蓮舫、自分の家族をマスコミに売っておいて週刊誌の取材は批判


週刊新潮 2016年 12/22 号 [雑誌]
週刊新潮 2016年 12/22 号 [雑誌]

12月15日発売の週刊新潮のスクープで、国会内でコソコソとスマホを操作する様子をスクープされた民進党の蓮舫代表が愚痴っている。

自宅の前に、早朝から。
今夜は母の仕事場まで。まるで、仲の良い友達のように母を呼ぶ記者。母はその記者に面識もないのに。
週刊誌の記者のお仕事が、これなのか。

蓮舫さんの投稿 2016年12月17日

自宅の前に、早朝から。
今夜は母の仕事場まで。まるで、仲の良い友達のように母を呼ぶ記者。母はその記者に面識もないのに。
週刊誌の記者のお仕事が、これなのか。

いやいや、TBSの番組で家族を晒して国籍問題から目を逸らそうとしたのは貴方でしょう。自分で家族をマスコミに売っておいて、気に入らないメディアの取材はNGとは、独裁国家の報道統制みたいですね。

TBSは寝室まで招待、週刊誌は取材NG?

蓮舫代表の家族が突撃取材を受けるようになったのは、国籍疑惑において本人が嘘を重ねて誠意のない態度をとったことに起因するものと思われる。本人が誠実に答えないために家族への取材も過熱しているのだろう。
他には先日、TBSのバラエティ「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」に出演し、その中で家族を紹介したことで事実上の家族取材解禁とマスコミが認識したこともあるだろう。
この放送の直前まで、戸籍の公開をしない理由を「子供たちのため」として逃げていたが、番組内では娘を積極的に紹介し自由に発言させている。

国籍問題等で批判され民進党の支持率も低迷する中で、ルックスに自信のある娘を出演させ批判をかわそうとした目論見があったことは明白で、家族をマスコミに売ったのは他ならない蓮舫代表だ。
TBSのバラエティ番組には家族を出演させ、自宅の寝室にまでカメラを通し夫婦生活に関する質問までさせている。それでいて週刊誌の取材は受け付けず、取材に来た記者を批判する。

自信に都合の良い放送をするTBSは良くて、批判的な記事を書く週刊誌はシャットアウト?
こんな人間が罷り間違って日本の首相にでもなれば、政府批判は絶対に許さない、どこぞの国の独裁者のようになるのかもしれない。

OFUSEする

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

スーパーマリオランアイコン任天堂と関係ない俺が「スーパーマリオラン」を評価する→クソゲー

真田丸を見ていて鹿島レアル戦での世紀の大事件を見逃した人達へ

SNS・RSSフォロー

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP