカウントを片っ端からブロックして非を認めようともしない。無論、記事を書いた私はソッコーでブロックされている。

こうやって、数々の問題を起こしても咎められることも無い理由は何なのか?
吉本の力なのか?それともタレントとしての話題性が低いのか?

ご支援をお願いします

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

たかまつななツイッターアイコンたかまつなな「日本死ね、批判する人バカなの?」で炎上を狙う

増山麗奈夫モラハラか志葉玲、妻の増山麗奈にモラハラ?「家事できない、嫌ならでてけよ」




全文転載厳禁→引用ルール

最近の記事

  1. 検証!BuzzFeedが報じた在日3世のスピーチに捏造発覚「ナチスみたいにガス室に送る、この国はきっとやる」カットしてつなぎ合わせ
  2. 立民・初鹿明博議員が旭日旗持ち込み問題でデマ「北京五輪では日本大使館が呼び掛けていた」←中国国内では襲撃されるから
  3. 東国原英夫が金慶珠を罵倒→小島慶子「エリート韓国人にたたき上げの日本人がガツンと言えば喝采されると踏んだのかな」これこそ差別
  4. 引退発表の阪神メッセンジャーに国民・前原誠司さん「阪神でなければ100勝は軽く超えていたでしょう」
  5. 足立康史議員が関西生コン逮捕者数を公開「正確には57名です。(再逮捕等含め)延べ人数は87名」
  6. 社民・吉川幹事長「第4次安倍内閣、人材の払底感が極まっている」←たった4人の社民党が人材を語るかね?
  7. またTBSでヤラセ発覚「クレイジージャーニー」事前に準備した爬虫類を放ち捕獲する仕込み繰り返す→番組休止へ
  8. 冤罪?柴山大臣が高校生の政治談議に「こうした行為は適切?」で大炎上→実際は教師による「洗脳」政治活動に対しての疑問だった
  9. 蓮舫が政治家になった理由「芸能界で生き残るのはリスク、取って代わるタレントは掃いて捨てるほどいる。でも参議院は6年の有期契約」
  10. 玉城デニー知事、琉球人虐殺発言のロブ・カジワラを見捨てる「意見を申し述べる立場にはない」→半年前に県庁で面談「世界に伝えてくれて感謝」



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

PAGE TOP